前使っていたmacを親指シフトにしてくれるソフト「Karabiner」がmacOS High Sierraに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る






 
Karabiner1

前使っていたmacを親指シフトにしてくれるソフト「Karabiner」がmacOS High Sierraに対応

↑この記事のネタ元です。


04910-171006 KarabinerとLacailleの共存完了

昔使っていた Karabinerが復活

何気なく「shiology✨」を覗いたら、昔、親指シフトにするため使っていた、 Karabinerが、正式にHigh Sierraに対応したと書かれていました。

このソフト、macを親指シフトにするために、昔使っていました。ただ、Sierraになってから使えなくなってしまい、せっかく親指シフトに慣れ始めた時だったので、慌てて、代わりのソフトを探し、今は、Lacailleを便利に使っています。

別にインストールする必要はないのですが、昔出会った人は忘れられないってことで、今回、ダウンロードしてみました。

Karabiner2

スポンサードリンク



まずはインストール。が、

まずは、サイトからソフトをダウンロード。

ダウンロードしたらクリックして、インストール開始。

Karabiner3

が、ここで問題が。インストールの途中で「機能拡張がブロックされました」と表示されて進まなくなってしまった。

Karabiner4

よくよく書かれていることを読むと、そのままではセキュリティが厳しくなったHigh Sierraでは、インストールできないとのこと。ただ、システム環境設定の「セキュリテイとプライバシー」をいじるとインストールできるよう。

インストール途中の表示が出ているまま、システム環境の「セキュリテイとプライバシー」を開いて、「システムソフトウェアの読み込みがブロックされました」と書かれている横に、「許可」ボタンがあったので、それをクリック。

Karabiner6

そうすると、何事もなかったように、再びインストールが開始されました。

無事、インストールが完了し、ソフトを立ち上げて動作を確認。なんとか、終わりました。

設定しないと

ただ、このソフト、使えるようにするためには、いろいろ設定しなくてはいけません。それが、どうやったらいいのか忘れてしまい、さっぱりです。今使っているLacailleで、今のところ問題ないので、そのうち昔の資料を引っ張り出して、設定をするつもりです。

親指シフトでないと

最近は、親指シフト出ないと入力できない体になってしまいました。まだまだ、ぎこちなさもあるのですが、ローマ字で入力していると、なんだかいろいろせわしなく、なんとも面倒になってしまいます。

親指シフトに変えて確か、もう2年。これからも、切磋琢磨して入力精度を高めてゆきたいと思います。

それにしても、親指シフトで快適入力を実現させるPFU製の極上キーボードPFU HHKB Professional JP が欲しくてしょうがありません。無線で使えるので、iPadでも使えるので、一台あると何かと重宝しそうです。

ただ、お値段がかなりするので、キーボードにそれだけ払うのはちょっと。そんな気持に阻まれて、なかなか踏ん切りがつきません。周辺機器こそお金をかけろ!と、言われる人もいるのですが、僕にはとてもとてもです。

いつか、手に入れたいので、少しずつ貯金をして、変えたらいいなあと思っています。

さて、これで、インストールの顛末は終わり。今度、いろんなサイトを探して、設定をしてみるつもりです。

Karabiner









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*