とうとうやってしまった。新しいMacBookProが我が元にやってきた!??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る






 
MacBookPro ox

我が元にMacBook Proがやって来た。

もうそろそろ買い替え時期のMacBookPro

今使っているのが、2012年Retina。十分使い物にはなっているけど、8GBのメモリーも物足りないし、よる年波にには勝てず、バッテリーの持ちもかなりわるくなってきた。

デザインが刷新された新機種も出たし、買い替えにはいい時期だと、思い切って今回購入することに。

スポンサードリンク



新しいMacBookPro

MacBookProbox

そして、昨年末末ギリギリに、我が元にMacBook Proがやって来た。

さて、きっとあのMacBook Proだと、そう、薄く軽くなり、タッチバーがついて、USBーCのみの潔さが心地いい、あれだと思っていることだろう。

が、ここまで読んでくれて、期待を裏切り大変申し訳ないのだけど、購入したのは旧機種。2014のMacBookPro。

新しいMacBookProが発売されてから、整備品がやたら出ていて、それも、手頃な値段で。

思わずポチッとしてしまったわけ。

購入したのは15.4inch MacBookPro 2.2GHz Retina Mid2014モデル。整備品モデルで、価格は税別で156.000円。それなりの価格だけど、新製品を購入するよりはとてもお安い。

Appleに反抗しているわけではなくて、現実な選択

MacBookProbodll

正直、普段使いならば、使っていた2012年モデルでも、全く問題なかったから、メモリーは16GB増えるは、CPUは早くなるは、この機種で、もういうことはない。

もちろん、Appleの最新の戦略にケチをつけるためにこれを購入したわけではない。インターフェースがUSB-Cだけになっているから、嫌だとは全く思っていない。どうせ、Appleの方向性からすると、どんどん、削っていくことは致し方ない。

逆に、増やしてしまうと、それはそれで批判が渦巻く、Appleが凡庸になったと。今までそうしてきたのだから、どんどん、Appleには減らしていって欲しい。そのうちに、全て差し込み端子はなくなり、無線LANかブルーテゥースで繋がるようになるはずだ。

で、今回選んだのは、もっと現実的な話で、結局のところお金がなかっただけの話である。

できれば新しくなったMacBookProが欲しいからゆくゆくは買い替えたい、そのために、できるだけいい状態で使いたいから、早速、キーボードカバーを購入して、ケースも新しくし、使うことに。

一年使う間にお金をためて、マイナーアップデートされたものが買いたいと思っている。なんたって、Appleは1番めより、2番目から格段に製品がよくなるから。悪かったところを改善して、本当にいいものを出してくる。それをなんとか手に入れたいのだ。希望的観測だけど。

ただ、いざ使ってみて、結構気に入ればそのまま何年か使い続けるかもしれない。それは、懐具合との相談だけど。

復旧するための一番の正解

この正月休みのうちに、設定を済ませて、今年からはガンガン、ガシガシ、この新しいMacBookProとの歴史を始めようとした。

初めは溜まり溜まった、余計なデータを一掃するために、クリーンインストールするはずだったげど、メールの振り分け設定やら、データの移動やらがうまくいかなくて結局は挫折し、天下の宝刀のタイムマシーンで復旧。

色々悩んだ挙句、これが一番の正解ということを実感。なんたって、2時間放っておけば、ほとんど元の状態に戻るのだから。

新しい一年

今、新しいMacBookProでこのブログを書いているけど、心持ち早くてキビキビ動いてくれている。たくさんのソフトを立ち上げて実際どうだのかはわからないけど、メモリーが倍になったのだから、それ相応の働きはしてくれるに違いない。

今年も本格的に進んでいくが、このMacBookProで一体どんな創造的なことができるだろう。いや、しなきゃ。お金の面を考えると、気が重いところもなるが、楽しみである。









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください