Apple。インテルからARMへプロセッサを変えるかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



やっぱり、ARMベースのMacが2020年に登場するかも…? https://www.gizmodo.jp/2019/02/arm-mac-2020.html

現在のMacに搭載されているのは、すべてIntel(インテル)製のプロセッサ。しかし海外からは、2020年にMacはARMベースのプロセッサに移行するとの報道が登場しているんです。

2020年にはMacにiPhoneやiPadと同じ、ARMプロセッサが載るかもしれません。

スポンサードリンク



Appleがインテルを捨てて、ARMベースのプロセッサをMacに載せてくるかもと言う噂が出ています。

インテルの開発の遅れと、iOS向けに製作したアプリを簡単にmacOSへ移植できるようにするAppleの計画。その二点で可能性が高くなっているようです。

Macよりも高速な動作をするiPad Proを見るに、順調よくARMプロセッサは成長しています。Appleの独自製造なので、Macに高い調整行え、単純なスペックだけではない、性能を引き出せる可能性があります。

独自路線が大好きなAppleですから、虎視眈々とプロセッサ移行は計画していると思います。

でも、心配なのがインテルをやめてしまうと、パラレルディスクトップでWindowsが使えなくなるのかもしれない。きっと、何かの対応をしてくれるとは思いますが、一切使えなくなるなんてことはご勘弁願います。

でも、Apple。スパッ!と切ってしまうことが無きにしも非ずなのが、ちょと怖い。







↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください