これで親指シフトが君のそばに‼︎親指シフト刻印ありの「親指シフト表記付きUSBライトタッチキーボード」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る






Lifelabo
 

↑この記事のネタ元です。


「親指シフト表記付きUSBライトタッチキーボード」(2,480円+送料500円)です。送料込みで3,000円を切るお値段で親指シフトの表記が印刷されているのです。

最近の親指事情

親指シフトに完全移行して結構なるのだけと、ようやく少しはまともに打てるようになってきた。でも、慌てている時や、打ち始めは、まだキーの間違いがあって、なかなか無意識レベルにはなれない。もっと使いこなせるように頑張らなくてはと、しおらしく考えている。

スポンサードリンク




親指シフトのネック

親指シフトのネックとして、このように特殊なキー配列なので、なかなかキーを覚えられないというのがある。それともう一つ、専用のキーボードがとても高い。もちろん、中古で買えばそれなりに安いものもある。僕は中古でHHKB Lite2 for Macを3千円強で購入して使っている。

比較的に低価格だったが、実に快適に使えてとても重宝している。ただ、中古はものの有る無しが出てしまうし、当たり外れもある。必要な時に購入できない可能性が多い。それで、新品を買うということになるのだけど、これが結構高い。親指シフトと言えば超有名なHHKB Professional シリーズだけど、堂々の3万円前後と性能も横綱ならば、価格もおいそれとは手が出せない横綱。かなりの気合いと予算が必要。それに、親指シフトが続けられる保証もない。正直言うと、よほど物好きか、書くことがとんでもないほど多い人でなければ、ローマ字打ちで十分。だと思う。

ローマ字シフトと比べて

僕も、ローマ字打ちの時は、無意識レベルでキーが打てて、不自由はなかったのだけど、あんまりにも親指シフトが便利だと聞き及んだので、つい試してみたくなり、今に至っている。それで、無意識レベルで早く打てるのがといえば、まだまだキーを頭の中で反芻しながら打っている状態。ただ、たまにローマ字打ちに変更すると、びっくりするぐらい指を動かしていることに気がついて、やっぱり、非効率な入力方法だなんて思ってしまう。実際、親指シフトを極めれば、素晴らしい入力環境が手に入るのだろう。

親指シフトの身近に

話はズレたけど、高くて手が出せない親指シフト専用のキーボードが、3千円を切る金額でアマゾンに出ているとの記事。もちろん親指シフト専用機なので、ちゃんと親指シフトの配列で文字が刻印されている。基本キーボードを見ずに打つことが上達の秘訣なのだけど、やっぱり、どうしても思い出せない時がある。そんな時に文字が刻印されているととても便利だ。

残念ながら今は我慢

ただ、現在のところ残念ながら、販売がストップしている様子。どうもキーボードに引っ掛かりがある初期不良が見つかったとのこと。解決するまで購入はお預けのようだ。ブログの購入者もF10キーが沈んでしまっていて、返金対象になるようだけど、そのキーはあまり使わないので、そのまま使うと書かれていた。少しばかり製造品質に問題があるかもしれない。

Mac使いとして少し残念なのが、Mac専用機が無い。ただ、ソフトでエミレート出来るから問題なく使えそう。僕が使っているキーボードもエミュレーターの「Karabiner」を入れて使っているから基本は面倒でもインストール、設定が必要。この辺は面倒でも、いろんなサイトで設定方法を紹介しているので、よく読んで自分でやるしか無い。

根強い人気のある親指シフト。ファンも多いし、実際入力としてはとても効率の良い日本語のためのものだと思う。こうして、マイナーながら、新たに製品を作ろうというのだから、なかなか気概のあるメーカーに違いない。今は販売をストップしているけど、早く復活し、やすくて快適な親指シフト製品を出して欲しい。









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*