せっかく買った4TBハードディスクなのに、1.8TBしか認識しない。いったいどうゆうことだ!望みを託して新ハードディスクケースを投入。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る






 
Hdd4tb IMG 3014

せっかく買った4TBハードディスクなのに、1.8TBしか認識しない。いったいどうゆうことだ!望みを託して新ハードディスクケースを投入。

4TBなのに1.8TBしか認識しない問題が発生し、古いハードディスクケースが原因かもしれないと分かりました。これで解決されるか、正直、はっきりとしていませんが、今まで使っていた物もかなり古かったので、この際交換することに。

少しでも早く手に入れたかったので、ネット通販では購入せず、近くのPCパーツに飛び込みました。

スポンサードリンク



ハードディスクケースはどれだって同じもんだろうと、USB3対応で値頃感のあるものを購入。見るからに耐久性はなさそうですが、数年は使えるでしょう。

Hdd4tb IMG 3015

購入したのは、あまり聞かないメーカーの3.5inchSATAハードディスクケース。10TBまで対応と表示されているということは、ケースによって認識できる容量が決まっているのでしょう。

価格は2480円。こんなもんでしょう。

Hdd4tb IMG 3016

持ち帰り早速ハードディスクを実装。ケースを空けるには2本のビスを外します。ハードディスクを基板のSATA端子に差し込む。そのままケースに差し込んで完了。

古いケースは金属部分が多かったのですが、これはプラスティックが多い。かなりちゃちになっています。実用的には問題ないはずですが、少し心配。

実装が終わったので、MacBookProに接続します。ディスクユーティリティを立ち上げて、フォーマットをすると、無事4TBと表示されました。

Hdd4t8

やはり、ケースが問題でした。

パーティションは二つに分割して、一つは1TBにしTimemachineのバックアップ用に使います。残りは写真やデータ諸々を保管用に。

Hdd4t6

すべての設定を終えて、Timemachineでバックアップ。久しぶりにゼロからのバックアップはかなり時間がかかりそうです。データは130GBあるのですが、2時間ほど経っても188KB。一日では終わらないかもしれません。

これで、新しいバックアップ環境整って一安心です。問題がなければ必要がないものですが、痛い目に遭ってた時に、何度か助けられているTimemachineのバックアップですから、けっしておろそかにはできません。

こんな便利な機能が標準でついているMacはやっぱり便利です。Windowsにもあるかもしれませんけど。









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください