アップデートにこんな効用が、docomoiPhoneが594Mbpsの爆速に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


ドコモ、iOSアップデートで受信時最大594Mbpsに対応–iPhone 8シリーズとiPhone X

iPhoneシリーズでは国内最速となる受信時最大594Mbpsに対応したPREMIUM 4Gでデータ通信が可能になったと発表した。

効用

アップデートにはこんな効用もあるんですね。

高速通信

今日配布された「iOS 11.3」と、docomoキャリア設定のアップデートを行うと、受信時最大594Mbpsが可能になります。

この、爆速の原因は、PREMIUM 4Gでデータ通信が可能になるからとのことです。

PREMIUM 4G

PREMIUM 4Gというのは、docomoのサイトによると。

複数の周波数を束ねて帯域幅を拡大し高速に通信する。(狭い道をひっつけて大きくする感じ?)

複数周波数を用意し、どれかが混雑して通りにくくなったら、別のを使う。みたいな?

複数のキャリアアグリゲーションの組合せを最適にして効率的通信にする。(仲良きことは良いこと?)

ほかにも、通信仕様も大容量のデータを早く伝送するために工夫されています。

変調方式「256QAM」

周波数帯「3.5GHz」

通信技術「4×4MIMO」

こんな感じでした。

これからも、もっと早く、大きなデータが遅れるようになるのでしょう。一体どれぐらいの速さになるのか見物です。

↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.