!– Rakuten Widget FROM HERE –>

 

↑この記事のネタ元です。

長らく発売が期待されてきた、大型ディスプレイ搭載の「iPad Pro」が、2015年9月9日に開催される新型iPhone発表イベントに登場するのではないかと報じられています。

本当にiPadProが出そうです。いったいどんな人が使うのでしょう。 もちろん、使いものにはならないなんて、野暮なことは言いません。

 

iPad愛用している僕としては、大きくなったらなったで、 いくらでも使い方は出てくるものです。

映画を大迫力で観てもいいし、Excelを使って表計算をさんざんやり倒してもいい。 そして、何よりもAppleらしく、クリエイティブな創作活動にいそしんでみることも できる。

 

大きくなった画面と、ハイスペックがその名希望を叶えてくれるに違いない。きっと、 たぶん。

 

それには、Macと同じぐらいのことが出来るアプリが必要です。これで、各メーカーも 本格的にアプリ開発をするかもしれません。それで高くなったとしても、きっと、iPad で創れるなら、高くなったって、きっと買うでしょう。これもたぶん。