凄い噂になっている新MacBookPro!欲しくて仕方が無い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



凄い噂になっている新MacBookPro!欲しくて仕方が無い。

突如、Appleが新MacBookProシリーズを発表しました

案の定、ちまたではいろんなところで盛り上がっています。なんたって、プロを本格的に満足させる仕様に仕上げてきました。

CPUのコア数がどんどん増えている中、Appleは4コアのまま静観していました。それに、メモリー食いのアプリを使うことの多いプロでは、物足りない16Gのまま。とくに、最近は動画編集などGPUの力が重要になってきました。

でも、長い間Appleはそれに対して、手を付けてこなかった。

スポンサードリンク



クリエイターの中には、複数のAdobeソフト立ち上げて仕事をしていると、メモリーがいっぱいいっぱいになって、使い物にならないと、悲鳴を上げている人もいました。

いつになったら、メモリーを増やし、CPUやGPUを協力にするのかと待ち望み。しびれを切らして、Windowsの高性能PCに乗り換えた人もちらほら聞きます。

そんな、Mac好きのクリエイターの望みを叶えた、今回のMacBookProシリーズ。なかなか素晴らしい出来のようです。

AppleのMacBookPro紹介ベージには、とても憎い言葉が表示されています。

もっとパワーを。もっとパフォーマンスを。もっとプロのために。

最高スペックですが、今回で大きく変更させた点は以下。

 CPUは最新の第8世代Intel6コア
– 32GBのメモリ
– True Tone Retinaディスプレイ
– 超高速のSSD
– 動作不良問題と騒音問題を解決した新キーボード

そして、今までMacBookProシリーズの最大の弱点だったGPUを改善した外付けGPU

YouTuberが映像表現者として世の中に認められ、世界中で次々カリスマ的YouTuberが生まれています。4k動画を編集する彼らには、GPUの性能は死活問題。

ただ、強力なGPUをのせてしまうと、筐体が巨大化したり、発熱、消費電力の問題がありします。これではスマートなMacBookProにはのせることが出来ない。

そこで、今回正式に外部GPUを正式採用しました。

Blackmagic eGPUをMacBookProのThunderbolt 3ポートに接続するだけで、なめらかなでスムーズな動画編集や、画像処理、VR編集が可能になります。

プロの厳しい要求もこれで応えられる画期的なMacBookProシリーズの誕生です!

なんだか、MacBookProシリーズの通信販売みたいな文章になってしまいましたが、とても興奮して思わずこんな調子で書いてしまいました。

でも、欲しいなあと思う仕様にすると、40万近い金額。到底買えたもんじゃありません。諦めたくはないのですが、現実は厳しい。







↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください