米軍、中国DJI製ドローン を禁止。セキュリティ問題が浮上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

!– Googleアドセンス –>




 

↑この記事のネタ元です。


米軍はDJIのドローンの利用を禁止した。これは「DJI製品に関連したサイバーセキュリティ上の脆弱性の認識が高まっているため」という。

米軍が中国のドローンメーカーDJIの製品を使用禁止にしました。サイバーセキュリティの脆弱性の認識が高まっているとのことです。

スポンサードリンク



ドローンをハッキングすることで、位置情報、音声、映像が盗まれる可能性があり、軍の公文書ではかなり厳しい内容で示唆しています。

「全ての使用を完全停止し、全DJIアプリケーションをアンインストールし、あらゆる電池/保存メディアをデヴァイスから取り除き、今後の指示に備えて機材を確保せよ」と、公文書には書かれている。

情報漏洩の明確な証拠はありませんが、軍の徹底した使用廃止の方向は、否が応でも気になります。









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*