次こそはMacの大きな転換期に。Mac ProにARMプロセッサが搭載!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


新型Mac Pro、2019年にARM系コプロセッサ搭載しリリース?by 塚本直樹 and Mediagene Inc., gizmodo.jp

↑リンク元記事です。

そして報道によれば、来年発売される新型Mac ProにもARMベースのコプロセッサが搭載されるというのです。

Mac ProにARMが載る

まだまだ登場がいつになるかわからないMac Pro。今年だとか、来年だとか言われていますが、なかなかはっきりとしません。それでも、ポロポロ情報が入ってきてします。

この記事によると、次期Mac ProはApple独自開発のARMベースのプロセッサが搭載されるかもしれないと伝えています。

大きな転換点

IntelのプロセッサからARMに変わることで、どれほどパフォーマンスが変わるのか、まったくわりませんが、Proに搭載されるならば、Appleが望む内容になるのでしょう。

ハードとOSを独自開発し、最高の状態まで調整しているAppleなので、いつまでも心臓部と言えるプロセッサを外部に委託することはないとは思います。

Macの大きな転換点になるはずです。

心配事

ただ、そのことで、今までのソフトが動かなくなるのか勘弁してほしい。特に、パーチャルソフトなどで、Windowsが動かせなるのはとても困ります。ここは、なんとかしてほしいと願っています。

でも、Appleなのでスッパリと切り捨てるかもしれないのですけど。

回帰をもたらすMacに

次期Mac Proは、モジュラー方式でアップグレードできると発表しています。動画編集や、8K映像の現像など、高スペックのGPUが必要になりますでも、今のMac製品ではついて行っていないところがあります。

最近ショックだったのが、Macの壁紙の青い池で有名になった、ケント白石さんが8K映像編集に使っているのが、Macではなく、自作のWindowsPC。ディスプレイはDELLの8Kモニターです。

iMacProもかなり考えたようなのですが、本格的に8K映像で作品を作るのには、力不足だったようです。

今度のMac Proは、自作PCに転向したクリエイターを、こぞってMacに回帰させてくれるでしょう。きっと。たぶん。いや、絶対。

お約束ですが、もちろん僕はMac Proは、逆立ちしても買えませんけどね。


↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください