かくも世界のCEOはロケットに夢中になるのか?SpaceXがロケットの新技術を開発。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る






 

Iridium 2 Mission SpaceX

↑この記事のネタ元です。


再利用ロケットを開発し、宇宙事業低コスト化と、打ち上げのペースアップを着実に前進させているSpaceX(スペースX)。今週末、同社は”ほぼ”48時間以内に2本のロケットの打ち上げと着陸に成功しました。

宇宙開発は世界中の国々が積極的にやっています。しかし、国主導ではなくて、最近は民間企業が宇宙開発に、熱を上げて積極的に開発を進めています。そういえば日本でもホリエモンが夢中になっているようで、自身が広告塔になって、宇宙開発の価値を訴えていました。

スポンサードリンク



そして、世界の名だたる企業SpaceXのCEOのイーロン・マスクこそ、その最前列を走っている人です。資産をつぎ込んで、常識を覆すほどの開発を進めています。

ロケットの発射というと、何年もかけて準備をしてやっと一台打ち上げるのがやっとなのですが、今回、「ほぼ”48時間以内に2本のロケットの打ち上げと着陸に成功」と、驚くべき結果を出したとのことです。

またこの成功に止まらず、ロケット打ち上げのための新しい技術を開発しているとのことです。次回のの打ち上げでは新品のロケットと新開発の「グッリド・フィン」を採用しました。

グリッド・フィンという技術で「より大型でアップグレードされた、チタンを鋳造しカッティングした極超音速グリッド・フィンを利用する。これにより、再突入の熱にもシールド無しで耐えられるはずだ」と、イーロン・マスクが語っています。

宇宙開発はあんまり日本では噂されていませんが、今後の国の趨勢を決めるぐらいの重要な産業になると、どこかの学者が言っていたことを思い出しました。日本の今後の展開はよくわかりませんが、確かグーグルやアマゾンでも人工衛星や、ロケットなど宇宙産業に熱を上げていたはず、世界的な企業のCEOを夢中にさせる宇宙産業。今後どうなるのか、気になるところです。









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*