どうしてか新しくOSを変更してから親指シフトが使えなくなった。設定ソフトが対応していないからだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る






 

どうしてか新しくOSを変更してから親指シフトが使えなくなった。設定ソフトが対応していないからだろうか。

どうしてか新しくOSを変更してから親指シフトが使えなくなった。設定ソフトが対応していないからだろうか。

調べて見ると、「macOS Sierra」のセキュリティが格段に厳しくなって、中身に触れさせないようになったようだ。そこで、キー配列を変更する「Karabiner」が使えなくなってしまった。

【重要なお知らせ】Mac Karabinerにて親指シフト入力の場合、Sierraへの …

スポンサードリンク



セキュリティが、刻一刻重要になっているのだけど、日頃使っているソフトが使えなくなるのはちょと困ってしまう。今後安全に安心してMacを使い続けるためには必要なことなのかもしれないけど。

仕方がないので、ネットで「Mac 「macOS Sierra」 親指シフト」と検索して、対応策を調べて見ると、こんなソフトが出ていた。

早速、ダウンロードしてインストール。そして、の設定ファイルを続いてダウンロードしてこれを読み込ませる。

Lacaille(Mac)向け orzレイアウト定義ファイル Version 2.1 | orzレイアウト

ただ、初めに開くときに、Macが製作者の認証が取れないとかなんとかで、すぐには開けなかった。仕方がないので、一旦閉じて、セキュリティを開いて開いていいとソフトを登録して開けるようにした。なんだか、ちょっと怖か感じがしたので、入れる人はあくまでも自己責任でというところ。

これで無事に元に戻って、親指シフトが使えるようになった。もう、親指シフトに変えて一年近くになろうとしているけど、しょっちゅう打ち間違いするし、どこのキーだかすぐ忘れてしまう。

ローマ字に比べて、本当に効率的な打ち込みなんだろうかと、自分にとっては合わなかったのだろうかと、思い悩んでいたのだけど、ローマ字打ちをしたら、あちこち指を動かす必要があって、指が痛くなる。

やっぱり、親指シフトは指に優しい。効果的で優しい入力方法なのだろうなあと、再認識してしまった。これでは、ますます親指シフトから戻れなくなってしまうかもしれない。とんでもなくマイナーな入力方法なのに。









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。