小説

ある男の話。存在の高さと現実。




この男の物語をしようと思う。

この男自分のことは人並み外れた才能と力を持っていると思っている。しかしながら、その実人並み以下の才能と力、そして運しか持ち合わせていない。

何をしても、身につくのが遅い。人が数日で身につくことを延々と続けている。それでも、なかなか身につかない。物覚えが悪いのか、勉強の方法がお粗末なのか、とにかく、人の後塵を拝している。

それでいて、自分は人よりも早く、確実に物事が身につくと、考えている。

スポンサードリンク



続きを読む

Kindleと紙の本。そして、才能と命。






 

今日まで出張に一週間ほど行っていました。出張の時間つぶしに重宝するのは読書。没入して読んでいると、あっという間に時間が経ってしまいます。

ただ、実務に役立つ仕事関係の本や、ビジネス書はすぐ眠たくなるので、もっぱら、小説ばかり読んでいて、あまり実利のあるものはよんていない。困ったものです。

スポンサードリンク



続きを読む

「アンドロイドは電気羊の夢を見るのか」人とのつながりが出来ないことが一番恐ろしい。





ブレードランナーの原作。「アンドロイドは電気羊の夢を見るのか」を読み終わりました。

この作品を傑作と褒める人とは多いのですが、僕はあまり楽しめませんでした。話の中に、複数の事柄が詰め込まれて、どうにもすっきりと読むことが出来なかったからです。

アンドロイドと人間。荒廃した世界。それに、滅びかけている地球人を、かろうじて結びつけている宗教。はたまた、テレビ。

それらが、入れ替わり立ち替わり浮かび上がっては、話をかき混ぜるので、集中して物語に感情移入することが出来なかった。

くしくも、アンドロイドと人の差が、感情移入できるかどうか。というこの物語の内容を思い出されます。 続きを読む

出張の夜の身勝手なたのしみ






 
Thiba2017122 00001 08

出張の夜の身勝手なたのしみ

あんまりネットの回線が速くないので、思うように気に入った記事を探せません。つまり、ネタが切れてしまいました。でも、何か書きたい思いはあるので、つらつら、最近思ったことを書いてみます。

仕事が終わった夜は、とても暇なので気に入った映画や本を楽しんでいます。

スポンサードリンク



続きを読む

彼とは違う「風立ちぬ」を読む。言葉のはかない美しさを堪能する。






 
Gunmamaebashi201711 00001 01

彼とは違う「風立ちぬ」を読む。言葉のはかない美しさを堪能する。

出張中の身として、今日は急遽仕事が無くなったので、こうして、ブログを書いています。この間Kindleにダウンロードした、アニメで有名になった。「風立ちぬ」です。

「風立ちぬ」の感想を書くというと、決まって宮崎駿氏のあれを思い浮かべます。ネットで検索しても、ほとんどすべてが彼の映画の評論です。

ただ、その映画にも、原作というか原液となる作品があり、宮崎氏はそれに触発されて、「風立ちぬ」を作りました。その、原液たる作品の一つに、題名が同じの堀辰雄著「風立ちぬ」があります。


スポンサードリンク



続きを読む

万年筆のつぶやき「ご主人の生半可な創造」






 

IMG 2294

ご主人の生半可な創造

こんにちは万年筆です。どうもご無沙汰しています。
どうもインクの出が悪くて調子が悪かった僕ですが、ご主人が一日水の中につけてくれて、それからなんとかインクが出るようになりました。

でも、まだまだ本調子ではなく、買った時みたいに滑るように書けるようにはなっていません。もっと、ご主人が僕を使ってくれるならば、もっと治りが早いと思うのですが、親指シストに慣れてしまったご主人は、めっきり僕を持ってくれることが少なくなりました。

スポンサードリンク



続きを読む

「職業としての小説家」その3





村上春樹氏の「職業としての小説家」をようやく読み終わりました。すぐ、読めると思っていましたが、なかなか進まず、以外と時間がかかってしまいました。

でも、存分に楽しんだので、本当に得した気分です。久しぶりにじっくりと時間をかけて、紙の本を読んで、改めていいもんだと感じました。なんたって、バッテリーが必要ないし、とても軽いので少し時間ができれば取り出して読むことができます。それに、飛行機に乗っていても、離着陸の時に電源を切る必要がありません。当たり前の話ですが、なんだかとても気楽に本を読めて嬉しかった。

さて、今回も感じたことを書いていきます。

続きを読む

草枕そこに存在するものに






 

簡単でも、少しでも、読んだ本は文章にして人に伝えたほうがいい。そんなことを聞いたらか。今、書いている。

この間、夏目漱石の「草枕」をKindleで読み切った。

語学力の貧困な僕にはかなり骨の折れるものだったが、判らなくとも、理解できなくとも、文章の流れが心地よく、そのままなすがままに思考の清流に流されて溺れてしまった。

続きを読む

小説を書いてみるには、客観的な意識が必要。夏目漱石小説の秘訣。

 

小説を書いてみるには、客観的な意識が必要。夏目漱石小説の秘訣。

日曜日でもブログを書こうと決めている出来ですが、どうしても、休みのモードに入ってしまい、書けずにいます。さて何を書こうかと考えてしまって、この間見た映画のことか、読んだ本のことか、それともEl Capitanの不具合のことか、いろいろ考えていたら、結局は書けずに終わってしまいます。

書こうとおもうならば、最後まで諦めずにとにかく書き終えることが必要なのだと、誰かの本で読んだ記憶があります。再考を求めることも必要ですが、ある程度のところで完結させる潔さも必要なのでしょう。

続きを読む

パピレスとGYAO、“次世代”の電子書籍を制作する合弁会社。どんなコンテンツを出してくるのか興味津々。

 

Gyaopapu

この記事のネタ元です。

パピレスとGYAOは7月28日、合弁会社「ネオアルド」を7月27日に設立したことを発表した。次世代の電子書籍コンテンツを開発・制作するという。資本金は7500万円で、株主構成はパピレスが51%、GYAOが49%。

パピレスとGYAOが電子書籍コンテンツを開発・制作する会社を設立しました。 通常の電子書籍ではなく、独自のコンテンツを作るようです。いったいどんなコンテンツに なるのか興味があります。

続きを読む