映画

とうとうSiriが映画に出演!?ウェイン・ジョンソンが主役の“映画”を






 

↑この記事のネタ元です。


「Appleと組んで、一番ビッグでクールでセクシーで楽しい映画を作ったぜ。明日公開だ」──。映画「ワイルド・スピード」シリーズで知られる俳優でプロレスラーのドウェイン“ザ・ロック”ジョンソンが7月23日(現地時間)、こうツイートした。

とうとうSiriが映画に出演したようです。ロックで有名なドウェイン・ジョンソン主演の映画でSiriが共演していることを、彼がTwitterで伝えています。

スポンサードリンク



続きを読む

ニール・ブロムカンプ監督が無料でSFホラー短編「Zygote」を公開している。映像作品の新たな方向。






 

↑この記事のネタ元です。


「第9地区」などの作品で知られるニール・ブロムカンプ監督が実験的短編映像をYouTubeとSteamで無料公開して続編が見たければ購入してもらう「Oats Studios Volume 1」というプロジェクトを2017年6月から行っています。その最新作として、クリーチャーに襲われた閉鎖空間を舞台にした「Zygote」が公開されました。主演はダコタ・ファニング。ややグロテスクな表現も出てくるので、閲覧時は注意してください。なお、日本語字幕も用意されています。

「第9地区」からあまりぱっとしないニール・ブロムカンプ監督ですが、若いだけあって、いろいろと上映の場を模索しています。

現在彼は、「Oats Studios Volume 1」プロジェクトを行っています。短編映像を無料で公開し、続きが見たければ購入してもらう、実験的な映像配信サービスです。

今回、最新作の「Zygote」が公開されました。

続きを読む

映画の日だから「メッセージ」を観てきました。






 

Message2017

映画の日だから「メッセージ」を観てきました。

今日は映画の日だったので、久しぶりに映画館で映画を観て来ました。やっぱり、映画館で見る映画はいいですね。今度から時々観に行きたいなと思いました。

さて、観た映画は「メッセージ」久しぶりに本格的な大人のSF映画です。SF好きとしては絶対外せない作品です。それに、監督も最近お気に入りのカナダ人監督ドゥニ・ヴィルヌーブ。期待満々で観たのでした。

スポンサードリンク



続きを読む

もののあわれがわかる日本人だからこそ「ローグ・ワン/スター・ウォーズ ・ストーリー」は観るべき!







もののあわれがわかる日本人だからこそ「ローグ・ワン/スター・ウォーズ ・ストーリー」は観るべき!

やっと、観た!

この間借りた「ローグ・ワン/スター・ウォーズ ・ストーリー」を観ました。今までスターウォーズは観てきましたが、今ひとつ心惹かれることがありませんでした。でも、なんだかいつも見ちゃうんですよね。スターウォーズマジックというところでしょうか。

でも、このローグ・ワンは最高に楽しめました。素直に、一番面白かったスターウォーズシリーズです。

スポンサードリンク



続きを読む

邪悪だと消すにはもったいない映画「帰って来たヒットラー」人はどうして彼に操られたのか。






 

Htt

邪悪だと消すにはもったいない映画「帰って来たヒットラー」人はどうして彼に操られたのか。

↑この記事のネタ元です。


この間、「帰ってきたヒットラー」という映画を観ました。
小説はとても話題になったようですが、映画の方は単艦上映で、あっという間に上映が終わってしまいました。

それほど、いい評判も聞かなかったので、大した映画ではないだろうと駄目元で観たのですが、これが結構面白かった。というと、常識人からは非難を受けてしまうかもしれませんが、映画としてとても良くできていたという話です。

政治的、思想的な面での良いではなくて。

スポンサードリンク



続きを読む

Netflixをまだ解約せずに楽しんでいたら「GANTZ O」が配信。さっそく観てみた。






 

GANTZO

Netflixをまだ解約せずに楽しんでいたら「GANTZ O」が配信。さっそく観てみた。

Netflixをまだ解約せずに楽しんで観ています。観たいものは終わったので、解約しようと思っていたのですが、意外と観たい作品が出て来て、ついついそのままにしています。

まさにNetflixの蟻地獄。まんまと、引っかかっています。当分は解約せずに観続けていきそうです。

そんなNetflixで「GANTZ O」が配信されていました。この間、映画館で上映されていたと思ったいたのにもう配信されています。早速観てみました。

スポンサードリンク



続きを読む

いつもとは違ってかなりのアクセス数がありました。一体何が起こったのだろう?原因は「スティーブ・ジョブズ」でした。




 

数日前にアクセス数を確認すると、いつもとは違ってかなりのアクセス数がありました。一体何が起こったのだろうと調べると、どうもTwitterで紹介されていました。リンクしてくれたのは、昔に書いたこの記事。

実は名作「スティーブ・ジョブズ」を名解説て聞いてみる。

スポンサードリンク


続きを読む

「この世界の片隅に」に足がふるえる。






今日「この世界の片隅に」を観る。

足が震えるほど体に残った。

この感覚はどういうものなんだろうか。

呆然としている。

映画を見ている最中は、軽く睡魔を感じるほどに、流れを追っていたのに、映画館を一歩出たその瞬間。彼女らと離れてしまった喪失感が半端では無かった。

スポンサードリンク




続きを読む

「シン・ゴジラ」が心配をよそに、北米で大人気。






 

↑この記事のネタ元です。


シン・ゴジラがついに北米で公開された。
最初は限定公開だったのが、大人気のため、急遽延長上映も決定したらしい。やったぜ!

とても面白いのだけど、日本だけしたわかんないだろうなあ。それに、海外の映画館での上映の様子を書いていた、ブログでは今一つの感じだったので、やっぱり、海外では今一つ盛り上がらないまま終わってしまうのだろうかと、心配だった「シン・ゴジラ」

スポンサードリンク



続きを読む

映画ライフ雑記 シン・ゴジラとか君の名はとか。






 

映画ライフ雑記 シン・ゴジラとか君の名はとか。

シン・ゴジラを3回も観たけど、見るたびに楽しめるところがあって、飽きない。
何度か観ていると、前半の会議シーンがどんどん面白くなって来た。

上司と部下というか、会社組織というか、こんなことあるよな。なんて、考えさせられることが多かった。日本の組織のトップはこんな感じで、自分で判断や指示はせず、部下からの受け売りで、決めて行く。

スポンサードリンク



続きを読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...