やっと発売MacPro!だけどあのことを思い出す。

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

photo;D700sinjyuku136-DSC_2061

 

  2013年6月11日火曜日 10:03WWDC 2013まとめ――iOS 7、OS X Mavericks、新Macbook Air、新Mac ProEngadget JapaneseSo Takak
i
速報:新Mac Proは円筒形、Thunderbolt 2やマルチ4Kモニタ対応など大幅進化

 

円筒形の中身は、3枚の基板をタテに三角に配置して中央にヒートシンクを置く「ユニファイドサーマルコア」構造。熱は中心部分のエントツに流れるため、底面吸気・上面排気の大型低速ファンを一基のみ配置するのだそうです。

NewImage NewImage

絶対個人では買わないのですが、それでもなお、興味が尽きないApple製品の一つがMacPro
です。絶対的存在のMacとして君臨しているイメージが、僕を離しません。

超がつくほどのクリエイターの机の傍らに必ずある。本物の人の為の本物のMacそれが、この
MacProです。

そんな、MacProが今回新しくなると発表され、待ち焦がれた人の溜飲を下ろす本気度の高い
製品となりました。 

  12コアのIntel Xeonプロセッサ(256ビット)、1,866 MHzのDDR3メモリ(ECCメモリ)、1.25Gbpsフラッシュストレージなどを搭載。Tunderbolt 2を備え、20Gbpsのスループットを実現しています。浮動小数点演算パフォーマンスは現行の最大2倍。

が、それにしても驚いたのがあのデザイン。正直ちょっと、絶句。

よくもまあ、Appleも思い切ったものです。真っ黒の円筒形でまるで魔法瓶です。
はたまた、ダースベーダー。これもJonathan Iveの作品でしょう。

NewImage

 

拡張性は完全に外部の外部機器との接続で行われ、その為にThunderbolt 2」やUSB 3.0、
Gigabit Ethernet、HDMI 1.4 の接続端子がこれでもかとふんだんに設けられています。

なんだかCubeを思い出しました。あの筐体もプレミアが付くほどの人気でしたが、
早々と市場から消えてしまいました。きっと、その轍は踏まないと思いますが、
ほんの少し気になってしまいました。 

 

photo;7000sinjyuku136-DSC_2046

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

WWDCでとうとう発表!iOS7にAppleの行方を見る。

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 

  2013年6月11日火曜日 12:12「iOS 7」発表:iPhone発売以来「最大の変更」WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム

 NewImage

 

アップルは、モバイル向けオペレーティングシステム「iOS 7」の最新ヴァージョンを披露した。新しいデザインのOSを発表したアップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、「iPhone」の発売以来「最大の変更」を行ったと述べた。

WWDCの目玉と噂されていました、iOS7が発表されました。
今回はJonathan Iveが手がける新デザインのiOSです。フラットデザインになり、クリーンな
フォントと、平面的なアイコンが印象的です。断然、白いiPhoneに栄えそうなデザインです。

特徴はマルチタスクに重点を置かれ、複数のアプリを効果的に切り替えながら使えるように
なりました。ただ、そのことでバッテリーは消耗させないとのことです。

 

NewImage

 

新たな機能としては、ロック画面まま、音量・光輝調整や、Wi-Fi・機内モードなど通信設定
、カメラ・ミュージックのエンターテイメントが行えます。

 

NewImage

 

かなり力を入れていると感じるのがSafari。はじめからフルスクリーンモードで開き、縦に
重なる新インターフェースで、タブの切り替えが出来ます。効果的でとても楽しそうです。

 

便利そうなのがiOS in the Carでしょうか。結構、アプリの更新が多いので、結構面倒です。
それが、自動的に更新されるようになりとても助かります。

 

気になるのが、Siriですが、検索の際、BingやWikipediaが統合され検索するので、今より
ずっといい結果が出そうです。きっと。正直、Siriを使うことなど全く無いので、それをいい
意味で覆す、成長を遂げて欲しいと思います。ちなみに、男性の声も選択できるようにな
ります。 

 

Androidや他のモバイルOSが市場を牽引し始めている今。Appleが彼らを一歩も二歩も引
き離すべく、念入りに作り上げたOSだと感じます。すぐにでも使ってみたいのですが、
やはり、新iPhoneやiPadが発売されるであろう、秋に発売されるとのことです。

 

その時までのしばしお預けです、残ながら。 

 

IOS7

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

KDDI、LTE障害で700円返金。今後の通信インフラ投入で挽回できるか?!

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

photo:D7000sinjyuku136-DSC_2075

 

  2013年6月10日月曜日 14:50KDDI、LTE障害で700円を返金へ–最大84万人CNET Japan藤井涼

 

KDDIは6月10日、4月末以降に立て続けに発生したLTE通信障害の対象者に一律700円を返金することを明らかにした。

ついこの間まで、最高に調子が良くてこの世の春を謳歌していたKDDIだったのに、
一天にわかにかき曇り、今や土砂降りですね。

通信の信頼性がKDDIの十八番だったのに、急激に増えたiPhoneなどスマホのデータ通信量に
通信インフラがついて行けなかったのでしょう。

さすがに、これだけ障害が続き、それに対して後手後手になった対応と、被害を考えるとやっ
ぱり返金せざるをえないでしょう。

ニュースで今後かなりの資産を、通信インフラへ投入すると伝えていました。技術と信頼のK
DDI。新たな復活をして欲しいです。iPhoneを販売していますしね。 

 

photo:D7000sinjyuku136-DSC_2056

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

WWDC2013開幕!ハードとソフトの統合が新たな未来を築くのか?

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

photo:D7000

sinjyuku136-DSC_2041

 

  2013年6月10日月曜日 17:18いよいよ今晩からWWDC2013開幕、注目の基調講演–松村太郎のAppleニュース一気読みCNET Japan松村太郎

 

6月3日~6月9日のAppleに関連するCNET Japan/ZDNet Japanのニュースをまとめた「今週のApple一気読み」。

Apple好きならば目が離せないWWDC。泣こうがわめこうが、いよいよ今夜6月11日午前2時
開催されます。

新しいiPadやiPhoneを期待していますが、どうもそれは発表されない可能性が高そうです。
代わりに、大幅に刷新されるOS関係がメインになりそうです。ジョナサン・アイブがハード
のみならず、ソフトも責任を持つことになり、今までの流れとは全く違う方向へ前進する記念
すべきWWDCになります。

基本的に、使い勝手やデザインは今のiOSでも満足しています。ただ、Apple以外のアプリで
洗練されたデザインを持つものが多数出てきています。特に、世の中はシンプルで印象的かつ、
使い勝手のいいフラットデザインに傾いています。デザインが命の、そう自負しているApple
ならば、このタイミングで革新的な方向転換が必要になります。

今回、MacやiPhone、iPadのハードデザインで、自他とも認める第一人者となったジョナサ
ン・アイブが、よりハードとソフトの統合を目指し世に出そうとしている、iOSとOSX。

イノベーションのかがり火が、再び、空高く舞い上がるのでしょうか?

楽しくも有り、不安でもある心を抱えながら、発表を待ちたいと思います。 

 

photo:D7000sinjyuku136-DSC_2038

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

アイコンデザインで新たな新境地を開くか!?iOS7アイコンリーク写真

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

photo:D7000sinjyuku136-DSC_2044

 

  2013年6月10日月曜日 15:00「iOS 7」で刷新されるアプリのアイコンデザインが明らかに!?気になる、記になる…taisyo

 

本日、9 to 5 Macが、実際に「iOS 7」の初期ベータを見たという人物から聞いた「iOS 7」でのUIやアイコンの変更点を報じています。

NewImage

ここが本文「気になる、記になる」さんのBlogで、iOS7アイコンのリーク写真が紹介
されています。

いよいよ明日の2時、WWDCが開かれます。iOS7はさてどうなるのか? 

 

photo:D7000sinjyuku136-DSC_2039

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

[

すでにドコモからiPhoneが発売!?じつはシンガポールでのお話し。

 

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

sinjyuku136-DSC_2084

 

2013年6月5日水曜日 11:54ドコモがiPhone取り扱いを開始した大西 宏のマーケティング・エッセンスkinkiboy  

 

ロケットニュース24」にえっと意表をつくような記事が載っていたのです。 なんとドコモがiPhone5の取り扱いを開始したというのです。

ドコモ公式サイト「大人気のiPhone5が入荷しました! ご来店はお早めに!」 | ロケットニュース24 :

NewImage

僕もこれには驚いた!だけど、記事をよく読むと、シンガポールのドコモ現地法人での
話。日本ではありませんでした。

先頃、ドコモはツートップとしてGALAXYとXperiaを何とも投げやりに掲げて、大々
的に広告を打っています。記事ではあからさまな投げ有り感をいぶかしがり、これは
日本でもiPhone発売の布石では無いかと述べています。

iPhoneがドコモから発売されるという噂は、必ず新機種発売時期にわいて出ます。
この記事を読むと、ドコモシンガポールでも扱うのだから、日本でも必ずやと、
否が応でも気分は盛り上がります。

さて、このドコモ発売の噂、また消えてしまうのか、正夢となるのか、次期iPhone発
売を待ってみたいと思います。

ただ、ドコモが大々的にAndroidを発売しているように、iPhoneが絶対では無くな
っています。逆にそれはドコモがiPhoneを扱いやすくなっていることにもなります。

日本国内外の携帯メーカーの機種が完全に消滅する危険が少なくなり、販売を開始し
てもある程度は今までのつながりを保つことができますから。

それを考えると、あのツートップ広告。私はあくまでもメインでこれを売りたいん
ですけど、と対面を保ちつつ、欲しいお方は、iPhoneをちゃんと出すから買ってく
ださいね。との本音と建て前を感じてしょうが無いのです。

まあ、また思い過ごしかもしれませんけど。

sinjyuku136-DSC_2056

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

そぎ落としたことで見えてくるAppleの粋。

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 

 

2013年6月8日土曜日 2:41「iOS 7」のロゴのフォントは「Helvetica Neue Ultra Light」気になる、記になる…taisyo

 

本日、「iOS 7」のロゴデザインが明らかになりましたが、MacRumorsによると、同ロゴの「7」の数字に採用されているフォントは「Helvetica Neue Ultra Light」になるようです。

NewImage

粋ですね。このデザイン。

横長の広告に余白を存分にとって、中央に「7」限りなく捨てることで本質が浮かび上
がる。Appleのこの姿勢大好きです。

WWDCで発表されると確実視されているiOS7。いったいどんな興奮をかきたたせて
くれるのでしょうか。楽しみです。

 ついでに、これは、どうもOSX新バージョンのロゴのようです。

これまた、意味深な広告です。

NewImage 

 

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

「ミスト」戻らない笑顔。

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

sinjyuku136-DSC_2056

 

  「ミスト」


前から観ようと思いながら、どうしても腰が重く、観ていなかった映画

「ミスト」を観ました。

腰が重かった理由は、それが父と息子の話だったこと。それも、ちらち
らとした噂では、かなり悲劇的な結末になるようす。息子を持つ親とな
ってからは、どうしても他人事には観られなくなり、観る気がおきなか
った。

じゃあ、なんで観たのというと、ぶっちゃけ、GyaOで無料で観れたから。
休みの午後、ちょっと時間が出来たら暇つぶしに観てしまいました。

案の定、ちょっとトラウマになりそうな結末。親としては辛いですね。

だけど、映画としての出来はとても良く。ちょいとB級テイストがいい
あんばい。それにしても役者がいい。アメリカの役者の幅の厚さにいつ
も感心させられる。

この映画もさほど有名な俳優は出てきてない。だけど、とても味がある
いい演技をしています。何よりも、いい顔をしている。協力的な、ちび
眼鏡のスーパー店員がとても勇気のある行動をしていて好感を持てまし
た。それに、一見弱そうなのですが、ガンの名手という落ちもあったり、
意外性がとても楽しい。

閉ざされた空間の中での群衆劇の中、カルト的な宗教問題や(ただ、狂
信的な女性はキリスト教ではなく、ユダヤ教みたいでした。キリスト教
とユダヤ教では根本が違う。話の中で、贖罪つまり血の代価が必要な
恐怖の神。それは厳格な戒律を必要とし、誤れば具体的な死おも下され
る神)、そして、貧富の差、都会と田舎の立場等々、アメリカが持つ
々な問題点も浮き彫りになって来て、 
それぞれの言葉の掛け合いと、
行動でぐんぐん引っ張りながらみせてくれます。

原作はスティーブン・キングですが、彼の作品はいつも牧歌的な田舎の
慎ましい家族の消滅を描きます。作品の冒頭、男の子の無邪気な笑い声
が、見終わった後頭の中で、深くこだましました。

もう少し、待てば再びあの笑い声が聞こえたのに、実に、トラウマな
映画でした。でも、いい映画でした。 でも、やっぱりもうちょっと、
救いが欲しかったなあ。でも、そうしたら締まりの無い映画になって
ただろうなあ。 

sinjyuku136-DSC_2074

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

いいツールにはいいケース。それは鉄則!ROBERU KOWAKI黒登場

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

tibasanpoDSC_1856

 

NewImage

  2013年5月29日水曜日 10:08iPad mini + モレスキンのカバン「ROBERU KOWAKI」に黒が登場TAROSITE.NETtaromatsumura

 

iPad mini、モレスキン、ペン2本、パスポート、名刺と、カバンの中で細々したものをまとめ上げ、仕事の最小単位を作り出すROBERUの革カバン、「KOWAKI」に、透き通るような美しい黒の新色「KURO」ができました。

iPadminiを買ったら、出来るだけシンプルに、機能的に持ち歩きたい。そして、心地よく。
そんな、わがままに十分答えてくれそうな、革ケースです。

VIVA JAPANのKOWAKIのページで、KUROを選んでみて下さい。

いい万年筆を買ったら、次に買わなければいけないのが、いいペンケースだといいます。
同じく、最高のツールであるiPadminiを買ったら、次はいいケース 。

このケースはまさに次に手に入れるべきものでしょう。

まあ、僕の場合は、先にiPadminiですけど。楽天ポイントがそれなりに貯まったので、
iPad2をオークションに出し、楽天で中古狙いでもしようかなと思っています。
次期iPadminiの発売との噂も聞きますが、欲しいときが買い時ならば、近いうちに手に
いれたいな。 

 

tibasanpoDSC_1850

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

知恵の防衛には紙の手帳が一番!?「インターネットの父」の1人として知られるVinton Cerf氏の警告

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

oze-japan-2013

 

  2013年6月7日金曜日 13:48「インターネットの父」の1人、「今あるデータが将来読めなくなる」ことに対し警告スラッシュドット・ジャパンdanceman (posted by hylom)

 

「インターネットの父」の1人として知られるVinton Cerf氏が、今日作成されたデジタル・データが将来読めなくなると警告している

この間「武士の家計簿」という映画を観ました。江戸末期の下級武士が日々つけていた
家計簿が物語の元になっています。

現代まで武士がつけていた詳細な家計簿が残っており、当時の貴重な武士の生活が垣間見
えます。

いつも思うのですが、石盤や紙で今まで人は記録を残してきました。それは、数百年経っ
ていても残り、伝えられています。 しかし、デジタルデータではそれは難しいのでは
ないだろうかと。

ほんの数十年前のデータが、今では開くことも、読むことも出来ないことがあります。

データで情報を記録することは、年々便利になっています。EvernoteやDropbox、
Facebookなどクラウドサービスも急成長して欠かせない存在です。しかし、それら
は完全に永遠とはいえません。いつ、明日でも突然消えてしまうこともあります。

そうなれば、手元にない分、一瞬で積み重ねた知識は消えてしまします。

PCやクラウドで、データ活用の利便性と重要性が高まるほど、真逆なアナログ的
知恵の保管方法に先祖返りするかもしれません。

僕も今、手帳はほぼ日手帳を使って、日々せっせと記録しています。手書きの手帳
が根強い人気があり、クラウド花盛りの現代でも、全く廃れそうではありません。
きっと、データの持つ儚さを我知らずに感じ、その為の知恵の防衛として使われて
いるのでしょう。

oze-japan-2013

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...