スリランカで全ての人へインターネットを。気球でインターネット接続「Project Loon」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

↑この記事のネタ元です。

スリランカ政府が現地時間28日、グーグル(Google)が研究開発を進める気球を利用したインターネット接続サービスの実験プロジェクト「Project Loon」について同社と提携していくことを明らかにしたという。

気球を使って、インターネットを使えるようにしようという話しはかなり前から 出ていました。ただ、一向に現実的に運用されないので、頓挫したのかと思っていたら、 Googleとスリランカ政府が組んで、気球による無線ネットワークサービス「Project Loon」 を展開する記事が紹介されていました。

スリランカで来年3月までに国土全体に3G接続網を展開を予定しており、グーグル側ではこのために、 13機の気球を、スリランカの上空約19kmの成層圏内に配置する予定とのこと。各気球は直径40kmの範囲 をカバーするようです。気球は使用期限が決まっており、100日ごとに交換される予定です。これが、長いのか 短いのか微妙なところですが、煩雑にメンテが必要なのは、プロジェクトのネックになるかもしれません。

記事では、

スリランカの人口は現在2000万人を超えているが、そのうちモバイル経由のインターネット利用者は約280万人、有線インターネット接続の契約者数は60万6000件と、全体のごく一部に留まっている。同政府では、Project Loonの取り組みを通じてネット接続サービスの提供範囲拡大やサービスの低価格化を進めたい考えとされている。

と伝えています。インフラを整えるには、膨大な予算が必要になってきます。それを軽減し、新興地区にもインターネット等 通信インフラが出来るかもしれない、重要なプロジェクトになります。ただ、まだ正式にサービス開始とは至っておらず、覚え書きの段階とのことです。

 

 

 




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*