感想

残酷な人生は静かな風景の中で見えてくる「麦子さんと」を観て。

日本映画の良さとは何だろうかと考えさせられる映画を観ました。 最近は日本映画でも大作が多く、派手なアクションで人を惹きつけるものが 多くなりました。でも、何か違っている気がして、なかなか納得出来る作品に 出会う事ができません。

本質的に今の日本では、大作と言われる映画は似つかわしくないのかもしれません。 激しい戦闘の中で争いの悲惨さや、多くの人が命を落とす場面に人生の悲惨さを見せ ていく、それこそが映画の醍醐味であり、その中でこそ人の世を赤裸々に描くことが できると誰もが信じています。

でも、静かな日常の中で、流れる風景や交わされるなにげない一言で、すべてか表現 されることもある。いや、その中でこそ、よりいっそう人生の不条理な機微が表現 できる場合があります。そんな表現こそ日本人に向いているのでは無いでしょうか。

続きを読む

Netflixに申し込んでみた。もう少しコンテンツを増やして欲しい思いもあるかも

 

Netflix

Netflixが始まったので、取りあえず申し込んでみた。

昨日からNetflixが始まったので、取りあえず申し込みました。

申し込んだのは一番安い月々650円のSD。払える金額がそれで限界なので、 とにかくその画像でも視聴に耐えうるのか試してみました。

正直、画質はあまり良くなく、最近のHD画像を見慣れた目には辛いところが あります。でも、iPadminiで見る分ではこれで十分かなとも思います。

続きを読む

iPadminiRetinaとようやくご対面!その感想は?

 

 

photo:S110
otyanomizu-2013119_ 49

 

  念願のiPadminiRetinaをさわった!

 NewImage

引用カ所

ようやくiPadminiRetinaをさわることが出来ました。
仕事の都合で出ていたので、大型家電量販店に入り、最近特に増えた
Apple製品コーナーに行くと、案の定、iPadminiRetinaが展示してい
ました。

さわった感想は、以外とずっしり重い。

前のiPadminiのノートのような軽さはやはり無くなっていました。
だけど、Retinaディスプレイにして、高性能のA7を載せています
から、この大きさで、この重さに抑えられたのは奇跡。

ただ、隣に展示していたiPadAirを持ったのですが、なぜだかmini
より体感的に軽く感じました。大きさと、軽さの感覚が心地よく
ズレているから。

この大きさで、この軽さ。

この差がとても大きく、いい意味で裏切られ度が高いので、
軽さを強く感じるのでしょう。iPadAirがこれだけ軽く仕上げて
来ているから、Airにするかminiにするか悩む人も多いのでは。

それか、悩むのをやめて、両方購入する人も多いかも。 

 

photo:S110
otyanomizu-2013119_ 41 

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...