スナップ

最近、静岡に行くことが多いんです。大好きな街なのでカメラを持ってぶらぶらスナップ!



最近、静岡に行くことが多いんです。でも、大好きな街なのでカメラを持ってぶらぶらスナップ!

最近静岡づいていて、ちょくちょく訪れます。もちろん仕事なんですけど、時間ができると愛用のNikonD7200にSIGMAの17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMレンズを着けてスナップを楽しんでいます。

静岡の駅前から続いている商店街は、活気があって歩いていてとても楽しい。不思議と皆が明るい表情をしていますので、静岡の住みやすさを感じます。

ちょと路地に入れば、小さいながら個性的でセンスの良い店と出会います。

スポンサードリンク



続きを読む

何気ない街角で“美しい人”を見つける。ビル・カニンガム氏の日常。

 

 

tokyo-daikanyama4511-47 

  一昨日 15:17 軽いが正義!Nikon デジタル一眼レフカメラ D3300をどこにでも持ち出せ Soh オーケーマック

  

撮りたいときに手にしているカメラが自分にとっては最も優れたカメラです。

やっぱりいつも持ち歩けないと良い写真は撮れないわけで、
軽くて、小さく、使い勝手のいいカメラが一番。

どうしても、昔からの写真好きは、大きくて思い一眼レフで
なければと考えてしまうのだけど、最近はそんなことはない。

オーケーマックさんも名機と言われたD7000から、軽いのが
正義とD3300を購入した。入門機の部類だけけど、なんと、
APS-Cサイズの素子で、2416万画素、ローパスフィルタレス、
画像処理エンジンも最新のEXPEED4である。

上位機種を食うほどの性能と、持ち歩くのが苦にならない小型
軽量。プロやセミプロ未満の写真好きなら必要十分に違いない。

最近本気でカメラをミラーレス一本に絞ろうかと考えている。
ただ、一眼レフの良さも捨てがたい、それなら、こんな機種も
悪くない。

さて、Blogの後半にはアメリカ、ニューヨークのストリートフ
ォトグラファー、ビル・カニンガム氏の事が書かれている。

正直あまり存じていなかったのだが、記事を読み、一発で心
ひかれてしまった。まさに、僕の理想のフォトであり、生き方だ。

人で賑わう街角を颯爽と駆け抜けながら、興味引かれる人々を
次々撮影していく。フォトグラファーにとって、人は最大の被
写体。様々な表情は多くの物語を生む。その瞬間を納めて芸術
に昇華させる。

いつもは何気なく通り過ぎる街角が、どんどん物語を紡いでいく。 

彼が首からさげているのがNikonの小型カメラのようだ。昔は、
僕も愛用していたFM2を使ってたと書いている。収まりの良い大
きさ。適度な重さ。シンプルな操作感の心地よさ。全てが撮影に
集中出来る良いカメラだ。シンプルに写真を求めるビル氏に似合
いすぎている。

Blogで紹介されているビル氏の言葉がいちいち素晴らしい。

気に入ったのがこれ。

  • 誰でもセンスはある。ただ勇気がないんだ。
  • 金をもらわなければ口出しされない。すべてに通ずる鍵だ。
  • 写真家じゃない。名乗ったら詐欺と言われるよ。
    ただ見たものを撮り記録しているだけだ。
  • 目には何度でも学ばせないと
  • “美を追い求める者は、必ずや美を見いだす”
彼のようにはなれないが、彼のように写真を撮ろうと思う。
特別なところに行かず、何気ない街にカメラを持ち出して、
その中で被写体を見いだし、いつの日か彼のように、
“美しい人”を撮ってみたい。
 

 tokyo-yuraku_ginza14510-26

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

CanonS110はコンデジだからと侮れないスポーツスナップのGoodな相棒

 

 

 

  CanonS110はコンデジだからと侮れないスポーツスナップのGoodな相棒

S1102013 10 08 2028

 

 

 S1102013 10 08 2024

 

最近CanonのS110を公私とも持ち歩き写真を撮っています。
正直初めはコンデジなんてと侮っていましたが、なかなかいい写りがするので
驚いています。 

tokyosanpo13108 (1)

確かに、明るいところと、暗いところの許容範囲が狭いので、白飛びや黒つぶれしやすく、
いい写真を撮るためには、光の具合と掴まないといけない。

だけど、それを上手に納めると、華やかな発色と、繊細な画を残すことが出来ます。
また、Canon独特の華やかな色再現が結構気に入っています。銀塩カメラ時代からの特長で、
Canonの画作りはコントラストが強調され、濃厚で華やかな目立つ色を出します。

それが、不自然だと敬遠する人も多いのですが、私は結構好きかもしれません。
下の写真の垂れ幕の赤など、その典型です。 

tokyosanpo13108 (3)

基本的にはROWで撮影し、それをApertureで現像してます。
jpegでもいいかもしれませんが、ROWの方が安心出来ます。データはでかくなりますが、
後から自由に画作りを出来るからやはりいい。

tokyosanpo13108 3 (3) 

S110の大きさと、手触りがとても気に入っています。手にすっぽりと収まる大きさ、
つや消し塗装のざらついた感触、機械としてもそそられる作りになっています。

tokyosanpo13108 3 (7) 

歩きながら、液晶を見て、色んな角度で写真をスポーツのように撮れる。
結構楽しい。ファインダーでしっかりと構えて撮ることも写真ですが、こうやって、
体から離した液晶画面に映った対象を、即座に写真に変えていく軽快な創作が、実に
自分に合っていて楽しい。

tokyosanpo13108 6 (1) 

ただ、何を隠そう私、Nikon党でずっと来ていて、一眼もNikonのD700、ミラーレス
は1V1を持っています。ただ、いいものはいいとして、それぞれ一長一短、いいところを
活かしつつ使ってくつもりです。

tokyosanpo13108 2 (1)

それにしても、あんなちっちゃなカメラでこれだけ撮れるのだから、中途半端なミラーレス
は手放してしまおうかなんて、邪な思いにとらわれている自分がいます。

私みたいな、スナップ派には小ささと軽さは正義ですから、いつも持ち歩き、出会った瞬間
シャッターを押す。一期一会の出会いを創るには、肌身は出さずは基本です。そして、
ちゃんとした写りも。それを、バランス良く組み合わされているのが、S110です。

tokyosanpo13108 2 (3) 

仕事の合間に、ぶらっと街に出て、スポーツスナップをこのカメラでこれから存分に
楽しみたい。これこそ、スナップ撮影のGoodな相棒です!

tokyosanpo13108 4 (3)

 

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

久しぶりの京都に鬱憤を晴らす?!

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

京都に長く出張していました。

久しぶりの京都で思う存分関西弁を聞いては話し、
日頃の鬱憤を晴らした気がします。

やっぱり、関西弁がしっくりきます。

これからもう関西には戻らないだろうと思いますが、
しっくりくる感覚は死ぬまで抜けないだろうなとあらためて
思い知りました。

写真もたくさん撮ったし、追々、Blogにアップしてゆきます。 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!