スティーブ・ジョブズに惹かれるのは、創造するためだけに使えるものを情熱で作り上げたからかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る






 
nagasaki2016122-11

↑この記事のネタ元です。


もしスティーブ・ジョブズに何らかの才能や資質があったとすれば、それはこの燃えるような情熱だけである。その情熱は、あまりに熱すぎたため、スティーブ自身も火傷することになった。

最近は少し落ち着いたのですが、やっぱり、スティーブ・ジョブズの話題には、目が止まります。やっぱり、Apple製品を愛している身としては、どうしても惹かれてしまうのでしょう彼のことが。

今度、また彼の伝記が発売されたようです。何か本を読みたいと思っていた矢先だったので、思わずKindle版を買おうかなんて思ってしまいましたが、お値段が結構するので、今は踏みとどまっています。でも、そのうち買っちゃうのだろうなあ。

スポンサードリンク



nagasaki201612-167

紹介しているブログを読むと、この伝記で描かれる彼はとても人間的で、単なる傍若無人な天才だけではなく、様々な影響を受けて、人としての成長いるとのことです。

このブログを読んでいて、なぜAppleを好きになって、今、使っているのか思い出しました。

最高のものを作るために情熱を最大限に傾けて、通常の技術屋が技術に溺れて、不必要で洗練されず帰って使えないものにしてしまった製品を、劇的に美しく、心地よく、使えるものに変化させてくれました。

技術系の仕事をしながら、機械音痴の僕としては、何も考えずストレートに使いたいことが使えるMacやiPhoneに心から感動しました。

もちろん、技術力も知識も溢れている人には、必要としなかった変化ですが、使うたびに頭をひねらないといけなかったり、あれこれ手を動かしていじらないといけないものだったとしても、ゆうゆう使いこなせるでしょう。それに、その面倒くささを難なく使いこなせることが、その人のステータスとなっていました。

ただ、難解な物理の法則を解き明かすような操作方法を身に付けるのが目的ではなく、僕たちは何かを創造するために、使いたいのです。その、シンプルかつ重要なことを、Apple製品を使っているとしみじみ思い出します。

Appleがその根本的な利点を無くさなければ、これからも頑張って使い続けたいと思っています。ちょっと、お金はきついのですが。

nagasaki201612-169









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。