写真

金沢に行ってきた。びっくりするほど人が多くて新幹線効果を実感。






 

IMG 0939

金沢に行ってきたけ。さすが、新幹線効果、とんでもなく観光客が多かった。

金沢に行ってきた。

びっくりするほど観光客。外国人もとんでもなく多い。これが噂の新幹線効果なんだろうか。それにしても、多かった。

スポンサードリンク



続きを読む

日本人写真家の青い池が アップル社の歴史に残る写真!に。






 

Blue Pond  First Snow

↑この記事のネタ元です。


米国Apple社と新しい契約を結びました。
僕の写真「Blue Pond & First Snow」は、今後3年間、Apple社の使用契約が延長されます。

Apple好きで、Macを持っている人ならば、誰もが目にした青い池の写真「Blue Pond & First Snow」が、写真では異例の8年契約になると、撮影者のケント白石氏が伝えている。

続きを読む

時代の流れる乗ってみるか。「iPhone Photography Awards 2016」





 

IPhone Photography Awards 2016

↑この記事のネタ元です。

 

Phoneだけで撮影・編集した写真のコンテンスト「iPhone Photography Awards」の2016年度版『iPhone Photography Awards 2016』の受賞作品が発表されました。

iPhoneで写真が撮れるのは間違いないが、どれだけ感動させる写真が撮れるかが問題だ。最近では、出張先や、ぶらぶら歩きの途中で撮る写真は、ほとんどiPhoneで撮っている。とても快適なのだ。いつの間にか本気で写真を撮っている。

続きを読む

写真の常識を超えて写真を歩け !「フォトウォーキング」は、撮影に縛られることを嫌う。






 
OosakaIIMG 0435

↑この記事のネタ元です。


カメラを片手に街中を歩き、おもしろい場面を逃さず撮影する「フォトウォーキング」で印象的な写真を撮影する方法を、写真家のトーマス・ロイトハルト氏がまとめています。

歩きながら印象的な風景を撮影していく、フォトウォーキングのノウハウが紹介されている。簡単なことばかりだと思ったら、かなり本格的に説明されている。

続きを読む

アジアの隣国、若手カメラマンをSONYが北海道の名カメラマンの元へ招待。Appleの壁紙で有名なケント白石氏のPhotography Work Shop参加






 
IMG_0302

↑この記事のネタ元です。


アジアの隣国からSONY本社の招待で北海道に4泊5日で来た写真家数名。
目的は僕の Photography Work Shopで「てふてふ」に3泊されました。

アジアの隣国から、優秀なカメラマンをSONYが日本へ招待したことが紹介されていた。場所は北海道、そして、最近SONY御用達のカメラマンとなったケント白石氏の元でWork Shop に参加した。

続きを読む

好きなことは待たずにiPhone片手に即行動、Instagramで「写真家」になった女性の話






Ppppo 

↑この記事のネタ元です。


アメリカ西部の美しい景色とそれを撮ることに取り憑かれた女性は、Instagramでファンを集め、思いがけず写真家としてのキャリアを歩むことになった。

とにかく好きなことは、手軽に初めて見ることですね。iPhoneがあればいろんなことができます。写真もかなりいい感じで撮ることができます。いいカメラを買わなきゃと、せっせとお金を貯める前に、とにかくiPhone片手に街へ出て写真を撮ることが先決かもしれません。

続きを読む

Netflixが旅から写真を投稿しする仕事を募集中。






 
fukuoka2015-9

↑この記事のネタ元です。


NetflixがInstagramで求人を募集していたようです。募集ページによると、ヨーロッパ、中東を旅する専属フォトグラファー「Grammasters」という職種の模様。期間は2週間で、週給は2,000ドル。つまり、計4,000ドル(約45万円)の収入を得られます。もちろん旅費は同社が負担!

動画配信サービスが数多く生まれました。その中でもNetflixは一つ頭がでているアメリカ屈指の動画配信サービスです。世界展開も着々と行い、日本でもサービスを開始し、人気を博しています。

続きを読む

楽しい散歩はとても気分がよくて、やめられない。青山、銀座ふらふらと。

 

楽しい散歩はとても気分がよくて、やめられない。青山、銀座ふらふらと。

今日は仕事で久しぶりに東京に行ったので、帰りにせっかくだから銀座に立ち寄りました。銀座に行っても行くところはだいたい決まっており、まず、Apple Storeの自動扉をくぐります。

いつもながら大繁盛。特に今日はいつもより人が多い。それも、ジャージを着た外国人がわんさか。どうも、どこかのスボーツ関係者の団体みたいです。スタッフがお客に話している話が漏れ聞こえてきましたが、サッカー関係だと言っていました。

続きを読む