NikonがF3かFM2似のデジカメを発表するかも?Nikonの今後。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

photo:D7000tiba131027- 2 (3)

 

 名器Nikon F3が復活する日

FM2? それともF3似? ニコンが昭和チックなフルサイズデジカメを計画中とのことNewImage

 

さて、Canonに奪われていたシェアや評価の失地回復に成功しつつあるNikonなんだが、表題記事によればアナログ一眼レフカメラを彷彿とさせるような新製品が虎視眈々と登場の機会をうかがっているとのことです。Nikon F3やFM2にデザインが似ているらしい。

この記事にもありますが、本当にNikonは潰れるのではと思うほど危なかった。

記事では、デジタル化の段階で、Canonに大きく送れと取ったとありますが、
それ以前の、カメラの電子化の段階でNikonはCanonに追い詰められました。

オートフォーカスやAE化に送れと取ったというか、反している対応を続けて、
Canonの圧倒的操作性に完敗した感があります。

Canonが今までのカメラのデザインを捨てて、AE化に最適化したメインダイ
ヤルと、サブダイヤルを配置をし、多くのカメラマンから指示されました。

その点Nikonは、Fからの基本的デザインと操作性を継承しつつ、AEに対応し
たので操作性がさほど良くなく、オートフォーカスも本格導入に二の足をふ
んでいた感じがします。レンズなど、Canonがすべて回転式にしたのに、
Nikonは長い間引出方、レンズを引出ながらズームを変え、回転させピントを
合わせるレンズにこだわっていました。

マニュアルフォーカスの愛好者には好評でしたが、すでに、オートフォーカス
で、人の目以上にピントを合わせられる様になっていました中、そのこだわり
は古く、不便でした。

イノベーションのジレンマ、そのごとくの成功体験が大きな足かせとなって、
身動きの取れない企業となってしまったのです。

Nikonが幸福なのは、彼らの復活を掛けた努力もありますが、カメラという、
それもプロという究極の存在が支える業界のため、グローバス社会になっても、
世界的競合が非常に少なく、彼らが体制を整える時間と技術的余裕があったか
なのではないでしょうか。

日本以外に、プロが使うカメラを製造しているのは、ドイツのライカのみです。
しかし、何度も経営危機に陥り、経営再建をしています。韓国や中国も追い上
げて来ており、コンデジなどサムソンがかなり売れているようですが、プロや
ハイアマチュア市場まではまだ到達していない。

考えるに、カメラそれもプロを相手とする市場は、世界的にも希有な特殊市場
なのです。

ただ、どんな環境があったとしても、そこで見事に再建できるかどうかは別
な話で、Nikonは環境を活かして、おのれの技術資源を活かし、古い体制を
変革し、こうして圧倒的な資産のあるCanonに迫って、熾烈な競争を繰り広
げているのですから、大したものだと感心します。

さて、この記事のメインである、噂の古く懐かしいFの伝統に則ったデザイン
のデジタルカメラの発売の噂。アナログ時代の世界を席巻した超が付く名機
中の名機である、NikonF3を彷彿とさせるデザイン。また、入門機として写真
を志す者なら手を取ったNikonFM2を継承したデザイン。

この、二つの名機をデジタル化して、現代に蘇らせ、アナログカメラのらしい
心地よさと満足感を、デジタルカメラの利便性と柔軟性を統一した、Nikonが
めざすカメラを作ろうとしているようです。

ただ、ようやくデジタル化の波に乗り、デジタルカメラで次々と名機を出して
いるNikonなのに、昔のカメラが忘れられないのかと思うと、もうそろそろ
昔の事は忘れて、色んな可能性を追いかけた方が良いのじゃないの?とも思っ
たりします。

個人的には結局昔のカメラの中身をデジタルに変えただけのカメラが多いので、
デジタル時代に即した、デザインと操作性を作り出して欲しいと思います。
そうで無いと、グローバル化の時代の今、どこかで足下をすくわれるか分か
りません。日本のお家芸として、世界に名の知れたカメラ、先頭を走って欲しい
と願います。 

photo:D7000tiba131027- (35)

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。