今後利用したい映像配信サービスNo.1は「Hulu」に!でも、日本勢も検討。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

Hulutop

↑この記事のネタ元です。

スカパー!は、15~69歳の男女を対象に、視聴方法や視聴スタイルを把握する調査を実施、「テレビ視聴に関する調査2015」として発表した。「インターネットをしながらテレビを視聴」しているという回答者が4割強になったほか、今後利用したい映像配信サービスでは「Hulu」が1位となった。

「Hulu」が一位とは意外でした。広告をよく見かけるので、印象に残っている からなのでしょうか。それとも、コンテンツに魅力を感じているのか、よく分かりません。

一部ではコンテンツ数か少ないので退会したとの話も聞きますので、もっとランクは低くなる のではと思ったのですが、そうでは無かったようです。動画配信の初期から積極的に展開していますのでそれが今実り、この結果になったのでしょう。

意外だったのは、「Netflix」が入っていないこと。最近始まったばかりなの時、この調査の 期間には間に合わなかったのかもしれません。今後、多くの配信サービスが出てきますので、 来年の調査はかなり変わったものになるかもしれません。

 

 

それにしても、「dTV」が検討しています。全体で二位。docomo回線を契約している人だけ観られるサービスが、2014年4月に計約すれは誰でも観られるようになりました。月額料金が500円なのは、とても魅力的です。動画数も120,000本もあるようなので、充実してそうです。

それと、関連の別サービスにはアニメを専用で配信している「dアニメ」があります。アニメ好きには そちらの方がマニアックなものもあり楽しめるようです。

Huluは当たり前ですが、日本の配信サービス「dTV」が検討しているのは驚きでした。これからNetflixやGoogleとの競争にもなりますので、そう簡単には死守することはできないかもしれません。これからの動画配信サービスはいかに特別性と低価格を実現するのかが重要になると思います。

独自でコンテンツを作り出し他が扱っていないコンテンツしたり、他とは違ったコンセプトで配信全体を作り上げたりして人に興味をいだかせ、なおかつ、気楽にちょっと申し込みたくなるお値段。それが 重要になるでしょう。

 

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください