Parallels Desktop 11

MacBook Proの容量が少ないので、Parallels Desktop の仮想OS を外付けストレージに移動した。






 

Parallels Desktop top

OS X Mavericksを入れたらMacBook Proのストレージ容量が少なくなったので、外付けSSDに移動してみた。

容量が厳しいことに

parallel-disctopにOS X Mavericksをこの間インストールしたとの話を書いたが、無事に入ったのはいいのだけど、残り少ないマックのストレージが残り少なくなってしまった。

このまま使ってもいいのだけど、ちょっ心もとない。そこで、この間買った、256GBの外付けのSSDに移動できないか、調べてみた。

スポンサードリンク



続きを読む

間違って外付けハードディスクのMavericksを消してしまった。でも、再インストールが出来ない。どうしよう。

Mavericksが入らない、あのソフトでなんとか解決。

↑この記事のネタ元です。

SSDでイラストレーターを快適に

イラストレーターCS3を使うために、OS X Mavericksを外付けハードディスクに入れて、使っていたんだけどどうしてもハードディスクだと遅くて、使い勝手がよくなかった。

そこで、最近SSDを買ったので、ソフトとデータを移動させて使うことに。

AppstoreからMavericksをダウンロードし、早速インストールしようとクリックすると、「これは古すぎてインストールできない」と表示されて前に進まない。

スポンサードリンク



続きを読む

Parallels Desktop 11にテンを入れる





 

Win10

Parallels Desktop 11にテンを入れる

Macに仮想ソフトのParallels Desktop 11 を入れたら、やっぱり今月で無料配布終了のWindows10を入れなければならないと。なんたって、このParallels Desktop 11 はWindows10に完全対応と高らかに謳っている。

Microsoftから簡単にダウンロードできる機能を盛り込んでいるので、実に快適にWindows10を入れるとこができる。

続きを読む