「シャイニング」の姿

tiba_sanpo_tiba_0397 

映画館で観るとさっぱり分からず、もやもやしたまま映画館を出る。そんな映画があり
ます。面白くなかったのだけど、面白いというか、妙に引っかかる部分があり、何度も
頭の中でリプレイされる映画。初めて観た「ブレードランナー」もそうでした。

そして、この「シャイニング」もそう。

自分の中では、スタンリー・キューブリックという大監督の老年の失敗作として烙印を
押したつもりだったのですが、意外と周りの人の意見を聞くと名作の誉れが高い。
確かによく分からんところは多いけど、巷に溢れるB級ホラーとは隔世の感がある映画
だと、褒めちぎられています。 

そこで、もう一度観ることにしました。

なるほど、DVDでじっくり見直すと、さすが達観した視点で構図を切り抜き、直線的な
恐怖感をカメラにのせて届けてくれます。役者の演技も取り憑かれた域に達し、ジャッ
クニコルソンは当たり前、婦人は心底本物の恐怖に満ちています。だた、キューブリッ
クがかなり心理的に追い込んだようですけど。

この監督は知的に研ぎ澄まされている分、一回や二回映画館で観るだけでは理解出来な
い映画作家なのかもしれません。映画ならば映画館で観るべきという常識を、この非情
に高い知性を持つ皮肉屋は、確信犯として自らにかしたのかも。

そう言えば知性の高い変人創作者として、ピアニストのグレングールドいましたが、
なんだか作り出すものも、その、人生スタイルも似たものがあります。

さて、「シャイニング」ですが、好きなところはそのカメラワークと構図。端的に切り
取った、言葉少ない映像の白眉。まさに教科書というところでしょうか。高く低くなめ
らかに、流れるカメラの氷のような恐ろしさには感嘆します。

また、物語を背後から支える音楽の確かさ。何でも無い風景が一瞬に暗黒に繋がる導火
線としての役目を受け持っています。

カメラと音楽だけでこれまで恐怖を醸し出すとは、後生に伝えるべき映画の教科書です。

もちろん、ジャックニコルソンの、恐怖に引きずり込まれる変幻自在の表情と声は王道
です。妻役の演技も常軌を逸するとはまさにこのこと。子供の演技もいいですね。
消えゆく正常な世界を静かに見つめている。まさに「シャイニング」としての存在を
見せてくれます。

ただ、多くの評価の通り、スティーブン・キングが描いたシャイニングとは別物です。
そして、キングが最も核心的に捕らえようとした部分をあえてづらしています。
キングの原作はあくまでも悪霊が導く超自然的な物語で有り、その中で翻弄される
家族の絆。父と子の物語です。

しかし、キューブリックは閉ざされた中で、創作の苦しみから、狂気の世界に踏み入
れる創作者の苦悩や、狂気。それに翻弄される家族の密室劇の色合いが強い。本来な
らば超自然的な部分は無神論者で高度な知性の持ち主の彼は否定したかったのではないか?
と、思わされます。

この、作者の意思と、監督の意思との、微妙だけど確固たる断絶が、私に居心地の悪い
思いをさせています。これはどうしようも無いことかもしれませんが、超自然的な部分
を捨てて、完全な創作者の苦悩と狂気に絞った方が、それこそ素晴らしい傑作になった
のでは無いだろうかと思います。作家の吐露を中心とした作風は沢山あり、フェリーニ
などは彼の最高傑作の一つとなっています。もしかしたら、この作品もそうなったかも
しれないと考えるに、少しばかり苦い残念感が口の中に広がるのは私だけでしょうか。

 

 

tiba_sanpo_IMG_0442

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

アシュトン・カッチャーの努力やいかに?ジョブズ米国上映

 

 

tiba_sanpo_IMG_0449

 

  アシュトン・カッチャーが「ジョブズ」になるために取り組んだこと

 NewImage

米国で、本日ついに「Jobs」公開です。

先ほども映画ジョブズのことを書きましたが、自分として危惧しているのが、アシュトン・
カッチャーの似ている度。確かにとがったハンサムだけど、ついこの間まで存命だったジョ
ブズに近づけたのか?

記事によると、ジョブズに似せるため、かなりの努力をしたと伝えています。

ジョブズのインタビューや、プレゼンを観まくり、好んだ本を読み、愛した芸術家を調べ、
内外からジョブズを捕らえようとしたようです。

その結果やいかに。すでに観た人からは良く特徴を捉えて、なりきっているとの言葉もあり
ます。日本ではまだ少し先の11月上映。その時にきっとカッチャーの努力が分かるでしょう。 

 

tiba_sanpo_IMG_0435

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

アメリカで「スティーブ・ジョブズ」先行上映。なんとMacの先駆者「Macお宝鑑定団」さん見に行った。

 

 

photo:D7000tiba_sanpo_IMG_0451

 

  全米で先行上映された映画「スティーブ・ジョブズ」レポート(レビュー付き)

 NewImage

全米で8月16日から公開される映画「スティーブ・ジョブズ」が、前日の8月15日21時(日本時間8月16日10時)に全米先行上映が行われたので、ニューヨークのAMC Empire 25で見てきました。

Macお宝鑑定団さんがなんとアメリカで行われた「スティーブ・ジョブズ」の先行上映
に参加してきた様子をBlogで書いています。

さすが、MacBlogの先駆者。遠いアメリカまで映画を見に行くとはなかなかの強者です。 

映画の個人的感想や評価と共に、細かく登場人物や、現実と映画の違いなどを書いてく
れて、観る前にチェックしておくとより深く映画が楽しめます。

正直個人的にはあまり触手の動かない映画で、今のところ観る予定は無いのですが、
評判次第では観てしまうかもしれません。 

 

photo:D7000tiba_sanpo_IMG_0444

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

新しいMacBookAirはスタバの主になってしまうのか!?何時間持つか大実験。

 

 

akita_DSC_2278photo:D7000

 

  新しいMacBook Airは、スタバで何時間ドヤれるのか? VAIO Proとの比較も

 

Haswell世代に移行してバッテリー駆動時間を大幅に伸ばした新型MacBook Air。出先のカフェで仕事をするノマドワーカーのドヤ顔っぷりもはかどるぞ!

新しいMacBookAirはとんでもなくバッテリーが持つようです。いろんなサイトで検証
して、その実力が嘘で無いことを証明しています。

たかがバッテリーといえども、出先で使うことが多い人には強い味方となります。
出張中の新幹線の中とか、街角のスタバとか、時間を気にせずいつでもどこでも仕事を
こなせるのは、本当に助かります。

今、MacBookPro15inchを使っています。だいたい4時間ぐらいは持ち、出先でかな
り使えるのですが、もう2時間使えたら一日気にせず使えるのにと思います。 そんな
願いをピッタリ叶えてくれるのが、この新しいAirに違いありません。

ただ、高速なCPU、力強いグラフィック性能、高精細の15inchRetinaディスプレイの恩
寵を考えると、どうしても踏み切れないのです、Airに。さんざん悩んだのですが、ど
うしても大は小を兼ねる的考えに傾いている私です。

それにしても、年々Airは成長しています。Pro顔負けになるのも間近かもしれません。
それ以上に、AirがProにいやProがAirになるのかも。私としてそれを切に願います。 

photo:D7000akita_DSC_2254

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

iPhoneにかかった電話をMacで取れる。

 

 

photo:D7000akita_DSC_2207

 

  iPhoneとMacをつないでハンズフリー通話を実現する『Dialogue』 

http://www.getdialogue.com/

NewImage

Dialogueは、iPhoneとMacをBluetoothでつないでハンズフリー通話を実現するアプリだ。 着信はPC上でポップアップ表示され、イヤホンマイクでそのまま会話をすることもできる。またメニューバーから直接電話をかけることもできるようだ。

ありそうで無かったアプリかもしれません。夢中で仕事をしているときにいちいちiPhone
を手に取らずに会話が出来るのは便利かも。 

 

photo:D7000akita_DSC_2208

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

ニコンがカメラの概念を変える!?大企業のジレンマをどう抜け出るのかニコンの発表。

 

 

 

photo:1V1

shizuoka_13_7_18

 

  だからこそ! ニコン決算説明会資料に見る現在のデジカメ市場と今後の展望

 

ニコンの2014年3月期第1四半期決算説明会の資料が公開されました。従来の連結純利益の予想を大幅に引き下げるという、かなり厳しい内容となっています。

これからのカメラ市場の舵取りはとても難しいのは誰の目にも分かります。iPhoneで
この間尾瀬を撮りましたが、驚くほど満足出来るものでした。また、ミラーレス一眼も
これ以上無いほど成長し、一昔のでかい一眼レフ以上の画質を得ることが出来ます。

ニコン社長、「カメラの概念を変えるような何か」を5年以内に発売と宣言。これから
のカメラの展開を踏まえて、ニコンの社長が大胆な発言をしています。

記事によると今後の施策として、以下の方向に舵を取ります。

・一眼レフデジカメは、エントリークラスで新製品へのシフトを加速。
・Nikon1シリーズの商品計画見直し。
・コンパクトも新製品の開発計画を見直し。

にこわんボディに、APS-Cもしくは、同等画質が可能な素子をのせるのでは?と記事に
書いていますが、私もこれは力を入れて欲しい。きちんとしたカメラ性能と、軽快な撮
影が出来る良いカメラなのですが、いかんせん1inch素子だと、どうしようも無く画像に
限界が表れます。

ただ、これからのカメラの概念を覆すには、ニコンは大企業過ぎるのではないでしょうか。
確かに意欲があったとしても、既存の製品を食い合う関係を、社内の様々な葛藤を社長と
いえども黙らせるのは至難の業です。

事実、ニコンの1V1の存在がその象徴です。あの無骨で簡素な、まさにニコンのカメラ
を象徴したようなデザインは、賛否両論を生みました。どちらかと言えば否が多かった
ぐらいです。だけど、あのデザインと、しっかりとしたシャッター音、そして、何より
も最高に見やすい、「今使っているD7000以上に」ファインダー。

このカメラがよくもまあ大企業の、それもカメラの伝統の権化であるニコンで企画が
通ったものだと感心しました。すべてに、新たなカメラを作ろうとするカメラ屋の意
気込みが伝わりました。

そこで、最後の最後いろんなミラーレスと悩んだ末に、1V1を手に入れたのです。

しかしながら、様々な、ほとんどの、批評に押されて結局は今の1V2の様な、カメラ
として完全に予定調和内に収まる安全なカメラを作ってしまった。確かに、軽くて、
グリップも良く、そして、フラッシュも内蔵された完全なカメラですが、そこには、
大企業故に一般大多数に評価されるための打算を感じます。

そのことが、これからのニコンの危惧として受け止められますし、数少なくなった
日本が優位を誇れる産業である、カメラに対する危惧とも直結します。この大企業の
ジレンマを、つまりはイノベーションのジレンマをどう越えていくのか?深刻な課
題です。

これだけ社長自身が危機感を持ち、ニコン、しいてはカメラの方向を憂いている現
状の中、この機会を千載一遇の起爆点として、カメラを新たな次元へ押し上げて、
新たな感動を呼び起こすものとして産み出してくれるよう、社長の言葉を期待しな
がら待ちたいと思います。

これ、良いカメラなんですけどね。このデザインで止まっちゃうのが残念。

photo:1V1shizuoka_13_7_20

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

iPhoneが企業を苦しめる!?「 ファナックにのしかかる、iPhone依存のツケ 」

 

 

 

 

 

photo:D7000

akita_DSC_2206

 

  ファナックにのしかかる、iPhone依存のツケ 

ファナックはここ数年、アップルのアイフォーン用アルミ製筐体を加工するEMS(電子機器の受託生産サービス)、鴻海精密工業に対して、ロボドリルを大量に納入。鴻海向けの売上高は11年度に523億円(ファナック連結売上高の9%)、12年度には869億円(同17%)と順調に拡大してきた。このうちの大半がロボドリルだとみられる。

ファナックといえば知る人ぞ知る工作機械の超有名企業です。特に産業ロボットや
NC工作機械と言われるコンピュータ制御の機器を世界中に発売しています。

そのファナックの低成長に、iPhoneが絡んでいたとは実に驚きです。

「風が吹けば桶屋が儲かる」の真逆のiPhoneがこけると、ファナックもこける。
iPhone一つが、日本の大企業に影響を与えるとは、改めてiPhoneのすごさを感じます。

9月前半には、新たなiPhone発売が噂されます。いったいどんなiPhoneになるのか、
私たちユーザー以上に、世界中の企業は戦々恐々で見守っているのでしょう。 

photo:D7000

akita_DSC_2302

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

コーヒーとたばこと会話の映画「コーヒー&シガレッツ」

つまんない会話がどんどん進む。それも、今や絶滅危惧種のコーヒーショップで
の喫煙を題材に。
個人的にはコーヒーショップでの喫煙は地獄に落とされた亡者
の気分だが、喫煙する人にとっては
これ以上無いほどの至福の時なのだろう。


こんな僕も昔は喫煙していて、それも、コーヒーや酒と一緒に吸ったときにび
っくりするほどのおい
しさに酔いしれてものだ。


そんな、おいしさに包まれた人々の、悲喜こもごもを何気ない会話の中で見せてくる。
事件など無く、死ぬわけでも無く、泣きわめくことも無く、話は転がるが、僕の心も転がる。
おもしろい。この監督はめっきり映画を撮っていない。少なくとも、日本では見かけない。
ようやく公開された作品だ。でも、つまんないと思っていた。白黒を観るのがおっくうになっていた。


話もちょいとなめてみると、コーヒーとたばこを真ん中に置いた会話劇。
まあ、ジャームッシュだから試しに観てみようかなと暇なときに見始めると案外止まんなくなった。


ケイトブランシェットの一人二役いいね。特に、セレブ側が何とも可憐で、それでいていろんな
ことに頭を巡らせて、それが表情や目線にすっかり表れるところが実にいい。
それから、超美人がなぜか拳銃の雑誌をめくりながら、たばこをくゆらせて、丁度良いあんばいに
砂糖とミルクを入れたコーヒーをたしなむ場面も良い。なぜか鋭い魅惑的な目線で前のほうを
ちらちら観るのだけど、いったい誰がいるのか?いい男なのか、それとも女なのか?
気になってしようが無い。
とにかく良い映画だった。

プラスチック製廉価版iPhone、iPhone 5Sへの指紋認証機能追加など



「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

shizuoka_13_7_74

新型iPhone関連の新情報 – プラスチック製廉価版iPhone、iPhone 5Sへの指紋認証機能追加など – WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

アップル(Apple)が製品組み立てを外注しているとされる台湾のOEMメーカー、ペガトロンの中国工場の労働環境を調査したNPO団体の報告から、廉価版iPhoneの存在を示す新たな証拠と思われる記述がみつかったと、9to5 Macブログが報じている。このiPhoneはプラスチック製の筐体で、また現時点では大量生産の段階には至っていないという。

高級機と低価格機を揃えて二極化戦略に打って出て、それぞれの
市場に最適化された製品を今後展開していくのでしょうか。

高い代わりに思い切った性能と、高品質を持つ機種。
基本性能を持ちながらも、高級素材を控えて手頃な値段
の機種。

それぞれの製品開発が容易になり、Appleが市場戦略の活性
化を狙ったものだとおもいます。




shizuoka_13_7_69




★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

Posted from Drift Writer on my iPad

ロボットvsパワードスーツ! 「第9地区」のブロムカンプ監督の新作SF『エリジウム』メイキング

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 

 

ロボットvsパワードスーツ! 「第9地区」のブロムカンプ監督の新作SF『エリジウム』メイキング映像2本立て(動画あり) : ギズモード・ジャパン

 

「第9地区」のニール・ブロムカンプ監督最新作『エリジウム』の新たなメイキング映像が公開されました。今作に登場するパワードスーツ(強化外骨格)やロボットたちが紹介されています。どれもワクワクするデザインですよ!

この監督の前作「第9地区」大好きなんですよね。 何度見ても飽きない。戦い方が生々しいというか、ずっと見てきた 親近感が画作りにでているのが凄みを感じます。

その監督の最新作!絶対見に行きます。 楽しみに待っています。




 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

Posted from Drift Writer on my iPad