ようやくスマートスピーカー「HomePod」発売。音以外の魅力はいかに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る






 

HomePod2018

↑この記事のネタ元です。


アップルのスマートスピーカー「HomePod」が、ようやく発売される。2月9日にアメリカとイギリス、オーストラリアから発売されるHomePodは、先行するアマゾンやグーグルを「音質」と「デザイン」の力で追い抜けるのか。

AmazonやGoogleがすでにスマートスピーカーを発売し、それなりに販売されている中、後発としてAppleがいよいよHomePodを発売します。

発売日は2月9日。ただし、アメリカとイギリス、オーストラリアの英語圏のみで、日本での発売は未定です。

スポンサードリンク



他のメーカーとの違いは、音質の良さとデザイン。Appleが遅れに遅れて開発したのですから、納得いく内容になっているのでしょう。

HomePodには、はサブウーファーに加えて、7つの高音用スピーカーが搭載されており、2台合わせるとリンクしてステレオスピーカーになります。単にリンクするだけでなく、空間に合わせてそれぞれ最適な音を再生します。部屋全体か音に包まれる感覚が生まれます。

Appleの音楽配信サービス「iTunes Store」をより高めるためるために作られたとこが分かります。

また、Siriを利用してニュースの朗読。ポッドキャストの再生。翻訳など人工知能と音声アシスタントを効果的に使えるためのサービスも提供されます。

ただ、懸念されるのは価格です。他が一万円強なのに比べて、349ドル日本円で約38,000円もします。2台購入するには76000円必要になり、かなりの出費となります。

単に、いい音を得るためにこの価格は考えものでしょうし、ほんとうに高音質を求めるならば、本格的なオーディオセットの購入するのが妥当です。

購入するには、音がいいだけではなく、Appleの他の製品やサービスと高い親和性があり、より、心地よい環境が手に入る必要があります。その点は、Appleも考え尽くしていることと思われます。

他のメーカーから多く出されているワイヤレスイヤホンにもかかわらず、AirPodsがあれほどまでに魅力的に映るのは、Phoneとの親和性の高さです。抵抗なく接続と操作が出来、ユーザーが心地よく使えることに徹しています。

HomePodにも、その良さが受け継がれていることと思われます。実機を見てみないと分からない部分ありますから、日本でも早く発売して欲しいと思います。









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください