「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」が発表。今回は早いし曲がらないぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

IPhone6s 

↑この記事のネタ元です。

アップルは9日(米国時間)、4.7型液晶の「iPhone 6s」と5.5型の「iPhone 6s Plus」を発表した。iOS 9の搭載やパフォーマンス向上のほか、4K動画/1,200万画素の新カメラなどを搭載するなど大幅に機能強化した。カラーは、シルバー、ゴールド、スペースグレイと、新色のローズゴールド。

とうとうiPhone6sとiPhone6sPlusが発表されました。 デザインは変わらずで、基本性能が格段に向上した製品になりました。

iPhone6の時には、曲がるとさんざん叩かれた本体の強度ですが、 iPhone6s・6sPlusからはアロイという、7000シリーズアルミニウムを採用 しました。これは、今までのiPhoneの中でも最強とのことです。

また、カバーガラスも二重イオン交換プロセスをと言うものを用い、世界中のあらゆる スマートフォンの中で、最も丈夫だと伝えています。

今回の大きな目玉である、マルチタッチの「3D Touch」は、感圧テクノロジーで アプリをタップして開く以外に、スクロールしながら押し込むことで、項目や特定のMail、 写真を選択することが出来るとのことです。

押し込んだときの感触を感じるために、振動する「Taptic Engine」も備えています。 操作の幅が格段に広がり、今までとは違った多彩な操作が可能になりそうです。

CPUは「A9」になり、従来から70%、GPUは90%高速化しています。

カメラはいよいよ1200万画素になり、より本格的な写真撮影が可能になり、新たに 4K動画も撮影出来るようになりました。

4K動画はiPhone内で、iMovieにより編集も可能です。より、4K動画が身近なものになる かもしれません。iPhone内で編集し、その場で、YouTubeなどに直接アップロードする 世の中になるかもしれません。新たなクリエイターの誕生が期待されます。

その他、無線LANやBluetoothの性能向上。NFC搭載などが向上点です。

基本的に高速化とカメラ関係の性能向上と、本体の強化などが今回の変更点です。 より快適な環境が手に入りますので、iPhone6より前の方も、後の方も、魅力的な製品 ではないでしょうか。僕は買えませんけどね。

 




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*