新しい世界を見たいので、新しいレンズを購入しました。「SIGMA 17-70 F2.8-4 DC MACRO」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る





 

Siguma1770 4

新しい世界を見たいので、新しいレンズを購入しました。「SIGMA 17-70 F2.8-4 DC MACRO」

↑この記事のネタ元です。

Siguma1770 1

ニコン標準レンズを使っていたのですが、調子が悪くなってしまいいつ壊れるかわからない状態だったので、新しいレンズを購入しました。

Siguma1770 2

購入したのは、評判のいい標準レンズの一つ、「SIGMA 17-70 F2.8-4 DC MACRO」標準のズームレンズでありながら、なんちゃってマクロも使える優れもんです。

スポンサードリンク


このレンズ、最近の比較的に手頃な値段な割に、作りがとてもいい。しっかりとした金属筐体はモノ好きの心をくすぐります。どうして、この値段でこんなにしっかりとした物作りができるのか世界の七不思議。なんて思っちゃいます。

愛用のニコンD7000に取り付けるとこんな感じ、このレンズの大きさかとてもあっています。まるで、このために作られたような感じがとても嬉しい。

Siguma1770 3

手に入れたなら写さないと始まらない。せっかくだから、最高の被写体を探しに撮影旅行でも行きたいのですけど、時間も、お金もないもんだから、近所をふらふらカメラを担いで撮影をしてきました。

Tiba201723 2

Tiba201723 5

Sanpo01727 2

Sanpo01727 6

Sanpo01727 9

Sanpo01727 11

Sanpo01727 12

 

レンズで写真は変わるといいますが、標準レンズとは全く違う色で、初めはちょとイメージが違って失敗かなと思ってしまいました。ただ、精細な絵作りはさすがで、評判が伺えます。それに、1日経って写真を見直すと、予想以上に濃い色合いは、個性的な味付けの癖になるものだと実感し、濃淡のコントラストの高い陰影は、これはこれで良く、精細で、自然な色合い、きめ細やかな光の表現を得意とする日本メーカーのレンズとは、対になるものです。

単純に同じような色合いで作ったなら、どうしても個性が埋もれてしまい、固定化しているカメラ好きが見向きもしない。そこで、より個性的な方向に進めている感じがします。

今回、改めて実感したのですが、レンズはとても個性のある代物だってこと。レンズの色合いや描写がそれぞれ大きく違っている。だから、単純に評判やら、機能数値とかで選んでしまったら、出てきた画が自分の撮りたい画とは違い、自分が求める作品として成り立たない。そんなことが十分あります。

このレンズはニコンらしいものとは、とても違います。ニコンの標準レンズで見てきた世界とは全く違います。その世界に自分の感覚を合わせる必要があります。それができないと、次の世界は見えないのですから、仕方がありません。この、SIGMAが作る画と仲良くやって行きたいと、楽しみたいと思っています。

 

 

 

 








↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。