MacProの創作活動を完璧にするか。 「 Final Cut Pro X 10.1 」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

photo:1V1
kawasaki131213 (9 - 17)

 

  Final Cut Pro X 10.1 提供開始。新Mac Pro のデュアルGPU 対応など: ※引用元はこちら

 NewImage

新Mac Pro の発売とともに、アップルは動画編集ソフトFinal Cut Pro X をバージョン10.1にアップデートしました。アップデート項目は多岐にわたりますが、デュアルGPU や4K モニタリングへの対応など、新Mac Pro 向けの内容がリストの冒頭に並びます。

MacProがやっと発売されましたが、それに合わせてソフトも
アップデートされました。

ハードだけでなく、ソフトもと総合的な創作環境を提供して
いく方向です。

今回は、4k環境への対応化のようです。今後、4kがどうなるか
まだ分かりませんが、次期高画質仕様への対応をAppleは進めて
います。

それにしても、4kのシネマディスプレイがはだ未発表なので、
それがそろえば完璧です。ただ、 あの黒くて丸い本体に合わせて
デザインするのは結構難しいのでは。

まあ、きっとゴミ箱と同じ様に、机の下に見えないように置くか
もしれませんが 

写真が趣味の僕としては、Apertureがどうなるかが興味があります。
正直、Lightroomや他の本格的な現像ソフトに比べて、機能的に見劣り
します。それに、NikonのROWを現像すると、どうしても色合いが今
ひとつ。

使いやすさは抜群なので、現像性能をよりアップして欲しいと願って
います。 

 

photo:1V1
kawasaki131213 (6 - 17) 

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください