iPadProの未来はデーダーベースが決める。ビジネスではワードとエクセルを捨てて、デーダーベースを使い倒せ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

iPadProの未来はデーダーベースが決める。ビジネスではワードとエクセルを捨てて、デーダーベースを使い倒せ!

今日、iPadProを見てきたとブログを書きましたか、それで何ができるかいろんな議論が沸騰しています。実際あの大きさは、本格的な作業に対してメリットはありますが、iOSゆえの限界もあることは事実なので、完全にPCに変わるものになるかは不透明です。

今僕の仕事環境は、エクセルでほとんどの資料を作っていることが多くて、かなり突っ込んだ作り方をしています。報告書や資料、もちろん見積や請求書などほとんど全てです。ただし、iPadようのエクセルやナンバーズは到底同じように作ることができません。せいぜい、計算リストを作るのか関の山です。作り同じように作りことは難しい。

結局、同じようにしようとするから、使えないのです。iPadが使えないということ思ってしまう原因は、あっていないアプリで、無理にしようとするからです。

そこで、PCで使っていたワードやエクセルを捨てて、iPadにあったアプリを使ったらいいのではと考えます。僕は代わりのアプリはデーターベースいいと思います。必要項目のデーターベース作り、それに記入したら、提出用フォームを作成してPDFとして提出する。

データーベースは面倒だとの先入観がどうしてもありますが、使ってみるとなかなか便利で、手放せないアプリです。

ただ、作るのに一手間必要なのは事実なので、どれだけ簡単に、柔軟に作ることができるようになっているかが、問題です。少し前には、bentoと言ういい感じのデーダーベースアプリがありました。直感的にデーダーベースが作成できて、使い勝手が良く重宝していました。もちろんiPadで作ることができますから、iPadでで必要項目を追加、削除ができます。もちろんMac側でも同じソフトがありますから、変更内容は同期が取れます。

ただ、残念なのですが、現在、販売が中止されています。やはり、市場にはいまひとつ受け入れられなかったのでしょうか。残るは同じファイルメーカー社から出されている、ファイルメーカーぐらいでしょうか。まともなデーターベースは。しかし、高性能なソフトですが、Mac主体でiPad側では作成加工ができません。それにクラウドサービスの面でも弱くて、iCloudやDropboxなどを使った、クラウド共有もできません。なんだか一歩も二歩も遅れている感じです。これは実に残念です。

PCのように、融通が利かないiOSなので、項目を入れるだけで完結するデーターベースはとても合っていそうな気がするのですが、どうも、本気で出そうとしている会社はいなさそうです。初めは面倒でも、作り込めば絶対便利に違いないと思うのです。いっそのこと、MicrosoftがiOS用の本格データーベースAccessを出してくれまないだろうかと思います。

それにしても、iPadProの話が出ると、ワードやエクセル、それに、スケッチや写真などのアプリの名はよくでますが、データーベースの名はほとんど出ません。個人的にはデーターベースがビジネス関係では、iPadのキラーアプリになりそうな気がするのですが、どうでしょうか。

 








↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。