映画

永遠に見続けたい映画「海街diary」

 

Umimathi

永遠に見続けたい映画「海街diary」

「海街diary」を観ました。とても素晴らしい作品でした、永遠に見続けたいほどに。前作の「父になる」がとても素晴らしかった是枝裕和監督の新作。本当ならば、映画館で観るべき映画でしたが、気がついたら終わっていました。

今回、DVDで観て、やはりこれは映画館で観るべきだったと後悔しました。ゆったりとした、風景の中で、一見、何気ない日常を描きながら、人生の機微に練りこまれた苦さ苦しさを、淡い映像と、端正な構図、腰の座った安定感のある演技で、鮮烈に浮かび上がらせています。実に匠な演出です。

続きを読む

映画『スター・ウォーズ』シリーズの新旧キャスト陣がテーマ曲をアカペラで大合唱

 

↑この記事のネタ元です。


デイジー・リドリー、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャーなど、映画『スター・ウォーズ』シリーズの新旧キャスト陣がテーマ曲をアカペラで大合唱する動画が12月18日、公開された。

スターウォーズか公開されて、世界中で大ヒットしています。北米の初日興行が歴代最高になったとのようですし、映画の出来も最高みたいです。

続きを読む

最近、入りたい映画館がないと思っている貴兄に。元小学校の味わいあるミニシアター「立誠シネマ」があります。

 

Tatiseisene

↑この記事のネタ元です。

 

京都の中心地、四条河原町から徒歩数分の場所にある「元・立誠小学校」。3階にある立誠シネマは、京都にいくつかあるミニシアターのひとつで、廃校となった小学校の校舎を利用して2013年に開設されました。

シネコンばかりでつまらないと思っている、映画好きの人も多いのではないでしょう。僕もその一人です。昔は映画館それぞれに、個性があって、気楽さがありました。

ここで紹介している、「立誠シネマ」は古き良き映画館を感じされる、ミニシアターです。古き良きといえば、この映画館は、廃校となった小学校を改装して、作られたとのことです。外観や、内観を記事では紹介していますが、そのまま小学校です。これまた、古き良き郷愁を香らせています。

続きを読む

理不尽な人生の中で出会う、絶望と少しの希望。「恋人たち」

Loveman 

理不尽な人生の中で出会う、絶望と少しの希望。「恋人たち」

ポッドキャストの番組でジブリ汗まみえを聞いていたら、映画監督の橋口亮輔さんがゲストで出ていました。秀作である「ぐるりのこと」を監督した人です。なかなか味のある作品で、とても好きな作品でした。淡々とに日常を描きながら、人生の苦しさと苦さを表現していました。

続きを読む

このサイトを見てから映画に行けば、きっとあの人が喜んでくれる。『Rotten Tomatoes』

 

Rottentomatoes

↑この記事のネタ元です。


Rotten Tomatoesは米国では有名な映画口コミサイトですね。いままでの経験からすると(自分にとっては)いい感じのスコアを出してくれるのですっかり常用しています。

映画が好きな人にはとても助かるサイトです。これから観ようとしている作品の評価をスコアで表示してくれます。

続きを読む

公式伝記映画「スティーブ・ジョブズ」日本ではいつ公開なのか?

!– Rakuten Widget FROM HERE –>

 

↑この記事のネタ元です。

スティーブ・ジョブズ氏の公式伝記映画「スティーブ・ジョブズ」はこの週末から同映画を公開する映画館の数が60から2,400以上へと大幅に拡大されましたが、この週末の興行収入は730万ドル(約8億8,700万円)だった事が分かりました。

まだまだ、ジョプズを取り上げた映画があるんですね。 もう、出尽くした感かあったのですが、やはり、話題には事欠かない人です。

続きを読む

残酷な人生は静かな風景の中で見えてくる「麦子さんと」を観て。

日本映画の良さとは何だろうかと考えさせられる映画を観ました。 最近は日本映画でも大作が多く、派手なアクションで人を惹きつけるものが 多くなりました。でも、何か違っている気がして、なかなか納得出来る作品に 出会う事ができません。

本質的に今の日本では、大作と言われる映画は似つかわしくないのかもしれません。 激しい戦闘の中で争いの悲惨さや、多くの人が命を落とす場面に人生の悲惨さを見せ ていく、それこそが映画の醍醐味であり、その中でこそ人の世を赤裸々に描くことが できると誰もが信じています。

でも、静かな日常の中で、流れる風景や交わされるなにげない一言で、すべてか表現 されることもある。いや、その中でこそ、よりいっそう人生の不条理な機微が表現 できる場合があります。そんな表現こそ日本人に向いているのでは無いでしょうか。

続きを読む

今後利用したい映像配信サービスNo.1は「Hulu」に!でも、日本勢も検討。

 

Hulutop

↑この記事のネタ元です。

スカパー!は、15~69歳の男女を対象に、視聴方法や視聴スタイルを把握する調査を実施、「テレビ視聴に関する調査2015」として発表した。「インターネットをしながらテレビを視聴」しているという回答者が4割強になったほか、今後利用したい映像配信サービスでは「Hulu」が1位となった。

「Hulu」が一位とは意外でした。広告をよく見かけるので、印象に残っている からなのでしょうか。それとも、コンテンツに魅力を感じているのか、よく分かりません。

一部ではコンテンツ数か少ないので退会したとの話も聞きますので、もっとランクは低くなる のではと思ったのですが、そうでは無かったようです。動画配信の初期から積極的に展開していますのでそれが今実り、この結果になったのでしょう。

続きを読む

信じられないほどのショック!「パシフィック・リム2」の製作中止

KANDA20158--16  

↑この記事のネタ元です。

「パシフィック・リム2 : メイルストロム」が、今秋11月のクランクインを間近にしながら、製作中止が電撃的に決定し、すでに広報されていた再来年2017年8月4日全米大渦巻の封切り日も消滅しました…。

なんともショック!あれだけ最高の映画だったパシフィックリムの続編がお蔵入りになってしまった なんて哀しい話が。それも、11月のクランクインが決まっていたのに。

続きを読む

月額590円で見放題。ゲオとエイベックスが組んで「ゲオチャンネル」を開始。

 

↑この記事のネタ元です。

ゲオとエイベックスは9月15日、映像配信サービス「ゲオチャンネル」を発表した。月額590円の見放題サービスのほか、旧作をレンタルできる有料オプションも用意する。

いろんなところが動画配信サービスが出ています。今度はゲオとエイベックスが共同して「ゲオチャンネル」 を発表しました。

続きを読む