MacBookAirがマイナーバージョンアップ、性能以上に価格が高性能。そして、MacBookが静かに消える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

MacBookAirがマイナーバージョンアップ、性能以上に価格が高性能。そして、MacBookが静かに消える。

アップル発表まとめ。「MacBook」は消滅、MacBook Air/Pro値下げ、HomePod日本登場★引用サイト

急遽、MacBookAirとMacBookProのマイナーアップデートが行われました。MacBook Airは仕様はさほど変わらなかったのですが、価格がかなり安くなり15,000〜17,000円の値引きとなっています。

一番安い機種で119,800円。かなり手の届きやすいお値段です。

その中、静かに消えたMacがありました。

MacBookです。

Macノートの中で、最小最軽量の機種。当時はWindows機に負けない小型化技術の証として、待ち望んていた人にとても好評だったMacです。

当時、巷の噂ではMacBook Airは今後消え、代わりにMacBookを世に出していくと言われていました。

それが予想外の大逆転。MacBook Airは存続し、MacBookは消えてしまいました。

やはり、価格面とiPad Proの成長がキーとなったと思います。

MacBookはとても良く出来たMacでしたが、金額が高くMacを初めて手に取るユーザーにとっては敷居が高かった。それでいて、MacBookProのような高負荷の処理もできないため、ハードユーザーには不向きでした。

使用スタイルが、絶対モバイル主義のコアなユーザーしか購入動機が持てませんでした。

そして、全く新しく変わったiPad Proの誕生。

非常に高性能なスペックを持ち、使用環境も整い、ある程度のことはこれ一枚でこなせます。もちろんMacよりも小さく軽い。理想のモバイル機器としての存在を勝ち得ています。

それに、MacBookよりお安く手に入る。

性能と価格がとても良いバランスのPCが、iPad Proです。

今、僕はiPad Pro11inchを使っています。いつでも持ち歩きくモバイルスタイルをこれで確立することができた。と、喜んでいます。少し大げさですが。

Appleは選択したのでしょう。

常に持ち歩くモバイル機種はiPad Proにしていくと。今年の秋にはiPadOSが提供されます。より、多くのことを可能にするiPadOSは、本格的なモバイルPCとしてのiPadを確実にするはずです。

Mac OSを必要なユーザーには、低価格化が可能なMacBook Airを手に届く価格で提供し、Macへのきっかけを作り出しています。初めてのMac、もう一つのMacとして、申し分のない性能を、申し分のない価格で提供しています。

使用環境や機種の変化に合わせて、柔軟に思い切り対応していくApple。今後どんな機種が生まれて、消えていくのでしょうか。まさか、Macが無くなることはないと思うのですが。


↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください