今月でWindows10の無料配布が終わってしまうので、Parallels Desktop 11 for Macを購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る





 

Parallels10

今月でWindows10の配布が終わってしまうので、Parallels Desktop 11 for Macを購入

VMware Fusion7を使ってMacでWindowsを動かしていたのたが、 今使っているOSXのEl Capitanに正式対応していないせいか、どうしてもWindows 10にアップデートできない。

やはり、El Capitanに正式対応したバージョンならば、Windows 10にも対応している上、速度も速く、安定性も高くなっているはずだから、 前々から行うつもりだった、仮想化ソフトの買い替えをすることにした。 

スポンサードリンク


使いが慣れているし、今まで使って問題なかった VMware Fusion8にするはずだったが、ある事情でアップデート版を購入できず、標準版を購入すると一万円近くしてしまう。

そこで、ライバルソフトの「Parallels Desktop 11 for Mac」はどうだろうとを調べてみると,標準版は8500円。千円安い。これでもとってもお買得なのだが、もう一息5千円ぐらいでなんとかならないかと思ったら、なんと、乗り換え版では4900円と書いている。

ライバルソフト。そう、今僕が使っているVMware Fusionを使っていると、この低価格で最新の「Parallels Desktop 11 for Mac」が使えるのだ。

Parallels8

 

これならば、射程距離範囲。評判もVMware Fusionと拮抗しているので、使えなくて 泣きを見ることはないだろうと、ポチッと購入してしまった。

 

Parallels

 

購入したのは、ダウンロード版。速攻、購入手続きを終了させて、サイトから ダウンロード。そのままインストールしてソフトを立ちあげた。

Parallels3

 

とても便利だったのが、VMware Fusionでの仮想化データ一切合財を移行できる機能。VMware Fusionで作成された、Windows7の仮想化データを選択すると、そのままParallels Desktopで使うことができるように移行してくれる。いちいちWINやソフトを1日かけてインストール必要がなく、すぐ使うことができた。この辺はact2のサイトで詳しく紹介していて助かった。

https://act2inc.zendesk.com/hc/ja/articles/205059799-VMware-Fusion-で使用していた仮想マシンの移行方法 

Parallels7

インストールして、基本的な設定を済ませ、簡単な動作確認をして、問題ないことを 確認したら、不要になったVMware Fusionをアンインストールしてデータ量を削減。 これも,方法が説明されている。

https://act2inc.zendesk.com/hc/ja/articles/203181515-VMware-Fusion-のアンインストール方法

移行後、立ち上げてみると、Windows7の再認証。それは、認証画面で認証ボタ ンを押すだけで再認証された。それから、マイクロソフトオフィスはどうも認証が移行されておらず、 一旦、全てをアンインストールして、再インストールする必要があった。

一番心配していた、ネットワークプリンターも問題なく使用できた。正直、 Windowsを入れたのは、会社のプリンターを使うためだけ。だから、これだできないと なんのための仮想化ソフト刷新なのかと言う話になってしまう。

とりあえずは今のところ問題なく使用でき、胸をなでおろしている。

ただ、はじめは使い勝手が今ひとつ分からず、四苦八苦した。なんだか、操作の洗練度は VMware Fusionの方が上の感じがした。とにかく、いじっていたらなんとか使えたみたい だったVMware Fusionに比べて、しっかりと、説明書を読んで理解してから使って見てね なんて感じのするParallels Desktopだ。

それに、少しレンイボーマーク。くるくるがよく出るような気がする。それに、ソフトの動きが少しばかりギクシャクしている。これは、すこし残念。でも、基本的には満足いく動作状態なので、こんなもんだろう。

Parallcr

それから、使い始めの時になぜだか、表示方法が使用しているアプリのみ表示する「コヒーレンスモード」になっていて、それをどう解除していいのか分からなかった。結局、上のバー にあるParallelsのアイコンをクリックして、表示を選択し、「Cherenceを終了する」 を選択する必要があった。VMware Fusionは表示を切り替えるときには、別の表示方法を 選択するだけだったから、ツーステップが必要だったわけだ。

Parallcr2

簡単なんだけど、この一手間がなんだかとても理解しづらかった。

もちろん便利な点もたくさんあって、なによりもとても安く手にはいったので満足はしている。これから、本格的に使いはじ めていくが、その中で、満足不満足いろいろ出てくるはず、気が向けば、そんなことを書いて いきたい。まあ、悪くはない買い物だったと思う。

そう言えば、当面の目的だったWindows10のインストール。試してみたので、それも 後日、書いていきたい。これも、気が向けばの話だけど。








↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください