謎の多かった定額制動画配信サービス「NETFLIX」の日本法人社長はアニメ好き。経営戦略を大いに語る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

↑この記事のネタ元です。

日本法人のグレッグ・ピーターズ社長はこれまで何度かメディアの前に姿を現してきたが、日本でのサービスインを控え、改めて国内市場の“攻略法”を語った。

競争激しい映像配信を勝利するために、Netflixは「日本で一番4K配信が充実するサービス」を提供すると伝えています。 4KやHDRの高画質で映画やアニメ、ドラマを配信し競合の引き離しを計画しているようです。

コンテンツ共に、映像技術でもユーザーを惹きつけます。

また、サービス開始前に日本のメーカーと協力し、テレビのリモコンにNETFLIX専用ボタンを搭載 します。なお、NETFLIX非対応のテレビではChromecastやApple TVなどの周辺機器で視聴可能とのことです。

コンテンツ数に自身のあるNETFLIXですが、観たい作品が見つけられないと、宝の持ち腐れです。そこで、 日本人に合ったのレコメンド機能を強化すると明言しています。観ている作品に連携させて、お薦め作品が 紹介されるようですが、その善し悪しで、かなり使い勝手が変わってきますから、是非とも日本人の趣向に 合わせて欲しい。

個人的に親近感を覚えたのが、Netflix日本法人のグレッグ・ピーターズ社長は日本のアニメに興味を持っており、 今は「進撃の巨人」「シドニアの騎士」などがお気に入りだとのこと。「シドニアの騎士」はとてもいい作品なので、 日本だけでなく、世界的に配信してくれないかと思います。

僕の考えもあながち妄想では無く、グレッグ・ピーターズ社長は「日本のアニメは世界各国で愛されており、アニメを世 界に発信する優れたプラットフォームだと認識されれば、アニメーションクリエイターにもユーザーにも支持してもらえる はずだ」と語っています。新たな収益源になれば、日本のアニメクリエイターも潤い、より安定した創作活動が出来るように なれば、僕みたいなアニメ好きにもいい結果になるはずです。

噂が一人歩きしている感がありましたが、かなり具体的にサービス内容が発表されましたが、価格体系は未発表でした。 まだ、競合サービスの同行を調べ、検討中なのでしょう。これだけ、技術面でもサービス面でも充実させたなら、 初期投資もかなりかかるはずです。採算割れを起こさないために、かなり苦心しているのでは無いでしょうか。

今年の秋、いよいよサービスが開始されます。いったいどんな楽しみま与えてくれるのか。期待して待ってみたいと 思います。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。