映画

「フューリー」冒険の幸福な結末。

「神は細部に宿る」そんな言葉がある。
細かく、細かく、隅々まで、最善の最高のまなざしを
むけ、かけがえのないものを作り出す。

デヴィッド・エアー監督の「フューリー」を観た。

神という言葉が憚られるならば、神と同様のまなざしを
持った、監督の視線が細かく、細かく、隅々まで意思を
持ちむけられた作品だった。

ハリウッドの量産型大作が幅をきかせる昨今。
映画を創るものとしての監督の存在が希薄になって
来ている。

残念なことだ。

確実に利益を生まなくてはならない
今の映画だから、一人の人間の力量に左右される
ことは許されない。それは判るが、映画の神が薄ら
いで、耐えようのない空虚感が支配する、そんな
映画が増えてしまった。

しかし、この映画は、それが無い。

キャメラが、ストーリーが、人が、モノが、草木が、
一つの視線の先に束ねられて、重厚な物語を作る。

よくもまあこんな濃密で集中された作品が出来たものだ。

登場するドイツのティーガー戦車は数少ない現存する
ホンモノを使用している。その戦闘シーンの一つひとつ
は、戦慄を覚えるほど旋律を奏で、観ている私を魅了
した。

臨場感のある戦闘シーンだと、ただただ、ぶれた映像と、
乱雑なカット割りで、乱暴に投げ捨てる監督が多い中、
はっきりとした見せる意味を持ち、一瞬たりとも、無意
味なものがなく、消炎と爆音と悲鳴の中で、途方に暮れる
こともない。

細かく、細かく、華やかに、意思を持つ、悲惨なシーンだ。

この監督がどれほど今の映画界に影響を与えているのか
わからない。が、他を意に介さない傍若無人な創造者で
あることには間違い。

そんな独裁者が撮った、独裁者を倒す映画。とても楽しんだ。

もしかして、唯一監督が譲歩したのが、ハリウッドスター
のブラッド・ピットの起用だろうか。それがないと、
人は今よりもっと劇場に足を向けない。致し方ない事実
として。

だけど、決してそれは悪くなく、彼はスタートしての華やか
さを、匂い立たせながら、演技者としての意思を見せている。

彼がでてなければ、正直言うと、やっぱり映画は沈殿する。
スターというのはやっぱり映画を浮かび上がらせる。
いい意味で。

そう言えば、若手で人気が出ているシャイア・ラブーフも
でていた。彼はあまり好きな役者では無い。顔がとても
弱く感じ、人気はあるが、深みは薄いと、見ていた。

それがこの作品では、戦闘の中で追い込まれ、綱渡りのよ
うに生きることを望む、戦車兵の全てを私の嫌いな彼の
顔で表している。

この作品を撮る前、役者たちは集められて、兵士さなが
らの訓練を受けた。その中、あまりの辛さに、弱音を吐く
役者が多かったようだ。また、撮影前には役者同士で、
殴り合いをさせ、否応無い暴力を体に染み付けた。

彼らには悪いが、細部にわたり徹底した意思と行動に司られた、
映画であることを、私自身もヒシヒシと体で感じ、歓び
に満たされた。

今日、月曜日はイオンモールの映画館では、1100円で
映画が観られる。久しぶりに映画館で映画を観たいと、
衝動に駆られた私は、映画館に飛び込んだ。その、ちょ
っとした冒険は見事に私を幸福にした。この映画のおかげ
である。

「ブルージャスミン」残酷な優雅

 

Screenshot 

 

 「ブルージャスミン」残酷な優雅

 やっと、ウッディー・アレン監督作品の「ブルージャスミン」

を観ることが出来た。
絶対映画館で観ようと思っていたけど、近所では上映期間
がとても短く、いつの間にか終わっていた。
ようやくDVDがレンタルされたので、いつもは値段が高い
新作では借りないのだけど、奮発して借りた。
 
結論として、予想通り素晴らしい作品だった。
旦那の詐欺が発覚し、一文無しになったセレブ妻が、
低所得の妹の元へ転がり込んで、地道に働くのかと思えば、
相変わらず昔の生活が抜けきらず、足下に地に着かない危う
く、苦い生活と続け、最後には笑えない結末になる。
 
それを、ウッディーアレンは、まるでファーブルの昆虫記
みたく、克明に冷静に観察し続け、対象にまったく干渉せず、
感情移入をいたずらに起こさせ描ききる。
 
この作品、コメディーとして分類されているが、辛辣な内容
なのにそう分類されるのは、そう思わされるのは、ひとえに、
彼の徹底した、傍観者、観察者としての演出ゆえだ。
 
ウッディーアレンはユダヤ人だけど、ユダヤ系の監督の中には、
分厚い水槽から、じっと見つめるような、突き放した演出を
する人がいる。彼もそんな一人だ。
 
だから、余計に感情を入れさせることはしない。
 
最近は、社会問題を取り扱った作品が、アメリカでも、日本でも
多いが、どうしてもリアルな現実を表現するため、過度に入り
 込んだ演出をして、悲しみやら、痛みやらを、観るものに注入
させる作品が多い。
 
それも、悪くは無いし、名作の誉れを受けるものも多い。否定
はしないし、必要な芸術作品である。
 
だけど、そればかりじゃと思う。映画で切々と現実の労苦をぶつけ
られるのは正直哀しい。現実をそのまま描くのじゃなく、そこに何
かを加えて、ある種の美しさを与えるのが演出の妙味だと思う。
映画を観る意味だと思う。
 
最近、出来るだけそのまま出す、社会派と言われる作品が
 多くてちょっと辟易している。演出者の映画としての作法と、
成熟が欠けている気がする。勢いがいいことが、追い込む演出が、
いい作品を生むことには間違いないが、そこに、演出者の視点が
欠けているのが少しさびしい。
 
それにしても、ウッディーアレンの徹底した観察者としての視点
の中、ケイトブランシェットの演技が冴え渡る。名演技者として
の底力を存分に出し切った演技で、本当に敬服する。
 
この人の演技力には定評があるが、いかんせんそれを正面から
受け止める監督が本当に少ない。その分、今の映画にはそぐわ
ないのかもしれない。大上段にかまえた演技はどうしても、
演出者が作り出す画に力量が必要になる。
 
それが弱いと、ただただ、浮いた場違いな演技となっていまう。
だからそれを少しでも薄くするために、彼女が出来る映画は、
ファンタジーだったり、歴史物だったり、絵空事が前提となって
しまう。
 
その大仰な彼女の名演を、ウッディーアレンは透明で、分厚い
ガラスの水槽の中に閉じ込めて、その中で、思いの限り泳がせて
いる。彼の、舞台作りの勝利で有り、その中で力の限り泳ぎ切る
彼女の勝利である。アカデミー賞を取れたのもうなずける。
 
それにしても、ウッディーアレンという人は、実に、シニカルに
冷静に現実を見つめる。彼女の大演技が冴え渡るほどに、力強く
前進するほどに、惨敗した人生を受け入れられず、朽ちていく、
正直なそしてか弱い女性を写し出す。
 
完璧と言える彼女の演技、そして、それを得る為に、何事にも屈
しない彼女の犠牲的人生。司る精神。そう、彼女は完璧である。
そう努め、そう生きている。だから、なにか人が誰しも持つ、
軟弱な迷いは感じず、機械仕掛けのような空虚感を感じてしまう。
何事にも同調せず、何事にも憐憫を感じない。他からも、自らも
現実を拒否している気がして、どうしても感情移入出来ない。
 
確かに、巧みで寸分違わない見事な造形を持つ演技だけど、
そこに心の触手がまとわりつかない。
 
その、完璧である故、遠く感じる彼女自身の表現を、心の無い
彼女の人生を、見事に捕まえて、水槽の中に落とし込み、泳がせて
えもいわれぬ哀れを私たち鑑賞者に見せてくれている。見事の
一言。観察者の視点の冷酷な透明度の美しさ。
 
ファンタジーといえるセレブな生活。そこから、追放され市井の
下世話な現実にはまってなお、ファンタジーを追い求める性。
その、構図が痛々しく、寒々しく、平坦に浮かび上がる。まるで、
エリザベス女王の様にしか、表現できない彼女の演技から。
 
それを、観るに。本当にウッディーアレンという人は、冷酷な
芸術家だし、それを分かっていて受けた、ケイトブランシェット
は、失楽園を選ぶ縁者としての完璧な覚悟がある。
 
そんな、残酷な現実を。こじゃれた音楽と、うっとりする優雅
なキャメラで描ききったこの作品を、どうして嫌いだと言えよう
か。久しぶりに豊かな時間を過ごせた満足感でいっぱいである。

 

   




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

雄叫び上げるゴジラの奇跡

 

 Screenshot

 

雄叫びあげるゴジラの奇跡

ぬるい演出でもどかしさもあったけど、
特に渡辺謙さんは口半開きのあんぐり演技で
今ひとつのれなかった。

この監督の演出には切れがない。それは、脚本
のせいかもしれない。話しに深みをもたせようと
したせいか、かなり回りくどい。

たしかに、決めるときには絶妙にいい画を作って
才能の片鱗を見せるのだけど、それが、全体につ
ながらない悲しさがある。

この辺、やはり同じオタクでも「パシフィック・
リム」を撮ったギルレモ・デルトロの方が一枚も
二枚も上手だ。

で、批判は思う存分書いたので、結局どうだった
の?と聞かれると、正直答えて、もう最高に面白
かった。それ以上に胸を打った。

なんだか、話が違うじゃんと言われれると、ハイ
そうですと、頭を下げるしかないのだが。やっぱり、
分かっているね〜と、高まる胸を押さえきれない
のは事実。もう一回観たいそう思わせる作品だった。

さて、僕が何の映画を観たかというと、「ゴジラ」
ようやく日本で公開されたそれを、今日、映画の日
に合わせて観に行ってきた。

とにかくゴジラの映画だ。

ゴジラが最高に輝く映画だった。描き方がにくい。
モンスターパニックにせず、ゴジラを荒ぶる神とし
て描く。それが潔くてかっこいい。

自然の秩序を人間が乱し、それを正す人の範疇を
超えた自然の猛威として、最後までぶれず描ききる。
かえって、ぬるい演出のおかげでそれが実に際立っ
ていた。

ゴジラがスクッと立って、あの懐かしくも心地よい
雄叫びをあげる度に、拍手喝采だった。日本じゃ
さすがに実際拍手する人はいないだろうけど、米国
では終わった後にあったようだ。その気持ちは痛い
ほどわかる。万国共通だ。

演出とか、演技とか、カメラワークとか、編集とか、
脚本とか、それを超えた映画の感動があったことを
知ることができた。とても、いい映画だった。
いや、ゴジラだったと言った方がいいか。

雄叫びを聞くだけで、全てをわすれて感動できる、
まさにゴジラの奇跡。

すでに続編も決定したようだ。なんだか今から
楽しみでしょうがない。きっと観るだろうな。

 

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

「ホビット 竜に奪われた王国」を思いがけなく観る。

 

 

photo:1V1ibaragi_14220_8

 Screenshot

ちょっとした手違いで「ホビット 竜に奪われた王国」を観ました。

本当は「ラッシュ」を観に行ったのですが、チケットを買い、
入口でスタッフの教えられたとおりのスクリーンにいくと、すでに
コマーシャルが始まっていて、おかしいなあと座っていると。

なんと、始まったのが「ホビット 竜に奪われた王国」

すでに劇場は真っ暗。外に出るのも難しい。
諦めて、観るつもりにしました。

前回を観ていないし、前知識が無い状態だったので、初めは
ちんぷんかんぷん。おまけに怒濤の爆速演出。追いつくのに
四苦八苦しました。

それにしても、ピーター・ジャクソン監督の、手慣れた確実
な演出はさすがです。職人肌監督の面目躍如 の映画です。

3時間ぐらいでしょうか、飽きさせずに一気に見せます。
個人的にはこう慌ただしく演出しなくても、もうすこし緩急を
つけてもいいんじゃないかなと思います。

それから今回もザ・無名で地味な重要キャストがふんだんに
出てきます。特撮でお金を使いすぎたのか?ロード・オブ・
ザ・リングからこの役者の選びの特長です。まあ、悪くはな
いのですが。

結論として、それなりに楽しめました。まあ、善かったと思います。

でも、「ラッシュ」観たかったな。 

 

photo:1V1

ibaragi_14220_7 

「知恵運びます」あなたの“知恵”をすべての人へ。

セミナー配信専用サービス“PAX・Seminar・Service”

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

「ゼロ・グラビティ」のあくまでも感想。

 

 

photo:1V1oosaka201312-77

 Screenshot

  ゼロ・グラビティ私的感想

 

これはあくまでも批評とか言うものではなくて、
僕の感想です。

昨日、「ゼロ・グラビティ」を観ました。

 昨今まれに見る傑作、快作として、名だたる批評家や、
世間一般の映画通の中で、絶賛されている作品です。
言わずと知れた。

大宇宙の中、翻弄される一人の人間を通し、宇宙の過酷さ
を体感させ、「グラビティ」(重力)が地球の恩賜だと実感
させています。

本年第一、いや、生涯第一をうたう人もいるぐらいです。

で、あなたの感想は?

と、聞かれるとちょっと辛い。目の前でIMAXシアターの
これ以上もない美しい映像が、遠近感を伴って流れて行っ
ているのに、終始感情移入ができず終わってしまった。

無重力の完全とも言える映像表現と、ひねりのきいたシン
プルで的確な脚本。そして、名優達の切迫した演技。

ああ、きっといい映画なんだろうなと思いつつも、
この映画の宇宙の中、完全に無重力の状態で放り出された、
取り付くことも出来ない不安な心持ちで終始いました。

いったいなぜだろう。

最近、映画館でこんなことが多い。「風立ちぬ」もそうだった。
皆が、絶賛のわりには僕は、置いてけぼりで居心地の悪い
生理感がずっと残った。

前は、「ダークナイト」もそうだった。

映画は結局人それぞれの受け方により

ただ、一言言わせてもらえば、広さを感じなかった。

宇宙の広さや深さをとても感じなかった。
こまかなディテールはこれ以上もなく素晴らしく、無重力
状態で泳ぐようにステーション内を移動するシーンなど脱帽もの
だった。

けど、広さを堪能させる絵作りの弱さを感じてしょうが無かった。
それが、僕の正直な感想です。

同じ3Dで酷評の嵐だったリドリー・スコットの「プロメテウス」 
の映像表現が、この映画よりも好き。映画的に考え抜かれた構図
と、カメラワークにリドリー・スコットの天才的な審美感を体感
した。

どうしたものか、脚本は突っ込みどころの部分が多数あるのに、
大型スクリーンで映像を観る事に関しては圧倒的な素晴らしさがある。
大画面で観るべきメロディーをこの人は分かっている。

それに比べ、細かすぎる、忙しすぎるそんな気がして、これだと、
小さなiPadで飽きずに観るための演出じゃないかと思ったりしました。

この辺が、僕がこの映画に対し、取り付くことが出来なかった原因
です。あまりにも早すぎ掴もうとしたとたん、目の前をすり抜け、
僕はジョージ・クルーニーのごとく、放り出されたのです。

あくまでも個人的な感想であり、批評と呼べるしろものではないので、
事実はご覧になられたらいい。決してつまらぬ映画ではなく、
歴史に残る映画でしょう。その素晴らしさは僕は分からなかったけ
ど、客観的な現実として素晴らしさと、映画的挑戦が網羅された
作品に違いありません。

さて、この辺で映画の事がろくに分からない人間の感想を終えたい。
次はどんな映画を観ようか。でも、2200円でこの感想は、ちょっと、
きついなあ。 

 

photo:1V1

oosaka201312-69 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

「キャプテン・フィリップス」を観た。

 

 

photo:D7000
sendai201312-91

 Screenshot

  題名: キャプテン・フィリップス

 

今話題のトム・ハンクス主演、「キャプテン・フィリップス」を観てきました。

アメリカ貨物船がソマリアの海賊に襲撃され、船長であるフィリップス
氏が、身代金目当てに拉致される話です。

船と海、それに限られた人物だけで作られるので、必然、派手な演出は
なく、抑制された演出と、脚本で奇をてらわず、しっかりと描いています。

少々、それが物足りなさも感じました。ただ、それ故伝わる緊張や、
恐怖もあるので、決して駄目だったとは言えません。

主演のトムハンクスは、経験豊かな初老の船長を、強さも弱さも加味した
現実味のある人間として演じきり、この作品に対する彼の真摯な姿勢を
強く感じました。

武器を持たぬ弱い立場にもかかわらず、知恵の限りを尽くして、海賊から
船を守る船長と船員、それに足しして、武器だけでなく度胸と機転の利いた
知恵で乗っ取りをたくらむ海賊、それは知恵と知恵の戦いの様相を呈してい
ます。 

船の乗っ取りを失敗し、海賊達は船長のみを拉致して、ソマリアに引きさ
えすところから、海軍を巻き込んだ大事になり、逃げる海賊も焦りを

少ない台詞で、漁師がなぜ海賊になったのか、どんなことを夢見ているの
かとてもうまくあらわしています。この辺の脚本のうまさはなかなかの
ものです。

それにしても、アメリカ海軍が関わってから、SEALSの腕のすごさが
しっかりと分かります。常に揺れる波の上、それも3人同時に瞬殺する
技量は特筆ものです。

ただ、この間世界の特殊部隊選手権があり、その記事が出ていたので
すが、優勝したのは中国軍でした。アメリカだけで無く中国もすごい
特殊部隊があるようです。日本もうかうか出来ません。あんまり関係
ないのですが。

さて、話を戻し、結構地味な作品で、感動は想定内でしたが、誰もが
この問題を真剣に考え、問題定義しようとしています。その姿勢は素
晴らしく、弱者が犯罪者となる世の中の矛盾を真剣に描いています。
いい作品です。

 

photo:D7000
sendai201312-81 

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

「かぐや姫の物語」ほんといい映画ですよ。それだけ。

 

 

 

 Screenshot

「かぐや姫の物語」を観ました。

正直、感動した!近年まれに見る名作です。

意外と、この作品酷評する人も多々いて、それも、「風立ちぬ」絶賛した
有名どころの批評家だったりするので、観る前は1800円を無駄にしないか
不安でした。 

他にも観たい映画があったのですが、「風立ちぬ」を観たので、
義理でこちらも観なくては思い、半分付き合い気分でほとんど期待という
ものは捨てて映画館に入りました。

 その杞憂も映画が始まったその瞬間から消え去り、
流れるような絵巻物の美しさに魅了され、
かぐや姫の豊かな表情に心を掴まれ、
親になった身としては、じじばばの想いに涙して、

2時間以上の一時を夢心地のごとく過ごすことが出来ました。
無駄なところの多い脚本だと、指摘する人も多く、確かに、
多くのシーンが盛り込まれますが、昔の名作はそれが多かった、
映画全体に浸る、そんな映画の楽しみを思い出しました。

どうしても「風立ちぬ」が好きになれないでいる僕ですが、
こちらは、手放しに夢中になれました。これはもう、
映画の良し悪しでなく、もう、身勝手な人の感覚なのでしょう。

ただ、そんな身勝手な好き嫌いで映画なんて楽しめばいいと
最近思います。

なんだか映画の感想というよりも、”感動“ばっかりで中身がない
ですね。でも、それでいいんです。とにかくよかった。 

でも、ヒットしてないという記事が見受けられる。
寂しいです。観た方がいい映画です。 

 

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

最良のお勉強映画!?「SteveJobs」やっぱり観るべき映画かな。

 

 

photo:1V1daiba_13111_14

 

  これはエンターテインメントではない!起業を考える人や就活生は必見!映画「スティーブ・ジョブズ」

Stbmove 

根本的にこれはエンターテインメントではないのだ。(※映画「ソーシャルネットワーク」は好きだけどね、僕は)これはお勉強映画であり、歴史映画なのだ。

「SteveJobs」を観に行こうかどうか迷っていて、ついこの間まで生きていて、
また、色んな事をやらかした人だから、そう簡単におもしろい映画には出来な
いだろうから、もうちょっと静かに寝かせていてもいいのではとも思っている。 

Jobsが人生を急いで駆け抜けたから、映画も急いで作ったわけじゃないだろう。
なんだか、Appleの業績がいいうちにとの、商業主義が見え隠れしてしまう。

が、作っている人はそんなことは関係なく、主演のアシュトン・カッチャーなど、
Jobsの果実食を実践した故、病院送りになったと聞く。商業主義とは無縁の、
ピュアな映画製作の結果かもしれない。

そんなことを考えていたら、このBlogに当たった。

林信行氏とこんどこの映画を語る清水亮氏が、映画の感想をつらつらと書いている。
そして、感想が上の引用。エンターテイメントではなく、あくまでもお勉強とし
ての価値ある映画だと伝える。

Jobsの人生は長く複雑だ。それを、長編ドラマにすれば納得いく内容にもなる
だろう。しかし、わずか2時間の映画では、ポイントを紙芝居のごとく、パラパ
ラめくるしかない。

到底、Jobsの人生を丁寧に砕くことは出来ない。

Apple躍進の起点となった、iPodやiPhone開発の内幕は語られず。断片的な人生
しか語られない。

しかし、それでもこの作品は価値がある。 それが清水氏が語る「お勉強」として
の価値である。

将来起業を考える人や、モノ作りを志す人にとってはこの映画はかなり面白い部
類に入り、この業界で生きていこうとする人には、ぜひとも見て欲しい映画だと
薦め、自分が何を感じ取るかというのは、自分を知る上で大きな指標になるとと
く。

Jobsが仕事の中で、追い出され、犠牲を払い、復活し、栄光を得る。その過程を
見ながら、自分ならどうなのか、仕事とは何か、どうあるべきかを「お勉強」で
きる、そういうエッセンスが詰まっていると伝える。

正直、この映画を映画館では観ないだろうと思う。だけど、DVDがレンタル出来
るようになれば必ず観てみよう、そんな気にさせられたBlogだった。

そうれと、最後に林信行氏とこの映画の事でトークセッションをやるようです。
これのマーケッティングとして書いた文章なのでしょう。とても面白そうなセッシ
ョンで、時間が許せば僕も行ってみたい。でも、仕事で無理なのです残念。 

 Hakka zukafe2013 11 04 1343

 

photo:1V1

daiba_13111_9 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

 

4DX劇場で、パシフィック・リムが再び立ち上がる!

 

 

photo:

 

  4DXでパシフィック・リムを体験してきた!

NewImage 

「名古屋の4DXにパシフィック・リムがまた来るぞ!!」

世の中に4DXなる劇場があることをしりやした。Screenshot

http://www.4dx.korona.co.jp/ 

このBlogによると3Dに加えて、振動やら、風やら、霧やら、挙げ句の果てには
水しぶきやら。ひっちゃかめちゃかな劇場とのこと。

そんな劇場で、希代の名オタク作品「パシフィック・リム」をご覧になら
れた。その感動を余すこと無く伝えてくれている。なんとも、うらやまし!

この劇場、東京には無く、名古屋にある。名古屋が道のと言うわけではな
いが、意外だった。どんな経緯か知らないが、存在していることがうれし
い。 

それにしても、パシフィック・リム。僕も見て打ち震えたが、この劇場
だと、感動が天井を突き抜ける。号泣している女子もいた。やっぱり、
この映画理屈抜きで魂を震えさせる秀作だ。名作とはあえて言わない。

そんなこんなで、パシフィック・リムの興奮を呼び起こされたので、
書いちゃいました。 

photo:

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

映画館に住みたいという願いを叶えた、超豪華なホームシアター。

 

 

photo:S110hatiouji13111 17

 

Movie News & Tidbits : 映画館に住みたいという妻のために富豪が造った超豪華なホームシアターを紹介したビデオ、and more …!! 

 

  

 

ニュージャージー州の北部にお住まいのとある富豪が、映画好きの妻の “ 映画館に住みたい!! ” という夢を叶えるために、大邸宅の地下に造ってしまった超豪華なホームシアターと言うか、ほとんど映画館?!を紹介したビデオです…!!

映画を観るのはやっぱり映画館といいますが、家の中にまんま映画館を
作ってしまった。アメリカの大富豪のお話が。

それにしてもスクリーンと客席以外に、エントランスまで映画館と同じ
にしています。 ポップコーンの自販機まであるし、いろんな展示物も
あります。

映画好きには堪えられない、何ともうらやましい、ホームシアターです。 

 

 

photo:S110hatiouji13111 25

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!