発売

大型iPhoneは感動を再構築する。ティム・クックCEO大型iPhoneに対する考えを語る。

 

 

photo:D7000

tiba_japan_14125-25 

  題名:Appleのティム・クックCEO、大型の「iPhone」に対する考えを明らかに

※引用元はこちら「気になる、記になる…

 

 NewImage

『我々はテクノロジーの準備が整うまで、そのラインを越えたくないという事で、我々はそれを決してしないとは言いません。我々は顧客に対し、サイズだけでなく、解像度、コントラスト、信頼性など全ての点で良いものを提供することを望んでいます。多くの異なるパラメータがディスプレイを定めるためにあり、我々はそれ(ディスプレイ)がソフトウェアのウィンドウであることを理解しているので、全てに注意を払います。』

出すならば最高のものを。

大型ディスプレイのiPhoneは出るものと、そんな気になっていますが、
まだまだ分かりません。Appleが出すならば、素晴らしい体験を与えよ
うと、苦心していることが言葉の中から感じます。

いつの日か、大型ディスプレイのiPhoneが出たなら、それは、他のス
マホとは別次元の感動を与えてくれるに違いありません。

出たのならば…….。

tiba_japan_14125-23 

「知恵運びます」あなたの“知恵”をすべての人へ。

セミナー配信専用サービス“PAX・Seminar・Service”

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

さすが林信行氏、保存版の名寄稿「 Macは30年を経ても「最高の自転車」であり「最良の紙」」

 

 

photo:1V1tiba14122-10

 

  題名: Macは30年を経ても「最高の自転車」であり「最良の紙」

 

Screenshot 

 

個人のクリエイティビティを増幅するコンピュータ、Macの30年を林信行氏が振り返る。Macは何が“特別”なのか。

Mac発売「30年」を記念して、Appleのことでは日本一と言っていい
林信行氏が寄稿した記事を読みました。

Screenshot

 

なんとなくMacとWinを使い比べ、感じているMacの素晴らしさを
細かく、具体的に書いています。読み進みながら、なるほど!
そうだ!と膝を叩きました。

「クリエイティビティ増幅器」としてのMac。その徹底したこだわ
りと、絶対的な設計意思。改めて感心します。

Screenshot

 

5人の学生に好きなものを書かせるたとえがあり、それぞれ4人には
罫線、方眼紙、五線譜、原稿用紙を渡す。そして、最後の一人には
インクがクッキリと映え、肌触りのいい真っ白な紙を渡す。

一番、多彩な表現出来るかと考えれば白紙を手にした人。
その、白紙をMacは目指している。

 

Screenshot

 

このたとえは、僕自身がデザインを考えるときに、Lifeの真っ白な
A4リングノートを好んで使うので、実にシックリ、ハッキリ分かり
ました。さすが、Macと長年連れ添った林氏の言葉です。

それから、この記事で一番ビックリしたこと。
こんな裏技があったとは!試してみたら笑いが止まりませんでした。
さすがアップル。

 

あるいはウィンドウ左上の「黄色い」ボタンを押してウィンドウをドックにしまうとき、シフトキーを押しながら操作すると、この動作がスローモーションで楽しめるのをご存じだろうか。スローモーションで見てみると、ウィンドウがドックに吸い込まれるアニメーションが、いかに細かく作られているかを堪能できる。

 Screenshot

 

それでは、これからもMacLifeが続くよう祈りつつこの辺で。

 

「知恵運びます」あなたの“知恵”をすべての人へ。

セミナー配信専用サービス“PAX・Seminar・Service”

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

今年の目玉は決定!?iPhoneの大型液晶化。

 

 

photo:D7000
sendai201312-50 

 

  題名: Apple、今年は4.7インチと5.5インチの2サイズの新型iPhoneを発売へ※引用元はこちら

 NewImage

C科技が、複数のFoxconnの内部情報筋の話として、Appleは4.7インチと5.7インチ(サイズは少し違う可能性あり)の2つのサイズの次期iPhoneを今年発売する予定のようだと報じています。

この間Nexus5をいじったら、5inchディスプレイの割にはとても持ちやすく、
操作もし易かった。ぎりぎりのディスプレイと、薄い本体のおかげでしょう。
持ち心地がしっくりきて、指が全体に届きます。

こうなればAppleも大型ディスプレイだから使い勝手が悪いとは言えなくな
ります。本当ならば、Appleに大型だけど使いやすいスマホを先駆けて創っ
て欲しかったのですが、どうも先を越されました。

しかし、いよいよ今年にはAppleも大型ディスプレイのiPhoneを出すかも
しれない。そんな記事が紹介されています。

4.7inchと5.5inch二種類も出すかもしれないとのこと。iPadminiとの棲み分
けが微妙ですが、iPhone一台でかなりのことが出来ることは大助かりです。

今年の6月ぐらいでしょうか。それとも、夏までかかるのか。今年のApple
の目玉には違いありません。 

 

photo:D7000
sendai201312-85 

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

MacPro突如登場!

 

 

photo:1V1
kawasaki131213 (9 - 17)

 

  Mac Pro、本日より発売開始: ※引用元はこちら

Screenshot

Appleは、 Mac Pro を19日より、 Apple Online Store 、全国のAppleストアにて発売することを発表した。

いよいよ登場です。

実際はどんな感じなのでしょう。今度見に行かなくては。

 

photo:1V1
kawasaki131213 (26 - 26) 

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

「iWatch」の話題がちらほら。2014年第二四半期に生産開始?

 

 

photo1V1:
kawasaki131213 (6 - 17)

 

  「iWatch」は2014年第2四半期より生産開始??: ※引用元はこちら

NewImage 

DigiTimesが、台湾のサプライチェーンメーカーによると、Appleのスマートウォッチ「iWatch」はQuanta ComputerとInventecにて2014年第2四半期(4-6月)に生産が開始され、Wistronも受託生産を行うかもしれないと報じています。

やっぱりiWatchはでるのでしょうか。

最近になって、より具体的な内容が出てきました。
すでに他のメーカーから時計型情報端末が出ていますので、
Appleとしては当たり前というか、並のものは出せない。
どんな知恵を張り巡らせているのか、Appleの腕の見せ所です。

 

 

photo:1V1
 kawasaki131213 (1 - 17)

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

ニコン デジタル一眼 Df 発表。Nikonの過去の亡霊か、本気の所行か。栄光のNikonFの生き写しの意味。

 

 

photo:1V1
otyanomizu-201311_ 1 (6)

 

  ニコン デジタル一眼 Df 発表。静止画専用、メカニカルダイヤル搭載、非AIのNIKKORレンズ対応

 NewImage

ニコンは、金属製のメカニカルダイヤルを搭載し、アナログ(フィルム)カメラを彷彿とさせるデジタル一眼レフカメラ Df を発表しました。11月28日に発売、店頭価格はレンズキットで約30万円、ボディのみで約28万円。

昔使っていたFM2みたいです。ちょっと洒落た、変わりもの好きのコンシューマー
向けで無く、35mm素子を積んだ本格仕様となっていて、セミプロクラスの人向け
のようです。

価格もキットレンズで約30万円。それなりの金額です。この価格だと圧倒的性能
のD800があるし、手頃な価格で秀作のD610がある。今、このクラスで出す必要
があったのだろうか?と正直思います。

せめて、APS-Cサイズにして、価格と大きさを抑えて、レトロ好きの人に気楽に
使ってもらえるようにすれば良かったのに。そうすれば、最近、躍進している
オリンパスやPanasonic、Sonyのミラーレスといい勝負になると思うのです。 

なんだか、市場と紙一枚ズレている気が、最近のNikonには感じます。
自分が使っている消された名機のNikon1V1もそうですが、カメラとしての技術
を圧倒的に詰め込んで、Nikonとしての意思を具現化したのに、市場からそっぽを
むかれてしまった中途半端感と残念感があります。

このカメラも、昔のF時代の栄光を再び香らせる意味での、彼ら内での自己満足
かもしれません。そんな、危険な香りがします。たしかに、FのNikonは世界最
高のカメラです。しかし、今それをサルベージしたようなカメラを作るべきでは
ない。作るならば、シニカルにギミックとして取り入れるぐらいの不真面目さ
で、コンセプトを昇華させることが必要です。

あまりにも過去を真面目に作られても、受け止めきれず、途方に暮れるのが現実
ではないでしょうか。

  ニコン社内で賛否両論を呼んだ一眼レフカメラ「Df」–D4画質を最小・最軽量に

 案の定、このカメラを作るときはかなり賛否が分かれたようです。しかし、Nikon
内の上層部が強く押し、作成を決定したようです。

社内では反対もさることながら、「賛成もすごかった。上層部に強烈な賛同者がいて、ルーチン(製品化)に載せることができた」という。

 気になるのが、このカメラを強く押したのが、上層部つまりはNikonFの栄光を肌で感
じてきた世代です。彼らの感覚で作られたカメラが、「Df」であります。改めて感じる
にそれほどまでに、NikonFの時代の成功体験が、社内を、それも経営の主流となる上
層部に強い呪縛となり、今なおそれを追い求めている。その、成功体験の妄想が未来
のイノベーションを反故にしないか。素晴らしい技術と情熱を過去の栄光で歪めやし
ないかです。

NikonはD8000やD610、それに、D7100など、一眼レフの主流となるカメラには、
これ以上のない絶妙さで、時代に結合し牽引する名機を量産するのに、その他の
補完的カメラは社内政治と、微妙な時代遊離を感じて仕方がありません。ピッタ
リこない。

せっかく、Canonと二大メーカーとして日本が世界に誇る存在なのですから、
過去の成功体験を払拭し、未来を驚かせるカメラを創って欲しいと願います。

ただ、あくまでも僕の身勝手な感想で、実機を触ってもいないので、素晴らしい
名機なのかもしれないし、ヒット商品になるかもしれません。ですから、この
内容は単なる与太話として笑い飛ばしてください。 

photo:1V1

otyanomizu-201311_ 2 (6)

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

iPadAir。薄さと軽さに自信あり!

 

 

photo:S110hatiouji13111 33

 

  速報:アップル iPad Air 発表、11月1日発売。469gに軽量・薄型化、ベゼルも43%細く

 NewImage

10月22日のスペシャルイベントで、アップルは 薄型軽量化した新 iPad、その名も iPad Air を発表しました。従来モデルと同じ9.7インチ2048 x 1536 Retinaディスプレイを備えつつ、約28%軽い 469g に、厚さも20%薄い 7.5mmになりました。

iPad2を使っているときはそれなりに軽かったなあと思っていましたが、
iPad4thになってから、かなり重くなり持ち運びに躊躇するようになり
ました。

今回発表されたiPad。4thが約650gなのに比べ、wifi版で469gと結構
軽くなっています。実際手に持ってみると、その軽さが実感出来、
感動するに違いありません。

大きさも小さくなり、薄くなったので、ガジェットとしての洗練度
は格段に上がりました。これも、発売が待ち遠しいiPadです。

それにしても、名前はiPadでこれからも行くのかなと思いきや、
Airを付けてiPadAirとは、よほど薄さと軽さに自身があったので
しょうか。 

 

photo:S110

hatiouji13111 23 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

新型iPadminiが発表。とうとうRetinaディスプレイが搭載!

 

 

photo:S110
hatiouji13111 39

 

  速報:新 iPad mini 発表。ディスプレイがRetina 化で4倍密、64bit A7プロセッサ搭載で性能向上

 NewImage

アップルが iPad mini の新モデルを発表しました。ディスプレイ解像度が2048 x 1536 とRetina 化するとともに、プロセッサには64bit のApple A7 を搭載。バッテリー駆動時間は10時間。

もしかしたらRetinaは載せてこないのではとも言われていましたが、
無事にRetinaディスプレイとなりました。iPadmini。

発売も11月1日と本年中とのことです。ただ、当初はかなりの品薄
になるでしょうね。人気の高いiPadminiですから、今使っている
人も、Retinaを待って買い控えていた人も購入に走ると思います。 

 早く実機を手にとって見たい。感動ものならiPad4thからの買い換
えも考えなくては。

photo:S110hatiouji13111 16

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

予想より早くiPadや次期MacBookProが発売されるかも!?

 

 

photo:D7000tiba131013 15

 

  次期iPadシリーズは10月30-31日、次期MacBook Proは10月24-25日、次期Mac Proは11月15日に発売か⁈

 

本日、フランスのMacGというサイトが、信頼できる情報筋によると、次期iPadシリーズは10月30~31日あたりに発売されるようだと報じています。

iPadが10月30か31日とは結構早いですね。供給が不十分で発売が延期になる
噂もありましたが、その辺に目処がたったのでしょうか。ただ、これも、
噂なのでどうなるかわ分かりません。早く出て欲しいのですが。

それから、MacBookProも新しいのが出そうです。もうそろそろバージョン
アップの次期ですから、こちらも発売されそうです。今回は、マイナーバー
ジョンアップで、Airと同じCPUのHaswellを載せて、丸一日保つようになる
でしょう。

15inchならバッテリーも大きいのを乗せられるので、24時間とはいわなくて
も、20時間は保つのでしょうか。もうバッテリーライフでコンセントいらず
になるかもしれません。

まだまだ噂ですが、この時期、Appleから軒並み新製品の話題が出てきて、
とてもわくわくします。楽しい季節です。 

 

photo:D7000tiba131013 14

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

iPad新型が11月1日発売か。ギズモードの情報。

 

 

photo1V1
:utunomiya_13109_3

 

  新型iPadは11月1日に発売開始? また、ドコモを含む各キャリアからの取り扱いもあるそうです。

 NewImage

いよいよ正式発表が迫っている新型iPadですが、その世界的な発売日は11月1日になると日刊工業新聞が報じています。さらに、今回の新型iPadではドコモも11月中か、あるいは年内の販売を目指しているそうです。

昨日家にiPadを持ち帰りませんでした。MacBookProがあるからいいと思ったのですが、
家でゆっくりとWebを見たり、Blogを読んだりするのはやっぱりiPadの方が良く、
なんだか寂しかったです。

自分で思う以上にiPadが手放せない存在になってきたのかもしれません。
まさに、魔法のようなディバイスです。

そんな、iPadがいよいよ近いうちに刷新される噂で持ちきりです。
予想によると、今月20日ぐらいに発表。そして、この記事によると、発売は11月1日。

iPad5と新iPadminiが発売されるようですが、iPadがどれぐらい薄く軽くなるのか、
それに興味があります。今使っているiPad4世代の難点は重さぐらいです。それが、
多少なりとも改善されれば、本当に魔法のようなディバイスになるでしょう。

あと少し、発表が楽しみです。 

 

photo:1V1
utunomiya_13109_8 

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!