iPad順調倍増出荷中!12年タブレット倍増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。


oze-japan-2013

 

  2013年5月27日月曜日 10:42国内タブレット、出荷台数が倍増 iPadが首位維持、トレンドは「Wi-Fiモデル」「8インチ未満」ITmedia News 企業・業界動向 最新記事一覧

12年度の国内タブレット出荷台数は前年度から倍増。キャリアに依存しないWi-Fiモデルや8インチ未満のモバイルタブレットがトレンドに。

MM総研が公表した2012年度(2012年4月~13年3月)の国内タブレット端末出荷台数の調査結果によると総出荷台数は前年度比104.3%増の568万台と倍増した。

NewImage

 

タブレットの出荷台数が順調良く進んでいます。うれしいことにiPadがまだまだ、
主力製品として立場を守っています。今後、噂される第五世代iPadや、Retina
iPadminiが発表されればより増えるでしょうか。 

12年度の販売の増の要因として、(1)端末の定価が2万円を下回る設定、
(2)毎月のデータ通信料を払う必要性がない。この二点を分析しています。

これはまさにiPadmini。でもちょっと高いのですが。

さて、僕は今iPad2を使っているのですが、もうそろそろ機種を変えたいと
思っています。液晶がRetinaになればかなり協力で、万全なのですが、
やっぱり、miniの軽快さも心惹かれる。

いったいどれがいいのか、はたまた今年の末まで我慢して、噂される、iPad
新世代を購入すべきか、悩める中年が継続しそうです。 

oze-japan-2013

 

 

 




★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください