親指シフトが良さそうですけど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

#094: 法律学者?写真家?Appleフリーク?Shiology塩澤一洋先生に聞く新しいMacBookとApple Watchと先生のこだわり

BackSSpace094 

backspace.fm #094は、ブログshiologyでも有名な塩澤一洋先生(通称塩先生)をゲストにお迎えして、新しいMacBookから先生のこだわりの日本語入力環境、更には、思わず買ってしまったというApple Watchについてのファーストインプレッションなどなど、多彩な先生のこだわりについて聞いてみました。

親指シフトって、やっぱりいいものだのだろう。
名だたる、作家やライターがこぞって薦めている。
ローマ字入力よりも、素早く誤変換も少なく入力
出来るようだ。

日頃、ブログを書いたり、仕事で資料を作ったり、
Mailを書いたりしている。やはり一日で書く作業は
多い。

それならば、入力方法を考え直してみてもいい。
PCを使い始めてから、ローマ字入力だったから、
体に染みついていて、それが、当たり前だと考
えている。

でも、ローマ字入力は正直、指がもつれるぐらい
の、打数の多さを必要とする。考える以上に、
無意識で多くの選択をしている。効率が悪い入力
方法なのかもしれない。そう、親指シフト派の人
も言っている。 

でも、今更ながら、親指シフトには変えられない。
正直な話し、ブラインドタッチで、支障も無く打て
ているのだから変えることはない。本音を言うと。

面倒くさい。それ以上でもそれ以下でも無いのだ。 




★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください