とうとうバタフライキーボードに見切りをつけたか!?Apple新キーボード採用の噂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




次のMacBook Airは脱バタフライ? MacBook Proは来年か – ITmedia NEWS

2019年発売のMacBook Airのキーボードが、現在のバタフライ構造ではなく、シザースイッチ(パンタグラフ)採用キーボードを採用する可能性があると予想していると、AppleInsiderが伝えている。

とうとうバタフライキーボードはお払い箱になってしまうのでしょうか。

搭載されてから障害続きのバタフライキーボード。今年発表されたMacBook Proはかなり改善させているようですが、これだけ問題が多いと、対応するための費用や、体制作りの負担がかなりのものになっているはずです。




2019年モデルでかなり改善されたようですが、これからのことを考えると、バタフライキーボードは捨てて、新たなキーボードを採用するのが正しい選択かもしれません。

採用が噂されているキーボードの構造は「シザースイッチ」方式。

グラスファイバーで補強され、故障が少なく歩留まりが低い。また、バタフライキーボードより生産コストが下がるとのこと。

この機構、以前のMacBookシリーズに採用されていたキー支持方式で、一部で不評だったキーストロークの浅さも改善されます。

巡り巡って原点回帰するようです。

このキーボードを採用したMacBookシリーズは2020製からとのこと。と言うことは、今年は大きなデザイン変更はなく、来年にデザインを刷新したMacBookシリーズが発表されるのでしょうか。

16inchのMacBookProの噂もありますから、それにこのキーボードが搭載されるかもしれません。









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

ただ、あくまでも情報筋から漏れ伝わってくる話ですから、真意のほどは来年を首を長くして待つしかなさそうです。すごく楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください