USB-C変換を買えば万事問題解決と考えたのが甘かった。外付けHDD接続で悩み多し。



USB-C変換を買えば万事問題解決と考えたのが甘かった。外付けHDD接続で悩み多し。

USB-Cを使えるようにするために変換器を購入中

MacBookPro Mid2017はポートが全てUSB-Cになっています。個人的には小さいし、裏表無しに挿すことができてとても便利な規格だと考えています。

これからのインターフェイス規格としてAppleが選んだ事はそう間違ってはいないはずです。

それに、少し値が張りますが、変換機器もたくさん出ています。それを買えば問題ないはず。そう騒ぐこともない。

そこで、MacBookProを購入してから、必要な変換用周辺機器を購入しています。ただ、気になる点や問題点が出てきましたので、それを書いてみます。

スポンサードリンク



続きを読む

新しく買ったレンズのピント調整でニコンサービスセンターに持っていった



ニコンのレンズを購入したので、とりあえずはニコンのサービスセンターに持っていった。

ちょとピントが気になったので銀座ニコンへ

この間ニコンの40mmf3.8マイクロレンズを中古ですが購入しました。ただ、撮影していると少しピントがズレている感じだったので、銀座のニコンサービスセンターへピント調整と点検に持って行きました。

スポンサードリンク



続きを読む

MacBook Proのために多機能Type-C Hub変換アダプターを購入したのでけど。返品文化が日本でも必要と思った話。



MacBook Proのために多機能Type-C Hub変換アダプターを購入したのでけど。返品文化が日本でも必要と思った話。

MacBookProがUSB-Cしか無くなっても心配ない

MacBookPro Mid2017を購入したので、USB-Cを変換する必要が出てきました。ちまちま変換アダプターを買うよりも、いろんな変換が出来る変換アダプターを購入しました。

これで、全てのケーブルが来ても心配ない!

注文した時の話は、前にこのブログを書きましたので、興味を持った方は是非とも読んでみてください。

あるものを手に入れたので、「usb-c-hub」を買ってみた

さて、購入したのは

USB TYPE-C マルチハブ 2016 2017 MacBook Pro 13 15 専用 Thunderbolt3 HDMI USB3.0 SD MicroSD WorldPlus 製 UHC27H

スポンサードリンク



続きを読む

外付けHDDがフォーマットできない!困ってしまって最終手段、ターミナルを使って、HDDの初期化に挑戦



外付けHDDがフォーマットできない!困ってしまって最終手段、ターミナルを使って、HDDの初期化に挑戦

新しくMacBookProを手に入れ、一から環境を整え、ようやく使えるまで漕ぎつ来ました。この環境をTime machineでバックアップしようと、今まで使っていたHDDをフォーマットしようとしてもエラーが出て全く出来ない。

いろんな方法を試してみましたが、どうしても拒否されてフォーマットできない。いったいどうしたらいいのだろうかとネットを検索してみると、ディスクユーリティリィで駄目な場合、最終手段としてターミナルからコマンドを打ち込みフォーマットする方法が紹介されていました。

スポンサードリンク



続きを読む

最近矢継ぎ早に新製品を発表し、僕たちを魅了しているAdobeから、価格改定のお知らせ。いよいよ刈り取りの季節か!?



アドビ、「Adobe Creative Cloud」などの価格改定を予告 2019年2月初旬から新価格

Adobe Systemsは12月14日(日本時間)、「Adobe Creative Cloud」や「Adobe Document Cloud」およびAdobe Captivate製品群の価格を改定することを発表した。新価格は2019年2月初旬から新規ならびに契約更新時に適用されるという。

ちょと、気になりすぎる記事。いったい幾らになるのだ!

スポンサードリンク



続きを読む

あくまでも趣味の話。竹内まりあが海外で人気急上昇中



あくまでも趣味の話。竹内まりあがなぜか海外で人気急上昇中

何気なくニュースピックスのニュースタイトル眺めていると、海外で竹内まりあの「プラスティック・ラブ」が人気だとの記事に目がとまりました。

今更ながら、それも海外と不思議に思い、記事を開きました。

どうも、YouTubeで彼女の「プラスティック・ラブ」が配信されており、それを観た海外の人が夢中になっているようです。

スポンサードリンク



続きを読む

MacBookPro15inch Mid2017のキーポードを使っていて。思ったこと。



MacBookPro15inch Mid2017のキーポードを使っていて。思ったこと。

賛否両論のMacBookProキーポード。個人的には使っていて、思ったより使いやすいと感じています。でも、キーストロークの深いものに慣れている人にとっては、確かに打ちづらいかもしれません。

それに、親指シフトを使っているので、ローマ字入力よりはキーを打つ回数は少ないので、そう感じているのかもしれない。

よくできているとは感じていますが、これは使い方や好みによってかな変わる、くせの強いキーポードには違いありません。

スポンサードリンク



続きを読む

新しいMacBookProだから新しい環境を整えたらIllustratorCS3が認証されなくなった悲しい話



新しいMacBookProだから新しい環境を整えたらIllustratorCS3が認証されなくなった悲しい話

この間、念願のMacBookPro15インチ Mid2017を手に入れました。そこでこの際だからOSやアプリも全く新しくしようと、一からインストールすることにしました。

長年、Timemachineで復旧していたのですが、使わないソフトをインストールしていたり、昔からの設定が残っていたりすると、不具合の原因になるようなので、新しい酒には新しい皮袋と先人の教えに学んだのです。

が、これがIllustratorとの永遠の別れになるとは、この時は知る由もなかった僕なのです。

スポンサードリンク



続きを読む

iPhoneでぶらぶら撮影。銀座の街を久しぶり。写真をどうして撮るのでしょう。



iPhoneでぶらぶら撮影。銀座の街を久しぶり。写真をどうして撮るのでしょう。

久しぶりに銀座に行く用事あがあり、歩いているとどうしても写真が撮りたくなってしまったのです。

しかし、カメラは持って無し、一体どうしたものやらとポケットを探したら、iPhoneが手にありました。

スポンサードリンク



続きを読む

大切なMacBookProを守るために、保護用品を購入しました。「トラックパッド周り保護シート」「キーポードカバー」



大切なMacBookProを守るために、保護用品を購入しました。

一番心配なのはMacBookProの汚れ

常に持ち歩くMacBookPro。一番の大敵は汚れです。いつも、使うときには手を洗ったりして、綺麗な手で使うようにしているのですが、やはり使っていると使用感が出てしまいます。

汚れや使用感をなるべく少なくしたい。そのために保護ツールを購入しました。

スポンサードリンク



手が当たるところに見事に合っている保護シール

常に使っている場所と言えば、トラックパッドとその周辺。その部分を保護するために、MacBookPro 15inch 2017にぴったりな、保護フィルムとシールを購入しました。

購入したのはAmazonで適当に検索し良さそうだったこの商品。

NEW 15インチMacBook Pro 2016-2018用 トラックパッド保護フィルム 内側保護シール (スペースグレイ)

確かApple系のYouTubeでこの製品のことを紹介しました。

MacBookProにぴったりのデザインで、違和感が少なく、せっかくの美しいMacBookProのデザインが損なわれない。

結構高い評価をしていました。

これなら間違いはないだろうと購入。次の日には届いて、早速貼ってみした。トラックパッドは簡単でしたが、腕の部分の保護シールはトラックパッド部分がかなり細くて、気をつけ慎重に張りました。

見た目も一瞬張っているかどうかわからないほど合っています。手触りも悪くありません。これなら、快適に使えそうです。

ただ、好みなのですが、表面がザラッとしています。個人的にはトラックパッドの感触はヌメッとしている方が好きなのですが。好みの問題です。

これは一番の必需品。キーボードカバー

購入したのはMacBookPro 15inch 2017です。

ということはキーボード不良問題があるってことです。

そのために対策をしなくてはいけません。そこでキーポードカバーを探してみました。ただ、キーボードにカバーをつけるのはとても嫌いで、打ちづらくなり効率がとても悪くなります。

それでも、キーポード不良問題があるので、予防策としていけないわけにはいかない。出来るだけ、薄くて違和感のないものを探してみました。

保護シートはAmazonだったので、今度は楽天で。なんてことはないのですが、たまたま楽天で良さそうなものがあり、それを購入しました。

購入したのはこのキーポードカバー。

税込で1,944円と結構しました。0.1mmの超薄型でMacBookProのキーボードに付けても違和感がなく、打ち具合も良さそうな感じなので、思い切って購入しました。

MacBookProに付けてみると、確かに見事にフィットして一瞬つけているかどうかわからないぐらいです。いかにもという野暮ったさはありません。

打ち具合も、思ったほど違和感はありませんでした。ただ、付けていないのと完全に同じとはいきませんので、これは慣れるか、我慢するしかなさそうです。

キーポードカバーとしてはできのいい方ではないでしょうか。

色々と使う前に散財してしまって困ってしまう

MacBookProが来て、すぐに使おうと思いつつ、色々考えるとあれもこれも必要なので、ついつい買い集めています。

MacBookProだけでも、結構なお金だったのに、周辺ツールでまだまだ出費が増えそうで。

安心して、快適に使えるまで、あとどれぐらい出費が必要なのが、戦々恐々ですが、楽いく安全なMacライフを確立するため、財布の紐を緩めていくつもりです。







↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ