京都はやっぱり異空間。撮影意欲が止まらない!京都撮影日記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



短い時間だけど、カメラを持って京都散策

お盆前に京都に仕事で行ってきました。こちらから7時間以上かかるので、早めに出たかったのですが、相方が仕事大好き人間の堅物だったので、なかなか出ることが出来ず、ようやく出たのが11時。

夏休みのお盆前。案の定結構渋滞していて、走るのに苦労しました。イライラは禁物と思いながらも、京都に行くなら、少しは街をぶらつきたいと、焦ってしまいなかなか落ち着いて運転することができません。だって、久しぶりの京都なんですから。

スポンサードリンク



京都を満喫するために、荷物になるニコンのD7200も持ってきました。せめて、夕刻に間に合う時間に着いて、京都の街を撮り歩きたいと、否が応でも、気持ちがはやる。

僕一人なら、朝8時に出て、早めに京都に着き、祇園や清水寺など闊歩して、スナップ写真を撮りまくるのにと、隣の相方に密かな憤慨を向けてしまいます。心の狭さを絵に描いたような男になってしまいました。

ようやく京都に到着したのは19時。

かろうじて日の光が残る時間。急いで、D7200をぶらさげ、京都の街を歩く。特別目的地は決めず、祇園に行けば、京都らしさを感じることができるだろうと、ひたすら目指しました。

京都は不思議に撮影意欲が湧く街です。スナップを撮るのに適した街はたくさんあります。東京や大阪、神戸なんかとてもいい。でも、京都は別格。街のあらゆるところが、撮影意欲を刺激してくれます。

もちろん、さまざまな神社仏閣。歴史的遺産などがあるのもそうですが、何の変哲も無い路地でも、異空間に迷い込んだような、別世界に旅する気持ちにさせてくれます。

国内外の人がひしめき合い、楽しそうに闊歩しているのも、一因なのかもしれません。ほんとうに観光客が多い。そのおかげで、気兼ねなく写真が撮れます。

街全体がテーマパークの様で、違った空間に取り込まれた感覚があります。生活感が、いい意味で感じられないのです。

ただ、正直、京都で住みたいとは思いません。住むなら大阪の方がいいのかもと、思います。実際住んでいましたし。京都は、日常で停滞した気持ちを取り払う場所のような気がします。

iPhoneのmapを頼りに鴨川まで歩き、近くまで来たときにはすっかり日が落ちてしまいました。これでは、まともに写真を撮ることが出来ない。諦めるのが普通ですが、諦めきれず、日の光がないなら街の灯りを頼りに撮影をすることにします。

鴨川沿いに風情のある店が軒を並べ、色とりどりの看板を灯す。その中を、あらゆる人種が歩いている風景は、カメラを趣味とする人間にはたまりません。

カメラの感度を限界まで上げて、どんどん撮影して行きました。完全に夜にまみれて、街の灯りを頼りに写真を撮る。これはこれで、美しい。

感度に強い最新の35mmカメラが欲しくなってしまいます。それなら、ノイズに強く、漆喰の夜空の下でも、輝く街をもっと美しく撮影することができる。本人の腕もあるのですが。

鴨川にはたくさんの人が涼んでいます。夜の京都はかなりいい風が吹いていますが、空気全体がどんよりと蒸し暑く、息をするだけでも苦しい。夏の京都らしいと言えばそうですが。

鴨川沿いには、いかにも高級そうな料理屋が並んでいます。

鴨川を北に向かって歩き四条通まで行くと、人が多い。夜なのに。ろくに歩けないほどの人の多さ。ここ京都で暮らしている人は、ストレスが大いにたまりそうです。道を歩くだけでも、ぶつからないように気を遣います。

雑踏の中を、楽しそうにゆっくり歩いている観光客の間を、足早にする抜けていく人がいました。顔つきが全然違って、のんびり感がありません。ここで生活している人なのでしょう。

その中、別の意味で慌ただしく、歩いていたのがこの僕。

カメラを手に持ち、限られた時間の中、最高のショットを撮ろうと必死で歩き回ります。高級料理屋でも入って、京料理を食べる余裕もありません。もちろんお金も。優雅など僕の辞書にはないのです。

あらこれと目にとまり、写したいものに目移りしてしまいます。興味が尽きぬ夜の京都が続きます。

いつまでも撮っていたいのですが、時間は無情に過ぎて行きます。なんたって、明日は仕事なのですから、ここで疲れを残してはいけません。それに、空腹でたまらなくなっています。

適当に安く食べられるところは無いかと、灯りを頼りに歩いていると、「なか卯」が。久しぶりにそこで親子丼でも食べようかと入り、唐揚げ定食が量と値段が手頃だったので、予定変更でそれを注文。

「なか卯」の中も、観光客が多い。それも外国人。注文は注文機で行うので、四苦八苦しながら欲しいものを注文していました。

英語でもできれば、席の近くに座り楽しい会話でもなんて思わず、できるだけ離れた席で、一人食事をして帰路につきました。

今回は仕事の関係で、というか相方の関係でゆっくりと時間が取れませんでしたが、もし、今度京都に行く機会があれば、絶対半日は時間を取って、写真を撮りまくりたいと思っています。その時にはApple京都も開店していますので。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】 【中古】 《並品》 Nikon D7200 ボディ [ デジタルカメラ ]
価格:62800円(税込、送料無料) (2018/8/20時点)







↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください