IIJが「sSIM」サービスを発表。MVNO初

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




IIJmio、iPhoneで使える「eSIMプラン」を18日開始──物理カード不要なSIM、日本のMVNO初 – Engadget 日本版

IIJは、MVNO「IIJmio」にて日本国内向けMVNOとしては初となるeSIMサービスを発表しました。データ通信専用、かつベータ版サービスとして、7月18日より販売を開始します。名称は『IIJmioモバイルサービス ライトスタートプラン(eSIMベータ版)』。容量は6GBの1種類で月額1520円となっています。

IIJが「eSIMサービス」を発表した。との記事にIIJもなかなかやるなと驚きました。日本のMVNOでは初とのことです。なお、ベータ版サービスです。

2018年以降発売のiPhone Xシリーズやセルラー版iPadが対応しています。






物理的なSIMが必要ありませんので、SIMは挿したまま、併用して使うことができます。メインは別の回線を使い、必要な時に切り替えることが簡単にできます。

この記事では大手キャリアのデータを使い切った時の臨時使用を提案しています。

ただし、IIJはドコモ回線を使ったMVNOなので、使うのはSIMフリーかドコモの端末となるので注意が必要です。また、使えるのはデータ通信のみ、音声通話やSNSは使用できません。

データ通信のみとなると、ますますメインは大手キャリアにして、データ通信はお安いこちらにするなんて使い方が良さそうです。

いちいち SIMを挿したりしないでいいeSIMは、今後着実に普及すると思います。複数のキャリアのプランを、一番お得な場面で切り替えながら使うことになりそうです。



 




 




 

↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください