新しいマックには、新型基板を採用して、高性能化に留む!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る






 
Transparent 1911160 1280

↑この記事のネタ元です。


両モデルは新型基板を採用することでより高性能化を実現するというのです。

新たな基板

MacBookとApple Watchに、新型基板を採用することで、高性能化を実現するという記事がありました。

通常、CPUやGPUなどを高性能化して、処理速度を速くすることが普通ですが、基板を刷新することで、性能を上げるとは一体どのような仕組みなんでしょうか。興味が出てきました。

スポンサードリンク



処理速度やパッテリー駆動改善

記事によると、液晶ポリマー製の新型フレキシブル基板を採用するとのことです。この基板はiPhone8 やiPhoneXにも採用されており、高速で、低遅延なデータ送信が可能にな理、内部スペースの大幅な節約やUSB3.2の採用が容易になるメリットもあるようです。

この基板が採用されれば、CPUやGPU、またソリッドステートドライブ、メモリー間の通信速度が飛躍的に速くなり、同じスペックの同等PCよりも、処理速度が速くなり、高性能化に繋がるのでしょうか。

また、内部スペースが広くなることで、バッテリーの搭載量が増え、より長時間の駆動が可能になるかもしれません。

新たなMac

先日、ジョナサン・アイプ氏がMacの問題点は把握している。待っていて欲しい。と語っていました。今回の新基板採用の件。新たのMacの片鱗かもしれません。ほんと、楽しみです。











↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*