Macでも使っている「Graphic」 を購入しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Graphic

Macでも使っている「Graphic」 を購入しました。

iPad miniで仕事や趣味のイラストを描きたくて、ベクター系のイラスト作成アプリがないかと探していてたのですが、スケッチで水彩画や油絵もどきを書くアプリは山の如くあるわりに、Illustratorのようなアプリはどうも見当たりません。本当ならば、Illustratorそのものがあればいいのですが、希望するような機能ではありません。そこで、Macでも使っている「Graphic」 を購入しました。

価格は少し高い1080円。でも、Macと同じ機能が使えて、とても便利ですから、十分元は取れるはずです。

Graphic9

App Storeからダウンロード。1080円なので、購入ボタンを押す時に少し躊躇しました。

Graphic10

早速開きます。説明文とデモイラストが入っています。結構、クオリティが高くて、ここまで描けるのかと感心しました。

Graphic16

新規図面を作成しました。Mac版のレイアウトとほとんど同じ。

Graphic1

四角や丸などツールバーから選択して簡単に書くことができます。レイヤーも作成可能。本当にMac版と変わりません。四角を平行四辺形にするのも、同じようにできます。ここまで、Macと操作が同じならば、iPadの使い方が広がります。

Graphic3

整列は図形を囲って選択し、Alignでできます。

Graphic4

なんと、合成まで同じようにできます。複雑な形状の図形を作るときには絶対必要な機能なので、使えるのは本当に嬉しい。

試しにやってみました。矢印を作ってみました。三角と長方形を囲って、両方を選択します。

Graphic6

そして、「Union」 を選択すると、一つになり矢印ができました。

Graphic7

色の変更も簡単にできます。

Graphic17

作った図面は、iCloudやDropboxなどに送ることができます。仕事でも使っているDropboxを設定しました。

Graphic15

出力形式はかなりの種類が選べます。素材をどう使うかで、いろんな形式を選べるのはとても助かります。

Graphic14

一通り使ってみましたが、Macと同じように使えて、データも共有できるので、iPad miniで作っていて、仕上げはMac。みたいな使い方ができます。iPadとMacの連携を生かせるいいアプリだと思います。

Graphic – illustration and design


 

↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. トラ より:

    はじめまして!
    GraphicのiPad版を買いたいと思っています。
    アプリ自体は英語版のようですが、文字入力で日本語フォントを使うことはできますか?
    描いた図に、日本語の注釈を付けたいと思っています。(Mac無しで)
    周りに使っている人がいないので、教えていただけたらとても助かります。
    よろしくお願いします。

    1. saboriman より:

      読んでくださりありがとうございます。
      日本語も入力できます。実はiPadを手放したので、現状を確認することはできませんが、使っていた時は日本語を入力していました。
      これからもよろしくお願いいたします。

コメントを残す

*