バッテリー

iOS 11.3が配信!今回はバッテリーを極める。


iOS 11.3がリリース。バッテリー状態チェックが可能に

先行して「新型iPad」にのみリリースされていましたが、本日早朝より「iOS 11.3」の一般配布が対応iOSデバイス向けに開始されました!

いよいよ配布

iOS 11.3が配布されています。今回は、大きな問題になっているバッテリー問題に対応するために、「バッテリーパフォーマンスチェック機能」が追加されています。

続きを読む

iPhoneのバッテリー問題。フランス政府も調査を行なっている?






 
Ginzaiphonex 0158

↑この記事のネタ元です。


「iPhoneの性能低下問題」について、フランス政府も調査に乗り出していることが報道から明らかになりました。

iPhoneのバッテリー問題が大変なことになっています。これまで長引くとはアップルは考えていなかったのかも知れません。

スポンサードリンク



続きを読む

日本のバッテリー交換も安くなる。iPhone機能低下問題にApple対応。






 
IMG 2490

↑この記事のネタ元です。


、日本でも「iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと」と題したウェブページを公開するとともに、保証対象外のiPhoneのバッテリ交換を8800円から3200円にするとし、5600円の減額を発表した。

iPhoneのバッテリー問題は予想以上の広がりを見ています。この問題のことについて、前にブログを書いたのですが、その時は、気楽にこんな記事を書きました。

一年後にiPhoneの性能が落ちる!?いやいや、だからこそ安心して古いiPhoneが買えるのです。

スポンサードリンク



続きを読む

iOS11でバッテリーが激減する問題が!Apple好きは待つしかないか。






 

IOS 11 Applebattery

↑この記事のネタ元です。


2017年6月に開催されたWWDC2017で発表され、2017年9月20日から配信が始まったiOS 11について、前バージョンであるiOS 10と比較したときにバッテリーの減りが早くなっていることが指摘されています。

昨日ですか、いつものようにiPhone6sPlusを使っていると、気がつけばバッテリー残量が60%になっています。夕方ならばこんなもんだろう気にも留めなかったのですが、時間は朝の10時。えらい減りが早くなっています。

中古で買って、まだ8ヶ月。それに、ついこの間まで、一日余裕で使えていたので、バッテリーの急激な劣化に少なからずショックを受けてしまいました。

スポンサードリンク



続きを読む

使わないアプリだからって、強制終了はいけない!?余計にバッテリーとCPUを消費させる結果に。






 
IPhonef1

↑この記事のネタ元です。


バッテリーの減りを防ぐために、iPhoneのホームボタンをダブルタップして使っていないアプリを強制終了させている人もいると思いますが、実はこの行動はほとんど意味がなく、むしろ無駄にバッテリーを消費してしまうという結果につながるものとなっています。

iPhoneやiPadで動きが悪くなったなあと感じたら、ダブルタップをして、使っていないアプリを終了させていましたが、ビックリ!それがかえって、バッテリーを消費させているのです。

スポンサードリンク



続きを読む

Apple製品専用のモバイルバッテリー!MacBookProも充電できる






 

Mbmac2017

↑この記事のネタ元です。


LifeBattery Airは、ACポート1つ、USB Type-Aポート2つ、Type-Cポート1つを備えた大容量モバイルバッテリーだ。

Apple製品のためのモバイルバッテリーと銘打ったバッテリーが紹介されています。

Apple製品で必要なポートのすべてに対応しており、デザインやカラーもApple製品に合わせています。

スポンサードリンク



性能的にも満足いくもので、大容量の2万7200mAhはMacBookPro13inchの充電が約6回も出来るとのことです。

価格は179ドルとのことで、少々値が張りますが、モバイル中心に使う人ならば心強い相棒になるはずです。

LifeBattery Air/Indiegogo









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

安心を取るか、自由を取るか。MacBookProバッテリー交換キットがiFixitより発売






 

Fixkits

↑この記事のネタ元です。


iFixitが、 MacBook Pro シリーズの2012年モデルから2015年モデルまで対応したバッテリー交換キットを発売した。

この間MacBookProのバッテリーをアップルで交換してもらいました。そのMacはもう手元にはないのですが、3年以上使っていたので、交換表示が出、常に目に入るので気になって仕方が無く、わずかな使う期間でも安心して使いたいし、それに、販売するにもバッテリーが不良だと、高値では買ってもらえないのではと、思い切って交換しました。

アップルで交換してもらった価格は19,800円税別 でした。やっぱりそれなりのお値段はして、結構きつい思いしました。発火など問題の多いバッテリー交換なので、安心料込みというところです。

スポンサードリンク



続きを読む

iOS 11.3が配信!今回はバッテリーを極める。


iOS 11.3がリリース。バッテリー状態チェックが可能に

先行して「新型iPad」にのみリリースされていましたが、本日早朝より「iOS 11.3」の一般配布が対応iOSデバイス向けに開始されました!

いよいよ配布

iOS 11.3が配布されています。今回は、大きな問題になっているバッテリー問題に対応するために、「バッテリーパフォーマンスチェック機能」が追加されています。

バッテリーチェック機能

「バッテリーパフォーマンスチェック機能」を調べるとバッテリーについていろいろと確認できるようにるようです。

バッテリーの最大容量はいくらか。

パフォーマンスが最大限発揮されているか。

バッテリー保護のための性能低下処置がされているか。

バッテリーが劣化しているときには、交換メッセージと「パフォーマンス管理無効」ができるようになります。

パフォーマンス管理を無効にすると、もちろんプロセッサーをフル回転させるようになるので、Appleは「予期せぬシャットダウン」が多くなると伝えています。

対応は自己責任てやつですね。

ほかには

ほかには、「新たな「アニ文字」」の追加。これは、あんまりというかまったく使わないので、僕には関係ない。

それと、忘れてならない安全性の改善やバグ修正が行われます。アップデートは面倒くさいし、行った後に不具合が起きたらどうしようと不安になりますが、次々とセキュリティ問題が発生しているご時世ですから、入れないわけにはいけません。

アップデート

さっそく、iPadとiPhoneに行いました。ただ、今回はやたら時間がかかり、ダウンロードが1時間かかるなんて、途方もない時間が出ています。

新たに追加される「バッテリーパフォーマンスチェック機能」のため、大がかりな変更がプログラムに行われるのでしょう。

アップデート後安定して使えるかどうか、ちょっと心配。無事、立ち上がることを祈っています。

↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

どれだけ持つのか?MacBook Proをバッテリーだけで仕事をしてみた。






 
IfukuokaIMG 1511

どれだけ持つのか?MacBook Proをバッテリーだけで仕事をしてみた。

整備品だけど新しくMacBook Proを買い調子よく使っています。今回も傷一つ付けずに使いたいので、キーボードカパーを買い、新しくジャストフィットするケースも用意して、大切に使っています。

本体はこうして綺麗に使おうとしていますが、消耗品のバッテリーことも気にしながら使うつもりです。だって、バッテリーが満足に使えないと、MacBook Proの魅力がなくなってしまいますから。

スポンサードリンク



続きを読む

売ろうとした矢先にMacBook Proのバッテリーに交換命令が。はがゆいほど世の中は面白い。






 

BatteryMacBook Pro

売ろうとした矢先にMacBook Proのバッテリーに交換命令が。夜中ははがゆいほどに面白い。

もう3年近く使っているMacBook Pro (15-inch, Mid 2012) MD103J/Aに,とうとうバッテリー交換の表示が出てしまった。

BatteryMacBook Probattery

出張やら出先やらで、これだけ快適に動いてくれたから致し方ないのだけど、近々新しいものに買い換えるためにオークションで販売する予定だったから、このままではまともには売れそうもない。

とりあえず、パッテリー交換を本気で考えなくては。

続きを読む