Amazon

とうとうあの業界にも黒船が?Amazonが住宅リフォームに参入。

 Screenshot

  今日 6:13 アマゾンが住宅リフォームで狙う2つの革命積水ハウス、大和ハウスも乗っかった – インターネット 田中 直輝 東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト

EC(電子商取引)で世界最大級の巨人にして、日本国内でも最大手のアマゾンが、日本の住宅リフォーム市場に本格参入した。アマゾンジャパン(本社・東京都目黒区)が6月末、日本語版の総合オンラインストア「amazon.co.jp」内に「リフォームストア」と称する住宅リフォーム商品・サービスを販売する新コーナーをオープンしたのである。

Amazonが住宅リフォームに乗り出したとの記事が紹介されていました。日本のダイワハウスと、積水ハウスと組み本格的な住宅リフォームを、ネット販売します。

続きを読む

Amazonが人類全員を宅配業者にしてしまう!かも。

 

  Amazonが一般人が商品配送に参加できる
アプリを開発中との情報 

Amazontop

Amazonは人類全員を商品配送事業に組み込みたいらしい。Wall Street Journalの記事によると、Amazonは一般人が小売店舗で商品をピックアップし注文者に届けるアルバイトができるアプリを開発中だという。

Amazonが一般人も宅配してもらうアプリを開発
しているようです。

 

続きを読む

電子書籍の明暗。SONYの今。

 

tiba_japan_144_32

Screenshot 

 

  電子書籍の明暗。SONYの今。

koboを買ったのでそのことを記事に書いたら、日経産業新聞の
koboとKindle、Readerの記事に目がとまった。

やはりKindleがシェアの一位で38.3%、楽天のkoboが意外と検討し
2位の33%、SONYのReaderは少し差が開いて3位の25.5%だった。

電子書籍の明暗がハッキリし、Amazonや楽天が検討しているのに
比べ、SONYは厳しい状態らしい。自社の端末に重きを置いて展開
してきたことが裏目にでた。

SONYの幹部が語ったところによると、電子書籍参入はSONYが
最も早かったが、採算度外視で端末を普及する戦略が無く、シェア
を奪われた。

比べ、Amazonも楽天も端末は低価格で押さえ、普及を優先しその後
コンテンツで収益を得る方向を取った。楽天の三木谷氏は「餅は餅屋
に任せる」と語り、ハードは重視しなかった。 

その理由は3社の創業時の あり方によるという。Amazonも楽天もネ
ットによるコンテンツ販売、商品販売が主。SONYはエレクトロメー
カーで端末普及で収益を上げることを考える。

その主軸の差が今回の結果になった。

Appleもエレクトロメーカーだが、iTunesStoreを成功させた。
iPhoneやiPadなどハードによる売上げが現在も中心である。だが、
それを販売するために、コンテンツの販売には徹底して顧客の利便
性を追求した。

豊富なコンテンツを持ち、高度な技術が強みのSONYはそれが
出来なかった。他山の石として今の自分を考えなくては。

 

tiba_japan_144_22 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

Amazonお客が望む前にすでに出荷する特許取得。

 

 

photo:D7000

sendai201312-90 

  題名: <CNET Japan>アマゾン、注文前に商品を予測出荷する特許を取得※引用元はこちら朝日新聞デジタル

 

TechCrunchが報じているように、Amazonが「Method and System For Anticipatory Package Shipping」(予測商品配送のための手法とシステム)という名称の特許を取得した。

まるで、SF映画のよう、顧客が予測どおりに行動すると見込んで、
顧客が買うだろう商品を、顧客に最も近い大型倉庫まで出荷して
おくシステムだそうです。

たとえば、AppleのMacBookProが今より薄く、Airに似た形になり、
なおかつ、バッテリー駆動時間が12時間とかなって、もちろんRetina
で、高性能。

そんなのがAppleから発表されたら、その時にはすでに、僕の近くの
倉庫に、納品されて注文を待っていると、なります。

人の心理面までつっこんっだマーケッティングが出来るようになる
とは驚きです、だけど、これは昔ながらの街の電気屋さんがやって
いたことです。

あのおばあちゃんは、この製品を欲しがるだろう。
あの家はもうすぐ子供が学校に上がるから、これが必要とか。
気働きして、先回り商品を確保しています。 

巡り巡って、結局は街の電気屋さんが勝ち残るのかもしれません。 

sendai201312-91 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

米Amazonが物流の革命を起こすのか!?それとも、人の生きる場所を消し去る悲劇となるのか。無人宅配サービス。

 

 

photo:1V1
hatiouji_131117__66 

 

  米アマゾン、超小型無人機の宅配サービス 5年以内に実現へ ※引用元はこちら

 NewImage

インターネットで注文した品物を、30分以内に空から自宅へお届けします――。米インターネット通販大手アマゾンが超小型無人機を使った新たな宅配サービス「プライム・エア」の実現へ向けて準備を進めていることを明らかにした。

インターネット販売が成長すればするほど、現実の流通能力が必要となります。
トラックと人が重要な要となります。最終的にお客と関わり合うのが流通であり、
それで不具合が起これば、インターネットの様々なサービスも水泡に帰する。

しかし、それには人が関わるし、緻密な組織力がかかわります。どうしても、
不可避な事件や、不合理な事実が多くなります。

この、荒唐無稽な記事も、予測不可能で、管理が完璧に出来ない、人という過
程を払拭したいと真剣に考える、知性的で野心的なベゾス氏ならば然もありな
んというところでしょうか。

それにしても、無人で飛んでいるから、誰かにたたき落とされて盗まれたり
しないのか?どうやって、最終的に荷物を手渡すのか?など疑問が湧きます。

人からの防御は、それなりに高いところを飛べばいい。手渡しは玄関前に
ホバリングしてスピーカーで呼ぶのでしょうか。それとも、アメリカの広い
庭や、ベランダに落とすのでしょうか。

笑い話のようなこの記事が、本の数年後には革命として、もてはやされるの
か、人の生きる場所を消し去る悲劇となるのかは、今は、分かりませんが、
実に興味深い話です。 

 

photo:1V1
hatiouji_131117__65 

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

KindleStore1周年記念で、Kindle本がお手頃値段に。

 

 

photo:D7000tiba131013 25

 

  KindleStore1周年

 Screenshot

オープン1周年を迎えたKindleストアから、お客様に感謝の気持ちを込めて、人気タイトルを特別価格でご提供! 2013年10月31日までの期間限定となりますので、ご注文はお早めに。

 

驚いたことにまだオープンしてから1年だったんですね。
もう、ずっと前からやっていたような気がしていました。

今回、1周年記念として、結構名の知れた本が超お手頃価格で販売されて
います。2千円クラスのビジネス書が千円弱で販売されていたので、
2冊購入しました。

Screenshot

 

私は前から欲しかったこの本を買いました。 

 

 

photo:D7000tiba131013 10

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

消費増税思わぬ余波・Amazon支払いなし。

 

 

photo:1V1ginzayuraku13919_24

 

  消費増税思わぬ余波・Amazon支払いなし「日経産業新聞」

 Amazon2013 10 02 1529

Amazon「拠点は米」電子書籍対象外に、出版業界反発

とうとう、消費税が来年4月より5%から8%になることが決定し
ました。そのことで思わぬ余波が、電子書籍業界に及んでいます。

米国Amazonは、ネット配信事業でデータセンターなど拠点は米
国だとして、日本で消費税を払っていません。そのことで、国内
の出版業界が猛反発しています。

「同じ千円の電子書籍でも、消費税分を上乗せすると、払って
いない日本の出版会社の方が、Amazonよりも割高に見えてしま
う。消費税分を持ち出しして、Amazonよりも割高に見えないよ
うにしている」イーブックスイニシアティブジャパン

来年4月、今の5%からさらに8%になれば、国内電子書籍業界との価格
差が開いてしまいます。日本の電子書籍出版業界の9団体は、海外サー
バーから配信されたものについて、課税されない現状を更正するよう
政府に要望しています。

ただ、Amazon側も引くことの出来ない事情があります。Amazonは
ネット通販や電子配信のシステムに巨額投資をしており、売上高営業
利益率はここ数年5%です。消費税を負担するかどうは死活問題です。

今後、10%も視野に入れている消費税。日本側もAmazon側も簡単に
は引けない状態が今後とも続くでしょう。 

 

photo:1V1ginzayuraku13919_23

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!