カメラ

いい写真にはいいレンズ!分かっちゃいるけど何とやら

 

  いい写真にはいいレンズ!分かっちゃいるけど何とやら。

 

 kginza155-8

 

「カメラを買い換えるより、気に入ったレンズを買え」と
田中長徳氏がカメラ雑誌に書いていました。

今、NikonD7000を使っていますが、少し前のカメラだから、
映像エンジンが古い。そのせいか、発色がいまいち気に入りません。
もう少しお金があったら、買い換えようかなと考えていました。

そんな、軟弱な考えを持つ僕に対して、長徳氏のレンズ論は
胸に刺さった分けでございます。

 

kginza155-5

 

いい写真には、いいレンズが必要。そんな話をよく聞きます。
ただ、カメラに重きを置く僕は、やっぱり、いい映像エンジンを載せて、
高解像度の素子を持った最新カメラを持てばいい写真が撮れると思って
しまう。

 

kginza20154-14

 

現実にいいのは違いないのだからと。

でも、やっぱり、はじめから付いてくるキットレンズじゃなく、
選び抜いたレンズを買って、使い倒した方がいいのだろうか。

 

kginza20154-7

 

今、気になっているレンズがあります、Nikonの50mm/f1.8レンズ。
とにかく安いのがいい。安いけど基本はしっかりしている、1f.8の
大口径。背景が気持ちよくボケてくれそうだ。巷での評判もいい。

やっぱり、これを買っちまおうかな。

でも、最近小型でよく写る、SonyのRX-100も魅惑的。
しょっちゅう、一眼レフを持ち歩くには行かないし、それならば、
同じ2万円を出して、RX-2の中古でも買おうかなんて考えている。
悩むばっかりで、身動き取れない。困ったものだ。 

kginza20154-15

 

 

 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

高級コンデジ買おうかな。

 

 shizuoka1412- (8 - 10)

 

  一眼から高級コンパクトの時代がやってきている?

  

一眼レフを無理して買うくらいならコンデジの方がいい。今日はそん
な話をしようと思います。もしあなたがボーナスで一眼レフを買おう
と考えているならば、この記事を最後まで読んだ方が良いかもしれません。

最近のもやもやした気分を見事に表している記事だった
ので、思わず書いている。

いまのところカメラはNikonD7000を使っている。とても
いいカメラだと思っている。だけど、持ち出すのには、
結構、覚悟がいる。

ちゃんと写真を撮るぞと言う決意と、物理的な重さを覚悟
しなくてはいけない。もちろんそれだからこそ、“いい写真”
が撮れるのは違いない。先人もそう言ってらっしゃる。

だけど、仕事の合間やら、出張のぶらり歩きとかで、一眼
を持ち歩くのは、ちょっと違う。ちょっと疲れる。

ポケットに忍ばせて、何気なく入り込んだ路地の、陰影を
気分次第で撮りたい。

そんなカメラは、高級コンデジが一番だと判っている。

だけど、いろんな事を考えて、いろんな場面を思い描いて、
結局、D7000を手放せず、箱の中の飾りとしているのだ。

子供も大きくなったり、さほど撮る行事もないから、
やっぱり、ポケットに入るGRあたりしてみようか。
APS-Cになったことだし、価格もかなり下がってきた。

昔、GRⅡを使っていた。小さいけど、切れ味抜群の
画が撮れた。胸ポケットに忍ばせて、フォーカス固定で
絞りを8ぐらいにして、パンフォーカスでバンバン撮って
いた。

自分の意図しない人が、待ちが、飛び込んで、意識を超
えた作品が生まれた。あの感動を、快感を、なによりも
写真を撮る事への純粋な行為を、もうこれだけコンデジが
成長したのだから、再び手に入れてもいいかもしれない。

 

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

NikonD810発表!期待するのは「EXPEED4」確実な発色をNikonは手に入れるか。

 

 

 

 

sanpo144-8 

  昨日 23:10 ニコンD810発表、撮像センサーや内部構造を刷新し振動を抑制。7月中旬発売、34万8300円 Shinichi Sekine Engadget Japanese

 ScreenshotNewImage

 

ニコンはデジタル一眼レフカメラD810を発表しました。35mmフルサイズのイメージセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラの中級機で、2012年発売のD800/D800Eの後継機です。

D800からのマイナーアップデートで、細かく仕様を仕上げてきた。

変更内容は撮像素子、画像処理エンジン、内部機構の刷新、動画記録性
能の向上、連写コマ数の増加、液晶モニターの高精細化、AFモードと露
出モードの追加、光学ファインダー内表示光源の変更。

発売予定は7月中旬。価格はオープンプライス。ニコンダイレクトだと、
本体34万円税込、24-85mmレンズキットが40万5000円。

最近のNikonの製品ライフサイクルは、取りあえず出して置いて、その
後カメラとしては短いスパンで、バグ出しや、性能の改善等を行った
本命機種を出してくるパターンになって来ている。

Canonが、一度出せば細かなフォームウェアのバージョンアップで
済ませているのとは対照的だ。(それでも劇的に使いが手がよくな
るのだけど)

それ良いのか、悪いのか分からないが、本命が欲しいならちょいと
待てというところか。それにしても、まるでAppleのiPhoneのライ
フサイクルに似ているのが面白い。まさか真似したわけでないだ
ろう。

D810でとても気になるのが、画像処理エンジンが「EXPEED4」
になったこと。Nikonの色は癖があると、敬遠するひともいたが、
 EXPEED3あたりから、とても自然な発色のいい色を出すように
なってきた。Nikon1V1を使っているが、発色の確かさはD7000
以上だ。

Canonの牙城を奪うべく、日々錬磨していることがうかがえる。
今回のD810は、名実とも評価が高いD800が作った、ローパス
フィルターレスの超高画質カメラの地位を、盤石なものにしよ
うと放った決定打になる。そう、Nikonは考えているだろう。
きっと。
 

ちょっと、気になるのがD800がどれぐらい安くなるかだ。さすが、
名機と言われているカメラだから、価格のがた落ちはないだろう
けど、5万円Downぐらいにはなるのだろうか。(買えないけどね)

 sanpo144-12

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

iPhoneだけで感動を生む。Mac30周年記念し『”1.24.14″ Film』を公開

 

 

photo:1V1

futyu_14131__74 

  題名:米Apple、Mac誕生30周年を記念し「iPhone」だけで撮影した動画『”1.24.14″ Film』を公開

※引用元はこちら「気になる、記になる…

 

 

本日、米Appleが、公式サイトでMac誕生30周年を記念した動画『“1.24.14″ Film』を公開しました。

iPhone5sだけでこれだけの映像が撮れるとは
驚き。

創造が近く、広くなりました。 

photo:1V1

futyu_14131__57 

「知恵運びます」あなたの“知恵”をすべての人へ。

セミナー配信専用サービス“PAX・Seminar・Service”

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

エッセイを読みながら旅と友を考える。

 

 

photo:1V1

futyu_14131__82 

  題名:椎名誠氏の旅と友

エッセイを最近読んでいます。あまりビジネスには、
成功には関係の無い本ですが、読むにはとてもたのしい。

作者は椎名誠。旅した内容や、キャンプしたこと、日々の
ささいな出来事や、想いなどおもしろおかしく書いています。

日々、成功だなんだとせっつかれている現実を、頭の中から
放り出すには最高の本。

借金やら、仕事の不具合やら、上司との不仲とか、子供の
学費やら、押し寄せる現実の荒波に流されそうな今を、
一時忘れることが出来て、夢中になって読みました。

人生の舵をちょっと変えると、彼のような旅と、友情に
満たされた人生が遅れるのだろうか?なんて読みながが
思います。

気分転換に今度カメラを持って、近くの公園に旅に行って、
やるせない人生にささやかな抵抗をしてみようかな。
やっぱり、エッセイを読むのは愉しい。捨てちゃいけない。 

futyu_14131__83 

 

「知恵運びます」あなたの“知恵”をすべての人へ。

セミナー配信専用サービス“PAX・Seminar・Service”

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

一眼レフかミラーレスか。そのカメラは笑えるか?

 

 

photo:S110

sinjyuku14129_-39 

  題名:一眼レフ VS ミラーレス プロが選ぶのはどちら

※引用元はこちら「旅するフォトグラファー

 

 

プロのカメラマンが「ニコワンも使っているよ。あれはいいカメラだねえ」と嬉しそうに語る姿をぜんぜん見かけないから、やはりニコワンには何か物足りなさを感じるのだろう。

いつも楽しく読ませていただいている、プロカメラマン有賀正博氏
のブログで、プロは鉄壁の一眼か、はたまた追い上げ甚だしいミラーレス
か、どちらを今、これからてにするのか?そのことを書いていました。

実際の“写り”では、すでにミラーレスは一眼に肉薄し、それ以上の場面も
あるようです。特に、新参者のフジのX-E1など、某フルサイズの一眼より、
綺麗に撮れると知り合いが言っていたと書いている。

でも、やはりプロは仕事でミラーレスは使わない。事実、知り合いの
プロでミラーレスだけで仕事をしている人はほとんどいないと書いてます。

まだ、一眼の方がカメラの信頼性、それは、モノとしての部分と、
人としての心の部分双方、一眼が高く引き離しているとのことです。

カメラ自体の堅牢性、メーカーのサポート、レンズラインナップ等々
長年培ったプロに対する信頼が確固たるものとしてある。そして、
それ以上にお客に対し、プロが使うカメラとしてのイメージが大切
であり、ミラーレスだけだと信頼してくれないとあります。

事実、カメラの2台メーカー、CanonとNikon。双方、これだけミラー
レスが乱立している中、非情に動きが鈍い。CanonはEOSMのレンズ
ラインナップが3本しか無い現状。

僕は、あのデザインに何かしら時代に流され、間に合わせた妥協を
感じます。写りはいいらしいのですが。

そして、我がNikon。

思わず引用してしまった言葉に、Nikonのミラーレスの歯がゆさを感じます。
Nikon 1V1を愛機として使っています。軽くて、それなりに小さく、でも、
カメラとしての基本が詰め込まれている、愛らしいカメラです。

心地よいシャッタ音を聞きながら、散歩のお供に最高です。

でも、何か足りない、カメラとして大切な部分をあえて、手を抜いている
そんな気がします。具体的には、出てくる画です。それは、素子の小ささ
が原因だと思うのですが、せめてAPS-Cの素子か、同等の画質が得られる
専用素子を使い、APS-Cの一眼レフに負けない、画が出さえすれば、本当
満足するいいカメラです。

だけど、至れり尽くせりの感があるカメラなのに、肝心のそこはぽっかりと
抜けている、そんか感じがします。

Netでの評判は悪くないので、こんなものかなあと思っていましたが、
なるほど、このカメラの弱点みごとに言い当てています。

このカメラを持っていて、「いいカメラだねと笑えない」そう心から笑えな
いカメラなんです。

正直、1V1をこれからも使うか、本当に悩んでいる真っ最中です。
最近、CanonのS110でスナップを撮っていますが、色がとってもいいし、
光の具合に気をつければ、とってもいい写真が撮れる。何よりも小さい。

1V1の意味があまりない。CanonS110でこれだけ撮れるなら。

いっそのこと、1V1のキットを全て売り、APS-CになったGRにしようか
と、物欲が湧いています。昔、GRDigitalのⅡを使っていました。最高に
切れ味のある画が撮れて、大満足。ポケットの中のGRを手で確かめる
たびに、ニンマリ笑みがこぼれたことを思い出します。

思い出すに、これこそ「いいカメラだねと笑える」カメラだったのかも
しれません。

確かに、世界のカメラを牽引する二大巨頭のNikonとCanon。
「いいカメラだねと笑える」カメラの未来を、どんな些細な部分でも、
突き詰めて欲しいと願うばかりです。 

 

sinjyuku14129_-38 

「知恵運びます」あなたの“知恵”をすべての人へ。

セミナー配信専用サービス“PAX・Seminar・Service”

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

奥が深いiPhone写真術。

 

 

photo:D7000sendai201312-3

 

  題名:カメラ – iPhoneカメラを極めるの道 ~ノイズ除去編~

※引用元はこちら「[D] Drift Diary XV

 iPhone5s撮影オリジナルNewImage

iPhone写真で最初に不満に思ったのが写真のノイズ感だったんですよね。

写真一枚にすごい知恵を感じます。

iPhone5sでの作品作り奥が深い!

 

完成品 NewImage

 

sendai201312-1 

「知恵運びます」あなたの“知恵”をすべての人へ。

セミナー配信専用サービス“PAX・Seminar・Service”

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

インターネットって世界とつながっているんだなあとあらためておもったこと。

 

 

photo:1V1yokohama14120-22

 

  題名: インターネットと写真と心のつながり。

インターネットがこの世に出るか出ないかの時、
インターネットというやつは、世界とつながり、
ちょいと路地を曲がる感覚で外国人と知り合うす
ごいものだと、騒がれていた。

まあ、そんなことは現在死語となり、別段外国人と
知り合うことも無く、日本のそれも近しい中で、
うろうろしているのが関の山、これが現実です。

が、最近、やっぱりインターネットってやつは、
世界とつながっているんだなあと、思い知った事が
あります。

Photo:1V1

yokohama14120-20

それは、僕の趣味の写真から。

撮った写真をRAW現像し、jpegに替えて、ひたすら
FlickerにUPしています。年間料を支払い、Pro仕様
にしているため、際限なく写真をストックすること
が出来ます。

ですから、考え無しにとりあえずはFlickrに上げて
おけば、保管の心配や、整理のわずらわしさも無く、
実に便利です。

初めは、本当に自分個人の趣味のため、誰に見ても
らうことも考えずにいたのですが、それに英語だら
けだから、ろくに使い方も分からないし、面倒くさ
い。

 photo:1V1

yokohama14120-6

 

放っておいたのです。

が、何気なく項目を見ていくと、我が写真にどれぐ
らいが訪れているのか、見てくれているのかが分かる
項目が有り、それを開くと結構来てくれています。

そして、トップページにはどこかの誰かが、僕の写真
を気に入ってくれているらしく、トップページにお気
に入りに、登録してくれた方が表示されます。

さて、ここでインターネットが海外とつながってい
るという話になります。

 

photo:1V1

yokohama14120-5

 

そう、お気に入りしてくれている人が、すべて海外の
見知らぬ人たち。僕が日本のなにげない風景を撮った
写真が、縁もゆかりもない海の向こうで、気に入られ
ているとはこそばゆいやらうれしいやら。

インターネットは世界とつながって、心をつなげてい
るんだなと、しみじみ思った出来事です。 
なんだかべたな感想ですが。 

 

photo:1V1

yokohama14120-7 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 5.03をリリース

 

 

photo:1V1

oosaka201312-18 

  題名: Apple、「デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 5.03」をリリース※引用元はこちら

 NewImage

本日、Appleが「デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 5.03」をリリースしています。

canonのEOS M2と「Sony Cyber-shot DSC-RX100」で撮影された画像の
レンズ補正が正しく行われない問題と「Olympus OM-D E-M1」で撮影さ
れた一部の画像で色かぶりが生じる問題が修正しました。

 僕のMacもいつの間にかアップデートしていました。
でも、最近Aperture3は使っていないのです。 

photo:1V1

oosaka201312-11 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

iPhone6は手ぶれ補正がつくかも。あえて追わない高性能、追うのは一つ美しさのみ。iPhone。

 

 

 

photo:1V1

oosaka201312-57 

  題名: iPhone 6のカメラは光学手ブレ補正を搭載するも、画素数は800万画素のまま?※引用元はこちら

Screenshot 

iPhone 6でセンサーの画素数が上がらない理由として「iPhone 6のデザインを崩したくない(分厚くしたくない)」ことがあるそうです。確かに、スペックよりもユーザーの体験を重視するアップルらしい理由な気もしますね。

デザインを崩さないために、あえて高画素のカメラはやめ、その代わり
別の方法で美し写真を撮る。Appleらしい顧客への提供です。

iPhone5sは画素が同じでも。素子の大きさを大きくして、受光量を増や
しました。次期iPhoneでは光学式手ぶれを付けて、手ぶれのない鮮明な写
真を撮れるようにするようです。

カメラを撮ることも、iPhoneの大切な楽しみの一つ。
Appleの写真への挑戦は続けて欲しいですね。 

photo:1V1

oosaka201312-55 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!