写真

NikonのD7200を久しぶりに引っ張り出して写真撮影。



NikonのD7200を久しぶりに引っ張り出して写真撮影。

全く写真を撮っていません。撮らないとと思いつつ、大きい一眼を持ち歩くことに躊躇して、なかなか外に持ち出せない。

こんなことでは写真が趣味とは言えません。

ただ、この間ようやくカメラを持ち出して写真を撮ってきました。

スポンサードリンク



続きを読む

尾瀬をiPhone7Plusで撮影しAdobe Lightroom CCで現像してみた。




Ozeiphone20185 10
 

尾瀬をiPhone7Plusで撮影しAdobe Lightroom CCで現像してみた。

再び尾瀬に行ってきました。Adobe Lightroom CCカメラアプリでRAWで撮影し、MacBookPro15inchで現像してみました。さて、どんな感じになっていまやら。

尾瀬沼

今年は本当に雪が少なくて、いつもは雪が多く、湖が凍っている尾瀬沼もほとんど雪がありませんでした。

Ozeiphone20185 13

 

Ozeiphone20185 14

空は晴れ渡っていて、汗をかくぐらい温かく気持ちよく、過ごすことができます。いつもこうなら快適でいいのに。

Ozeiphone20185 16

スポンサードリンク



続きを読む

無料で高性能画像編集ソフト「Photopea」





 

Photopea

↑この記事のネタ元です。


今回は、会員登録不要でハイクオリティな画像編集ができる無料 ツール「Photopea」の基本的な使用方法を紹介します。

無料の画像編集

すでに、Adobephotoplanを申し込んで、Adobe PhotoshopとAdobe Lightroom CCを一年間使えますが、Adobe以外でとてもお得に使える、画像処理ソフトがかなり出ています。

その一つ。「Photopea」が紹介されていました。

スポンサードリンク



続きを読む

iPhone7Plusを持って東京の風景を写してきました。東京ぶらぶらスナップ。






 

IMG 2651

iPhone7Plusを持って東京の風景を写してきました。

IMG 2652

仕事の都合で東京に行くことになったので、重くてかさばる一眼レフカメラはお留守番してもらい、iPhone7Plusだけでスナップ写真を撮ることにしました。

東京駅を降り、その足で有楽町へ向かいます。目的地は銀座。その道すがら、気になったたものを撮って歩く。ぶらぶらスナップ撮影です。

IMG 2653

暖かな日で、快適に歩みを進めます。

IMG 2654

IMG 2655

スポンサードリンク



続きを読む

久しぶりに父島に行ってきたので、撮った写真をはってゆきます。その2






 

Titijima20182 00114

久しぶりに父島に行ってきたので、撮った写真をはってゆきます。その2

大自然を満喫

父島と言えば、海と山。それもすべて手つかずの大自然。本土では絶海味わえない素晴らしさがあります。レンタカーかを借りて、思う存分撮って来ました。

山道を走って登ると、海が一望。絶景です。

Titijima20182 00001 02

Titijima20182 00001 01

Titijima20182 00002 01

Titijima20182 00002 02

スポンサードリンク



続きを読む

久しぶりに父島に行ってきたので、撮った写真をはってゆきます。その1






 

Titijima20182 00002

久しぶりに父島に行ってきたので、撮った写真をはってゆきます。その1

東京出発


父島で撮った写真がようやく現像できたので、適当にはってゆきます。カメラはこの間手に入れたNikonD7200。ようやく手に入れた憧れのカメラなので、撮るのが楽しみでした。一体どんな写真が撮れたのでしょうか。

ただ、ずっと天気が思わしくなくて、寒くて仕方がありません。最後の二日間ようやく晴れて、気持ちよく写真を撮ることができました。

まずは、出発の様子。

Titijima2018 00003

東京の竹芝港。父島への新しくなった小笠原丸で出発です。父島までは約24時間。かなりの移動時間になりますので、船に弱い人はけっこう辛いかもしれません。だけど、設備がとても良くなっていて、前よりは格段に楽になりました。

Titijima2018 00004

僕が使ったのは二等寝台。個室になっているので、気兼ねなく過ごすことが出来ました。

Titijima20182 00001

スポンサードリンク



続きを読む

モノクロ写真こそ色彩を持つ。伝わる感情がそこにある。






Thiba2017122 00001 06
 

↑この記事のネタ元です。


「カラーだと、感情を読み取れないんだ」

ここでは写真を紹介できないのですが、モノクロ写真ばかりを撮っているJason M. Petersonさんの作品が紹介されていました。

コントラストをハッキリさせた、モノクロの醍醐味が十分味わえる彼の作品は、皆とても素晴らしい。どしたって、カラー写真では出せない。創作作品としての明確な力があります。

スポンサードリンク



続きを読む

Adobeはプロとアマチュアの壁を崩すのか!?アドビ「Sensei」を使い「Lightroom」の自動補正機能強化






 

Adobe Sensei AI

↑この記事のネタ元です。


新しい自動補正機能では、ユーザーの写真を分析し、プロが編集した何万枚もの写真と比較することで、より高品質な写真を作り出す。

AI技術で現像

AdobeがAIと機械学習のプラットフォーム「Adobe Sensei」のネットワークを利用して、「Lightroom」の自動補正機能を強化したと発表しました。

システムを利用した自動補正機能は、写真を分析し、プロが編集した何万枚もの写真と比較し、高品質な写真現像を行います。

スポンサードリンク



続きを読む

後悔は戻せない。傷心のsnap。






Thiba2017122 00001 06 

傷心のスナップ。D7200にて。

見事な敗北

勢い良く受けた試験が落ちた。

Thiba2017122 00001 01

自分の中では、そこそこいけると踏んでいたから、ショックが大きい。

Thiba2017122 00002

日本海溝よりも深く落ち込んだ心は、立ち直るすべを得ず、光のささない暗闇の中へ。

Thiba2017122 00001 02

この日、試験が終われば、解放された心地よさの上、歩みも軽く写真を写すはずだった。

Thiba2017122 00001 03

そんな気持ちは吹き飛び、愛しいカメラを取り出す気力は、どうしたって出てこなかった。

Thiba2017122 00003

スポンサードリンク



続きを読む

Nikon D7200をぶら下げて、前橋のバラ園に行ってきました。




 

Nikon D7200を持ってバラ園に行く。

Gunmamaebashi201711 00001 07

前橋にて

前橋に用事で行ったので、せっかくだから買ったばかりのNikon D7200を持って、適当にぶらぶら。

歩いていると、公園があり近づくとバラ園。中には一面バラが咲いています。

これはなかなかいい被写体があったと、喜んでカメラを向けて写真を撮ります。

Gunmamaebashi201711 00001 06

スポンサードリンク


続きを読む