ウィルスソフトの更新が切れたので、イーセットウィルスソフト月額サービスに申し込んだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る






 

ESET2 

ウィルスソフトの更新が切れたので、イーセットウィルスソフト月額サービスに申し込んだ!


更新が切れた


出張中に気がついたのですが、ウィルスソフトの有効期限が切れていました。出張が終わるまで、そのままにしておこうと思っていたのですが、今の時代、ウィルス対策をそのままにしておくのは、危ない。

そこで、ブロードバンドルーターを使って、更新手続きをすることにしました。


「月額サービス」

使用しているソフトは、「ESET ファミリーセキュリティまるごと安心パックの3年契約」。そのまま更新するつもりでしたが、更新金額が税抜き13,000円と、けっこうな金額。一括で支払うのは少々辛い。

悩んでいると、「月額サービス」というバーナーに目がとまりました。

スポンサードリンク




更新とバージョンアップ

クリックし、ページを開き、内容を読むと、月々支払いの自動延長サービスとのこと。内容はウィルス定義データーベースをアップデートと、最新ソフトへのバージョンアップです。

Adobeが成功したせいか、最近はこの支払い方法が増えました。一括で支払うのは気が進まないが、毎月、コーヒー代ぐらいの金額だと、気楽に申し込んでしまう。消費者の心理につけ込むなかなか憎いサービスです。


キャンペーン中で申し込む

支払い方法が今契約している「ファミリーセキュリティまるごと安心パック」だと、毎月800円。ただし、現在5,000本限定で500円になるキャンペーン中です。

ESET1

とりあえずは、このキャンペーン適用で、月500円ならいいかと、軽い気持ちで申し込みました。


アクティベートするにはちょっと面倒

申し込むと、イーセットから申し込み完了のメールが来ました。

それには、ユーザーID、製品認証キー 、シリアル番号 が書かれていました。それを使って、ウィルス定義データーベースをアップデート使用としたのですが、ユーザー名とパスワードを記入しなくてはいけません。

ただ、それは送られてきていないし、メールにはその方法が書かれていません。

一体どうしたらいいのかと、しばし悩んでいろいろサイトを確認すると、どうも「イーセット・クラブ」なるものがあって、それにログインすると、分かるみたい。


ログインできない

さっそく、昔登録したデータでログインしようとしたのですが、拒否されてログインできない。何度試しても、別の情報を入力してもできない。

ほとほと困り果てて、ログインページの注意勧告を改めて読んでみると、「月額サービス」を申し込んだ人は、すぐログインできないので、後からしてねと書いていた。ちっちゃく。

そうゆうことだったのね。と、肩すかしを食らったままログインを諦めて、一晩空けて再度ログインすることにしました。

次の日、改めてログインすると、なにごとも無くログインできました。そして、無事、ユーザー名とパスワードを確認し、ソフトに入力するとアクティベートでき、データーベース更新可能になりました。


お得なのか?

さて、このサービスはお得なのだったのだろうか。

このサービス。毎月500円ただし、キャンペーンでしたので本当ならば、800円。500円だったしても年間で6,000円。これが3年だと18,000円。単純にデーターベース更新のための費用は13,000円。圧倒的に安い。

なお、ソフトがバージョンアップされる費用も含まれるので、それをどう考えるかです。MacOSが新しくなったときに、けっこうソフトが使えなくなります。新しく買い換えるの金額が4千円以上ならば、お得かもしれません。

ESET3

今回の月額サービス。ソフトのバージョンアップがなければさほどお得なサービスではなさそうなので、目先の金額に飛びつかず、じっくり考えてから申し込んだ方がいいようです。

そんな僕は、今払う13,000円がなくて、目先の判断で申し込んでしまったので、いいように踊らされているとしか言えないのですけど。











↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください