映画

雄叫び上げるゴジラの奇跡

 

 Screenshot

 

雄叫びあげるゴジラの奇跡

ぬるい演出でもどかしさもあったけど、
特に渡辺謙さんは口半開きのあんぐり演技で
今ひとつのれなかった。

この監督の演出には切れがない。それは、脚本
のせいかもしれない。話しに深みをもたせようと
したせいか、かなり回りくどい。

たしかに、決めるときには絶妙にいい画を作って
才能の片鱗を見せるのだけど、それが、全体につ
ながらない悲しさがある。

この辺、やはり同じオタクでも「パシフィック・
リム」を撮ったギルレモ・デルトロの方が一枚も
二枚も上手だ。

で、批判は思う存分書いたので、結局どうだった
の?と聞かれると、正直答えて、もう最高に面白
かった。それ以上に胸を打った。

なんだか、話が違うじゃんと言われれると、ハイ
そうですと、頭を下げるしかないのだが。やっぱり、
分かっているね〜と、高まる胸を押さえきれない
のは事実。もう一回観たいそう思わせる作品だった。

さて、僕が何の映画を観たかというと、「ゴジラ」
ようやく日本で公開されたそれを、今日、映画の日
に合わせて観に行ってきた。

とにかくゴジラの映画だ。

ゴジラが最高に輝く映画だった。描き方がにくい。
モンスターパニックにせず、ゴジラを荒ぶる神とし
て描く。それが潔くてかっこいい。

自然の秩序を人間が乱し、それを正す人の範疇を
超えた自然の猛威として、最後までぶれず描ききる。
かえって、ぬるい演出のおかげでそれが実に際立っ
ていた。

ゴジラがスクッと立って、あの懐かしくも心地よい
雄叫びをあげる度に、拍手喝采だった。日本じゃ
さすがに実際拍手する人はいないだろうけど、米国
では終わった後にあったようだ。その気持ちは痛い
ほどわかる。万国共通だ。

演出とか、演技とか、カメラワークとか、編集とか、
脚本とか、それを超えた映画の感動があったことを
知ることができた。とても、いい映画だった。
いや、ゴジラだったと言った方がいいか。

雄叫びを聞くだけで、全てをわすれて感動できる、
まさにゴジラの奇跡。

すでに続編も決定したようだ。なんだか今から
楽しみでしょうがない。きっと観るだろうな。

 

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

「ホビット 竜に奪われた王国」を思いがけなく観る。

 

 

photo:1V1ibaragi_14220_8

 Screenshot

ちょっとした手違いで「ホビット 竜に奪われた王国」を観ました。

本当は「ラッシュ」を観に行ったのですが、チケットを買い、
入口でスタッフの教えられたとおりのスクリーンにいくと、すでに
コマーシャルが始まっていて、おかしいなあと座っていると。

なんと、始まったのが「ホビット 竜に奪われた王国」

すでに劇場は真っ暗。外に出るのも難しい。
諦めて、観るつもりにしました。

前回を観ていないし、前知識が無い状態だったので、初めは
ちんぷんかんぷん。おまけに怒濤の爆速演出。追いつくのに
四苦八苦しました。

それにしても、ピーター・ジャクソン監督の、手慣れた確実
な演出はさすがです。職人肌監督の面目躍如 の映画です。

3時間ぐらいでしょうか、飽きさせずに一気に見せます。
個人的にはこう慌ただしく演出しなくても、もうすこし緩急を
つけてもいいんじゃないかなと思います。

それから今回もザ・無名で地味な重要キャストがふんだんに
出てきます。特撮でお金を使いすぎたのか?ロード・オブ・
ザ・リングからこの役者の選びの特長です。まあ、悪くはな
いのですが。

結論として、それなりに楽しめました。まあ、善かったと思います。

でも、「ラッシュ」観たかったな。 

 

photo:1V1

ibaragi_14220_7 

「知恵運びます」あなたの“知恵”をすべての人へ。

セミナー配信専用サービス“PAX・Seminar・Service”

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

「ゼロ・グラビティ」のあくまでも感想。

 

 

photo:1V1oosaka201312-77

 Screenshot

  ゼロ・グラビティ私的感想

 

これはあくまでも批評とか言うものではなくて、
僕の感想です。

昨日、「ゼロ・グラビティ」を観ました。

 昨今まれに見る傑作、快作として、名だたる批評家や、
世間一般の映画通の中で、絶賛されている作品です。
言わずと知れた。

大宇宙の中、翻弄される一人の人間を通し、宇宙の過酷さ
を体感させ、「グラビティ」(重力)が地球の恩賜だと実感
させています。

本年第一、いや、生涯第一をうたう人もいるぐらいです。

で、あなたの感想は?

と、聞かれるとちょっと辛い。目の前でIMAXシアターの
これ以上もない美しい映像が、遠近感を伴って流れて行っ
ているのに、終始感情移入ができず終わってしまった。

無重力の完全とも言える映像表現と、ひねりのきいたシン
プルで的確な脚本。そして、名優達の切迫した演技。

ああ、きっといい映画なんだろうなと思いつつも、
この映画の宇宙の中、完全に無重力の状態で放り出された、
取り付くことも出来ない不安な心持ちで終始いました。

いったいなぜだろう。

最近、映画館でこんなことが多い。「風立ちぬ」もそうだった。
皆が、絶賛のわりには僕は、置いてけぼりで居心地の悪い
生理感がずっと残った。

前は、「ダークナイト」もそうだった。

映画は結局人それぞれの受け方により

ただ、一言言わせてもらえば、広さを感じなかった。

宇宙の広さや深さをとても感じなかった。
こまかなディテールはこれ以上もなく素晴らしく、無重力
状態で泳ぐようにステーション内を移動するシーンなど脱帽もの
だった。

けど、広さを堪能させる絵作りの弱さを感じてしょうが無かった。
それが、僕の正直な感想です。

同じ3Dで酷評の嵐だったリドリー・スコットの「プロメテウス」 
の映像表現が、この映画よりも好き。映画的に考え抜かれた構図
と、カメラワークにリドリー・スコットの天才的な審美感を体感
した。

どうしたものか、脚本は突っ込みどころの部分が多数あるのに、
大型スクリーンで映像を観る事に関しては圧倒的な素晴らしさがある。
大画面で観るべきメロディーをこの人は分かっている。

それに比べ、細かすぎる、忙しすぎるそんな気がして、これだと、
小さなiPadで飽きずに観るための演出じゃないかと思ったりしました。

この辺が、僕がこの映画に対し、取り付くことが出来なかった原因
です。あまりにも早すぎ掴もうとしたとたん、目の前をすり抜け、
僕はジョージ・クルーニーのごとく、放り出されたのです。

あくまでも個人的な感想であり、批評と呼べるしろものではないので、
事実はご覧になられたらいい。決してつまらぬ映画ではなく、
歴史に残る映画でしょう。その素晴らしさは僕は分からなかったけ
ど、客観的な現実として素晴らしさと、映画的挑戦が網羅された
作品に違いありません。

さて、この辺で映画の事がろくに分からない人間の感想を終えたい。
次はどんな映画を観ようか。でも、2200円でこの感想は、ちょっと、
きついなあ。 

 

photo:1V1

oosaka201312-69 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

「キャプテン・フィリップス」を観た。

 

 

photo:D7000
sendai201312-91

 Screenshot

  題名: キャプテン・フィリップス

 

今話題のトム・ハンクス主演、「キャプテン・フィリップス」を観てきました。

アメリカ貨物船がソマリアの海賊に襲撃され、船長であるフィリップス
氏が、身代金目当てに拉致される話です。

船と海、それに限られた人物だけで作られるので、必然、派手な演出は
なく、抑制された演出と、脚本で奇をてらわず、しっかりと描いています。

少々、それが物足りなさも感じました。ただ、それ故伝わる緊張や、
恐怖もあるので、決して駄目だったとは言えません。

主演のトムハンクスは、経験豊かな初老の船長を、強さも弱さも加味した
現実味のある人間として演じきり、この作品に対する彼の真摯な姿勢を
強く感じました。

武器を持たぬ弱い立場にもかかわらず、知恵の限りを尽くして、海賊から
船を守る船長と船員、それに足しして、武器だけでなく度胸と機転の利いた
知恵で乗っ取りをたくらむ海賊、それは知恵と知恵の戦いの様相を呈してい
ます。 

船の乗っ取りを失敗し、海賊達は船長のみを拉致して、ソマリアに引きさ
えすところから、海軍を巻き込んだ大事になり、逃げる海賊も焦りを

少ない台詞で、漁師がなぜ海賊になったのか、どんなことを夢見ているの
かとてもうまくあらわしています。この辺の脚本のうまさはなかなかの
ものです。

それにしても、アメリカ海軍が関わってから、SEALSの腕のすごさが
しっかりと分かります。常に揺れる波の上、それも3人同時に瞬殺する
技量は特筆ものです。

ただ、この間世界の特殊部隊選手権があり、その記事が出ていたので
すが、優勝したのは中国軍でした。アメリカだけで無く中国もすごい
特殊部隊があるようです。日本もうかうか出来ません。あんまり関係
ないのですが。

さて、話を戻し、結構地味な作品で、感動は想定内でしたが、誰もが
この問題を真剣に考え、問題定義しようとしています。その姿勢は素
晴らしく、弱者が犯罪者となる世の中の矛盾を真剣に描いています。
いい作品です。

 

photo:D7000
sendai201312-81 

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

「かぐや姫の物語」ほんといい映画ですよ。それだけ。

 

 

 

 Screenshot

「かぐや姫の物語」を観ました。

正直、感動した!近年まれに見る名作です。

意外と、この作品酷評する人も多々いて、それも、「風立ちぬ」絶賛した
有名どころの批評家だったりするので、観る前は1800円を無駄にしないか
不安でした。 

他にも観たい映画があったのですが、「風立ちぬ」を観たので、
義理でこちらも観なくては思い、半分付き合い気分でほとんど期待という
ものは捨てて映画館に入りました。

 その杞憂も映画が始まったその瞬間から消え去り、
流れるような絵巻物の美しさに魅了され、
かぐや姫の豊かな表情に心を掴まれ、
親になった身としては、じじばばの想いに涙して、

2時間以上の一時を夢心地のごとく過ごすことが出来ました。
無駄なところの多い脚本だと、指摘する人も多く、確かに、
多くのシーンが盛り込まれますが、昔の名作はそれが多かった、
映画全体に浸る、そんな映画の楽しみを思い出しました。

どうしても「風立ちぬ」が好きになれないでいる僕ですが、
こちらは、手放しに夢中になれました。これはもう、
映画の良し悪しでなく、もう、身勝手な人の感覚なのでしょう。

ただ、そんな身勝手な好き嫌いで映画なんて楽しめばいいと
最近思います。

なんだか映画の感想というよりも、”感動“ばっかりで中身がない
ですね。でも、それでいいんです。とにかくよかった。 

でも、ヒットしてないという記事が見受けられる。
寂しいです。観た方がいい映画です。 

 

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

最良のお勉強映画!?「SteveJobs」やっぱり観るべき映画かな。

 

 

photo:1V1daiba_13111_14

 

  これはエンターテインメントではない!起業を考える人や就活生は必見!映画「スティーブ・ジョブズ」

Stbmove 

根本的にこれはエンターテインメントではないのだ。(※映画「ソーシャルネットワーク」は好きだけどね、僕は)これはお勉強映画であり、歴史映画なのだ。

「SteveJobs」を観に行こうかどうか迷っていて、ついこの間まで生きていて、
また、色んな事をやらかした人だから、そう簡単におもしろい映画には出来な
いだろうから、もうちょっと静かに寝かせていてもいいのではとも思っている。 

Jobsが人生を急いで駆け抜けたから、映画も急いで作ったわけじゃないだろう。
なんだか、Appleの業績がいいうちにとの、商業主義が見え隠れしてしまう。

が、作っている人はそんなことは関係なく、主演のアシュトン・カッチャーなど、
Jobsの果実食を実践した故、病院送りになったと聞く。商業主義とは無縁の、
ピュアな映画製作の結果かもしれない。

そんなことを考えていたら、このBlogに当たった。

林信行氏とこんどこの映画を語る清水亮氏が、映画の感想をつらつらと書いている。
そして、感想が上の引用。エンターテイメントではなく、あくまでもお勉強とし
ての価値ある映画だと伝える。

Jobsの人生は長く複雑だ。それを、長編ドラマにすれば納得いく内容にもなる
だろう。しかし、わずか2時間の映画では、ポイントを紙芝居のごとく、パラパ
ラめくるしかない。

到底、Jobsの人生を丁寧に砕くことは出来ない。

Apple躍進の起点となった、iPodやiPhone開発の内幕は語られず。断片的な人生
しか語られない。

しかし、それでもこの作品は価値がある。 それが清水氏が語る「お勉強」として
の価値である。

将来起業を考える人や、モノ作りを志す人にとってはこの映画はかなり面白い部
類に入り、この業界で生きていこうとする人には、ぜひとも見て欲しい映画だと
薦め、自分が何を感じ取るかというのは、自分を知る上で大きな指標になるとと
く。

Jobsが仕事の中で、追い出され、犠牲を払い、復活し、栄光を得る。その過程を
見ながら、自分ならどうなのか、仕事とは何か、どうあるべきかを「お勉強」で
きる、そういうエッセンスが詰まっていると伝える。

正直、この映画を映画館では観ないだろうと思う。だけど、DVDがレンタル出来
るようになれば必ず観てみよう、そんな気にさせられたBlogだった。

そうれと、最後に林信行氏とこの映画の事でトークセッションをやるようです。
これのマーケッティングとして書いた文章なのでしょう。とても面白そうなセッシ
ョンで、時間が許せば僕も行ってみたい。でも、仕事で無理なのです残念。 

 Hakka zukafe2013 11 04 1343

 

photo:1V1

daiba_13111_9 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

 

4DX劇場で、パシフィック・リムが再び立ち上がる!

 

 

photo:

 

  4DXでパシフィック・リムを体験してきた!

NewImage 

「名古屋の4DXにパシフィック・リムがまた来るぞ!!」

世の中に4DXなる劇場があることをしりやした。Screenshot

http://www.4dx.korona.co.jp/ 

このBlogによると3Dに加えて、振動やら、風やら、霧やら、挙げ句の果てには
水しぶきやら。ひっちゃかめちゃかな劇場とのこと。

そんな劇場で、希代の名オタク作品「パシフィック・リム」をご覧になら
れた。その感動を余すこと無く伝えてくれている。なんとも、うらやまし!

この劇場、東京には無く、名古屋にある。名古屋が道のと言うわけではな
いが、意外だった。どんな経緯か知らないが、存在していることがうれし
い。 

それにしても、パシフィック・リム。僕も見て打ち震えたが、この劇場
だと、感動が天井を突き抜ける。号泣している女子もいた。やっぱり、
この映画理屈抜きで魂を震えさせる秀作だ。名作とはあえて言わない。

そんなこんなで、パシフィック・リムの興奮を呼び起こされたので、
書いちゃいました。 

photo:

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

映画館に住みたいという願いを叶えた、超豪華なホームシアター。

 

 

photo:S110hatiouji13111 17

 

Movie News & Tidbits : 映画館に住みたいという妻のために富豪が造った超豪華なホームシアターを紹介したビデオ、and more …!! 

 

  

 

ニュージャージー州の北部にお住まいのとある富豪が、映画好きの妻の “ 映画館に住みたい!! ” という夢を叶えるために、大邸宅の地下に造ってしまった超豪華なホームシアターと言うか、ほとんど映画館?!を紹介したビデオです…!!

映画を観るのはやっぱり映画館といいますが、家の中にまんま映画館を
作ってしまった。アメリカの大富豪のお話が。

それにしてもスクリーンと客席以外に、エントランスまで映画館と同じ
にしています。 ポップコーンの自販機まであるし、いろんな展示物も
あります。

映画好きには堪えられない、何ともうらやましい、ホームシアターです。 

 

 

photo:S110hatiouji13111 25

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

『オール・ザット・ジャズ』(ALL THAT JAZZ)美は永遠に。

 

 

 

 『オール・ザット・ジャズ』(ALL THAT JAZZ)美は永遠に。

Allthatjazz2013 10 03 0846 

『オール・ザット・ジャズ』(ALL THAT JAZZ)は、1979年のアメリカ映画。ボブ・フォッシーの自伝的作品。晩年のボブ・フォッシーが死期が近いと宣告されて、執念をかけて完成させた作品。当初ギデオン役は制作側がリチャード・ドレイファス主演で制作する予定だったが、フォッシーはそれを拒否しドレファスとジョーズで競演したロイ・シャイダー主演を懇願して実現した。

まだ高校生の時だったころ、映画館で二回見て、二回目で開眼し、
いたく感動した映画を久しぶりにDVDで観ました。

「ALL・THAT・JAZZ」

ブロードウェイの有名演出家ボブ・フォッシーの半自伝的映画。
前編、ダンスとシング。現実と幻想が波のように繰り返し、
ブロードウェイの華麗な狂気を、エンターテイメントビジネスの
過酷を、しゃれっ気たっぷりに写し出す。

主演はジョーズのロイ・シャイダー。サメを追いかけていたのが、
女性と芸術を追いかける役。仕草も語りも根っからの天才演出家
の風で驚いた。

特に良かったのが、青白い顔と、止まらぬ咳。それでも手放さな
い煙草。口の端に器用に加えて、しゃべるときも飲むときも、
体の一部のように、くちびるからはえている様に見える。

以下の映画は煙草のシーンは御法度だが、この当時はどこでも
かしこでも吸っている。そう言えば、昔見たルパン三世も煙草
が良かった。

天才で、身勝手で、自分を何よりも信じていて、美しさに突き
動かされていて、女は手を出さざるを得なかったりして、おま
けに、命の有り無しなぞ眼中に無い。何よりも唯一無二の才を
持つ役立たず。いい!本当はこんな人間になり、こんな人生を
生き、さっさと逝ってしまいたかった。

ラストの夢うつつの中で繰り広げられるショーは圧巻。

「bye-byeLife・bye-byeHappiness」と幾度も繰り返しながら、
辛辣な言葉をのせて、ザ・ブロードウェイというリズムと、
ダンス・ダンス・ダンス。美しい!!

このラストを見たとき若かりし僕は、ぶっ飛んだ。

ウィキペディアを見たら、1979年の作品。やっぱり、結構前。
ただ、女性の服装と化粧と黒電話は時代を感じさせる。そうい
や携帯なぞ無かったよな。

だけど、ダンスとシングは、全く古さを感じない。ちょっと先
を行っている主人公の人生が作り出す芸術故か。芸術は永遠の
命を持つ証拠だろうか。

借りようかどうか迷った作品でしたが、見直してその完成度の
高さに脱帽した一作でした。 

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

孤高の意思が名画を生む「愛、アムール」

 

 

photo:1V1
tokyo_13_9_9_46

 

 「愛、アムール」

Amour2013 09 15 1655 

ここが本文ミハエル・ハネケ監督の「愛、アムール」を観ました。

知性がほとばしり、精緻に構築した美意識で、人生の瓦解を描く、芳醇に、痛々しく、
そして、何よりも愛に満ちて。ため息が出るほどの美しい映画でした。

神は細部に宿ると言いますが、この映画のすごさは、細部まで一貫した意思と、美に
貫かれていることです。

素早くショットを変えて、臨場感を出すカメラワークが多い今、この映画は、これ以上
ないほどの、思考の錬磨から生まれた、固定された画角を使い、室内の造形物すべてに
意味を持たせています。

パンフォーカスの映像の中、老夫婦の日常がとらえられる。その周辺の家具や、壁、
小品すべてが、光の陰影の中、多彩で濃厚な色合いを持ち、希代の名画として昇華し
ています。

最適なレンズ選び、室内だけの物語に広大なドラマを作る構図。幾重にも変化する
物語の中、一点もぶれもなく行われています。廊下の奥で語り合う老夫婦を、
広角のパンフォーカスでとらえている場面の、日の光に輝く壁紙の美しさと言った
ら、言葉で表せません。

そして、音がいい。

音です。音楽を含めての。この映画の音の使い方はとても美しい。

ミハエル・ハネケ監督の音の使い方は、俗に言う映画音楽によって心を動かそうと
していません。しかし、音は実に効果的に使います。音によって、観客に映像以上
のものを伝えようとしています。

特に、会話。言葉です。言葉も音で有り、そのニュアンスで多彩な意味を感じ取り
ます。この監督の映画は会話が実に明確に聞こえてきます。そして、とても柔らか
く、豊かな流れ、リズム、を持っています。

とても、美しい。

これは、前作の「白いリボン」の時もそう感じました。ドイツ語での会話が実に美
しい。堅いイメージしかなかった、そして、乱暴な経験しかなかったドイツ語が、
なんとも歌っている。ちゃんとしたドイツ語はこんなにも美しいと思いました。

同じことがこの映画のフランス語にも感じました。録音も声のみを拾い出すように
調整しているのでしょうか。言葉の一つ一つが浮かび上がってきます。それに、
話している場面では、片一方が話すときには、相手の言葉を聞いています。言い争
わなくても、言葉が重なることはない。人が話す言葉の音をそれほど意味あるもの
美しいものとして取り扱っています。 

その代わりと言いますか、通常の映画音楽はほとんどありません。音楽は流れるの
ですが、主人公がCDを聞いていたり、妄想の中でビアノが奏でられたり、場面から
独立していません。その為、いいところでプッツリ切られています。せっかくいい
ところだったのにとちょっと残念でした。

物語は、音楽家の老夫婦が、妻の病気、介護から哀しい愛の結果へたどり着きます。

裕福で、知性に溢れ、名誉も手に入れた満足いく人生だった。その、彼らが、人生最
後に考えもしなかった壁にぶつかり、それに対して二人で歩み続けようとした愛の物
語です。

冷静に観れば、アパートの一室の中、老人と老婆の姿が延々と映されている。それだ
けの映画なのですが、最後まで、映像から目を離せませんでした。脚本なのか、演出
なのか、映像なのか、演技なのか、その素晴らしさの根源は、これらが明確な美意識
と、目的感で貫かれているからだと、思います。

持論として、映画監督と役者は常に別の存在でなければいけない。監督は常に、演じる
人間に客観的に接して、明確なコンセプトの元、一つの映画を作り上げていかなくて
いけないと考えています。

昔はそんな映画監督が多かった。

このミハエル・ハネケという映画監督は、孤高の美意識を持ち、孤独の意味を知り、
明確な方向へすべてを導くことの出来る希有な存在なのかもしれません。
 

 

 

photo:1V1
tokyo_13_9_9_45 

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!