iPad ProとiOS11はMacの夢を見るのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

秋に配信されるiOS11。出来ることをmacOSに近づけて行く方向に舵を取りました。

低迷しているiPadの市場を盛り返すために、Appleが本腰を入れてきた結果なのでしょう。

現実的に使える機能をふんだんに盛り込んできています。あまりにも多機能にしたため、動きの快適さが失われることが心配されますが、それを強力なCPUをiPad Proに載せることで、力技で乗り切るつもりです。

この間、iPad Pro10.5インチを見るために、銀座のApple Storeに行ってきました。そこで、念願の最新iPad Pro。iPad Pro10.5とご対面し、少しですが触ってみました。

画期的に速いとは言えませんが、ちょとした動作一つ一つが機敏でストレスがぐっと少なくなった感じがします。

試しにSlide OverやSplit Viewを使ってみましたが、引っかかりや遅れを感じるiPad Air2に比べて、自分の操作感に合わせて、滑らかに抵抗なく動いてくれました。

今年の秋に発表されるiOS11。どれほど、使えるものになるのか、追加される多数の機能が、快適に実質的に使えるもになのか、期待半分、不安半分不安です。

iOS11で大きく変わったのがファイル管理です。

新しいファイルアプリケーションが、あなたのすべてのファイルを集めますこれからは一つの場所で簡単にあなたのすべてのファイルをチェックしたり検索したり、整理することができます。

と、紹介されています。今まで頑なにファイル管理を隠してきたiOSですが、これからはフォルダを開き、開きたいデータを選択すると、アプリが開くようになるます。

また、iPadだけでなくクラウドストレージサービスのフォルダとも連携して、そこにあるデータを使うことが。DropBoxやBoxなどで、データ管理していますので、これは結構期待しています。

Dockに置いているアプリを画面にドラックすると開く、マルチタスキングなんかも使い方によってはとても便利な機能です。

Slide Overはとても不便なところがあります。横にバーを表示させてアプリを選ぶのですが、すべてのアプリが出てきてしまいます。そのため、延々スクロールしながら、使いたいアプリを探す必要があります。

せめて、表示させるアプリを選べたらいいのですが、今だ出きません。Appleのことだからそのうち出来るようになるかなと思っていたのですが。

マルチタスキングはAppleの一つの答というか、操作の方向性なのでしょう。ただ、Slide Overに表示させるアプリを選べるようになるとは紹介されていませんので、そちらは無理なようです。

もう一つ、iOS11から追加される機能。ドラック&ドロッフ°。これぞiPadがMacになる鍵となるか、ならないか決めると言っていい。のはず。

まったくどんな使い方をするのか、どんな場面で使えるのか正直まったくイメージがわきません。Appleの紹介サイトを見ると、写真からメールへ写真を貼り付ける様子が出ています。

他にはどう使えるのでしょうか、フォルダ間でデータを移動したり、文章のコピペは今でも出来るから、なにかこう面白い使い方が広がればいいと思います。

ただ、意外にiPadを使っていて不便だなあと実感するのが、アプリの切り替え。blog一つ書くにも、文章を書くだけで終らず、写真を加工して貼り付けたり、blogエディタで、htmlタグを追加してデザインを整えたり、おまけに関連するリンクを付けたり、ほんと、様々なアプリを使う必要があります。

こうなると2分割画面では物足りない。4分割画面ぐらいは出来て、それを瞬時に切き替えて使えるぐらいでないとなんて思います。切り替えはワンタップか、ダブルタップ。元の4分割も一瞬で戻る。

こうして、アプリを渡り快適にクリエイティフ”な活動が出来ればなと思います。

でも、こんなことを快適に使うにはiPad ProとApple Pencilは必修でしょうね。macに近い使い勝手になるならその選択もありかもしれません。

↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

Posted from SLPRO X for iPhone.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメント

  1. たなか より:

    はじめまして
    iOS11のスライドオーバーですが、この機能はアプリのウィンドウ表示へと変わっています
    スライドオーバー同様に右端にスッとやると隠れて、また右端からすっとやると出て来ます<邪魔なら左側に動かしたりできます
    スライドオーバーと違うのは、元のアプリが一時停止にならない事
    スプリットビューと同じく、同時に使えます<ただし、画面を分割してないのでウィンドウモードのアプリの陰になる
    これが出来るのはドックに登録されたアプリのみで、そらはスプリットビューも同じです
    マルチタスクにするには、全ての対応アプリの中からえらばないと行けなかったのを、ドックに限定した事でクリアしてるっぽいですね
    その代わりに10個以上のアプリをドックに登録でき、Siriの検索候補もドックに出るのでなんとか事足ります

    1. saboriman より:

      iOS11の情報ありがとうございます。ベータ版で検証されているのですね。今回の
      バージョンはかなりいろんな機能が追加されているので、興味があります。
      正規版が出ることが待ち遠しいです。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください