実際使えることが驚いた「iPhoneを探す」アメリカのフェスで盗難犯罪を阻止!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る






 
IPhone6s p

↑この記事のネタ元です。


14日のフェス初日、100台以上のスマートフォン盗難事件が発生、そして犯人はファンの力によって逮捕という騒動が。

幸福にも今まで「iPhoneを探す」を使ったことはないのですが、今回はその機能が盗難犯罪を解決したというお話です。

アメリカで開かれていた野外音楽フェス「コーチェラ・フェスティバル」で、なんと、iPhoneが100台以上も盗まれた事件が発生しました。

スポンサードリンク



どうしてそんなに盗まれたのでしょうか。音楽に興奮して、iPhoneを入れた鞄を置いたままにしていたのでしょうか。それにしても、無用心です。日本より格段に盗難事件が多いアメリカだと思うのですが、野外フェスということで開放感が、盗難危険性を忘れさせたのかもしれません。

ただ、盗まれたことがわかってからは、警備と参加者が犯人逮捕に向けて一体となり、速攻で御用となりました。

盗難に気がついた参加者たちは、一斉に「iPhoneを探す」をON。まだ会場内にいた犯人の位置が特定され、警備員が取り押さえ、警察に引き渡したということです。

盗まれたiPhoneの大半は無事に元の所有者の手元に戻ったとのことです。本当によかったですね。

最近、紛失したり、忘れ物したりすることが多いので、いざという時のために「iPhoneを探す」を一度は試してみないといけないと、思い知られた記事でした。









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください